happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Categoryヨーロッパ

スイスに移住してみて分かったこと。在住者がビザの種類やメリット・デメリットを徹底解説!

スイスに移住して2年目となりました。皆さんはスイスに移住するとなったら、どんな生活を想像しますか?「スイスで生活するにはどれぐらいの費用がかかるの?」「仕事は日本とどう違うの?」など、移住してみて感じたメリット・デメリットやビザの種類などを解説します!

スイスへ移住した理由

皆さんこんにちは!スイス生活2年目のライター、エンテです。

私は現在スイスで学生をしています。

現在の師匠との出会いをキッカケに「外国で勉強をしたい!」と強く思う様になりました。

私の師匠はスイスでしか教鞭をとっておらず、自動的に留学先がスイスに決定する形となりました。それまではまさか自分がスイスに住むなんて考えたこともなく、首都はチューリッヒかジュネーブかな?ぐらいの認識しかありませんでした…。

最初はスイスに対する知識ゼロの私が、移住をしてみて初めて知ったビザの種類やメリット・デメリットをたっぷりご紹介します!

スイス移住で取得できるビザの種類

そんなこんなでスイスに移住するために最初につまづいた事。

それはどの外国在住者も苦労する事だと思いますが、ビザ(滞在許可証)です。

これが無くては90日以上滞在することが出来ません。

仕事や勉強など、色々な目的によって滞在許可の種類が変わってきます。

①短期滞在許可(Kurzaufenthaltsbewilligung, Permit L)

このビザは、1年間のみ滞在するために発行されるものです。

例えば学校のカリキュラム、その他にも仕事の契約等、理由は様々です。

ちなみに私も学生ですが、1年間のプログラムのためこのビザを取得しています。

たまに他のビザとの違いも感じますが(アルバイト募集の時など)、基本的には不自由なくスイスで暮らすことが出来ています。

②滞在許可(Aufenhaltsbewilligung, Permit B)

私が学生だからという理由もありますが、周りの友人たちはこの「Permit B」を持っている人が多いです。

調べていると、このビザは条件付きで仕事をすることが可能な様です。確かにアルバイトの仕事情報などを眺めていると、「滞在許可B又はCを持っていること」という記載を多く見かけました。

③定住許可(Niederlassungsbewilligung, Permit C)

このビザは、スイス人とほぼ同じ扱いを受けます。(選挙権を除く)

一定の条件を満たした外国人がもらえるものです。

また、2019年1月以降に居住地の公用語の語学レベルを満たさなければならないという要綱が出来た様です。詳しくは居住地の移民局に説明が記載されています。

④越境労働者許可(Grenzgaengerbewilligung, Permit G)

この越境労働者許可というのは、隣国に住みながらスイスで仕事をしている人のための滞在許可証です。このビザを持っている人は週に1回は自宅に戻らなければならないと定められています。

陸続きのヨーロッパならではの滞在許可証ですね。