happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Categoryポルトガル

リスボン空港のお土産・市内への移動方法を徹底解説!タクシーのぼったくりの避け方を紹介!

ポルトガルのリスボン空港。リスボンの街と比べて近代的で規模も大きくとても便利の良い空港です。リスボン空港へ夜中に到着する人は不安ですよね。実際、私も夜中に着いたので、詳しく市内への移動方法をお伝えします。またリスボン空港で買いたいお土産をご紹介します。

ポルトガルのリスボン空港について

こんにちは、イギリス在住のamiです。


2020年1月にリスボン空港を利用したので、最新の空港情報をお届けします。


個人的な感想ですが、空港からリスボン市内へ、逆に市内からリスボン空港へはタクシーを利用して、楽に移動ができたでの、タクシーの情報を詳しくお伝えします。


毎回、ヨーロッパ旅行はなるべくタクシーを利用することなく、電車で市内へのアクセスばかりですが、リスボンのタクシー良かったです。

リスボン空港の概要

ポルトガルの首都リスボンにある空港、正式名称は「リスボン・ウンベルト・デルガード空港(Aeroporto Humberto Delgado)」です。リスボン中心部からタクシーにて20分ほどでアクセスができ、規模の大きな空港です。


ファーストフード、レストラン、お土産ショップ、免税店がとても充実していますよ。お土産が買う時間がない人は、最後に空港にて買いましょう。

ユーロへの両替

リスボン空港では、日本円からユーロへ両替もできます。日本の銀行や両替所の方が手数料は安いかと思いますが。

リスボン市内の両替所にてユーロに交換するよりは、治安を考えて空港にてユーロを手に入れることをおすすめします。


タクシー、空港シャトルバスなどで移動する時にはユーロが必要となります。

ターミナル1

日本からリスボンへの直行便はないですが、ヨーロッパの各都市を経由してくるのであれば空港のターミナル1に到着します。


ターミナル1・2は無料のシャトルバスが走っています。市内から空港へ行く時には、ターミナル1か2、間違えないようにしましょう。

ターミナル2(ライアンエアーなどLCCのターミナル)

リスボン空港のターミナル2は、LCCのライアンエアー、イージージェットなどが離着陸します。今回ターミナル2を利用しましたが、LCCのみの空港にしてはとてもきれいでびっくりしました。


もちろんターミナル1に比べると、規模が小さくレストラン、ファーストフードは少ないですが、それでもかなり充実している空港です。免税店、お土産、雑貨なども豊富にあり、買い忘れたお土産や食品なども最後に買えます。