happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Categoryアメリカ

ニューオーリンズのマルディグラは美女の旨を拝めるおっぱい祭り!?クレイジーなお祭りを現場からお届け!

ニューオーリンズと言えばジャズ発祥の地やケイジャン、クレオールなどの南部料理として有名ですね。もうひとつ、クレイジーなお祭りとしてこの街が知名度を上げたのがマルディグラです。今回はマルディグラの魅力と楽しみ方をご紹介します。

マルディグラの起源はキリスト教の謝肉祭

こんにちは!元アメリカ駐在妻のハルです!

アメリカ南部・ルイジアナ州のニューオーリンズジャズ料理が目的で観光に訪れる人が多いですね。

この記事では街の知名度が高くなったもうひとつの名物・マルディグラというお祭りについて筆者の経験を元に紹介していきます。

「マルディグラ(Mardi Gras)」のはフランス語で「太った火曜日」を意味する言葉です。

カーニバルと呼ぶ地域もあり、この呼び名の方が知名度が高いでしょう。

カトリック教の行事のひとつで、肉やお酒を断つ断食期の前に盛大にお祭りをしようというものです。

現代では宗教的な意味は薄くなっていて、単純にお祭りやお祝いとして楽しむ人が多いです。

マルディグラの由来

マルディグラは古代の悪魔祓いとキリスト教の行事が融合して今のカーニバルになったと言われています。

昔のヨーロッパでは寒く厳しい冬は悪魔がやって来ると考えられていました。

そのため暦の上で春が近づいてくると悪魔(=冬)を追い払うために仮装し、歌ったり踊ったり大騒ぎをしていたそうです。

そしてキリスト教ではキリストの復活をお祝いするイースター(復活祭)までに40日間の断食期間があります。

この期間を四旬節と呼びます。

典礼による断食は質素な食事を心掛けるようになっており、肉や卵、乳製品を食べずに過ごすことになります。

節制の前に美味しいものをたくさん食べて盛大にお祝いしよう、ということですね。

開催時期

2~3月に行われ、毎年日程が変わります。

クリスマスから起算して12日目からお祭りが始まるとされていますが、実際にはマルディグラ当日の1~2週間前からというところが多いようです。

イースターと関係しているので、イースター当日から逆算することもできますね。

世界のカーニバル

マルディグラはヨーロッパを中心に時代や地域によってそれぞれ形を変えて現代に残っています。

仮装をしてパレードしたり、山車から花を投げたりするとこともあります。

有名なリオやベネチアのカーニバルの名を一度は耳にしたことがあるでしょう。

 

【有名なマルディグライベント/カーニバル】

 

  • イタリア…ベネチアの仮面舞踏会
  • ドイツ…仮装パレード
  • ブラジル…リオのダンス・カーニバル

ニューオーリンズの特徴

過去にニューオーリンズは欧州諸国の植民地でした。

植民地時代に移民してきた人々がキリスト教文化を持ち込み、関連行事も定着していったと言えます。

マルディグラ当日までの約2週間は毎日イベントが開催されています。

お祭りの特徴は仮装した人々が山車に乗って移動し、ビーズのネックレスやお菓子を投げるパレードです。

昔はお金持ちが宝石やお金をばらまき、貧しい人々が競って拾っていました。

現在では宝石がビーズのネックレスに代わり、それを受け止めようとする観客達の競争も激しいです。

パレード以外にも仮装パーティーや仮面舞踏会なども行われていますよ。

ニューオーリンズへのアクセス

ニューオーリンズの最寄りの空港はルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港です。

日本からは直行便がないので、アメリカ国内で乗り継ぎが必要になります。

もし余裕のある旅であれば隣のテキサス州やフロリダ方面からのロードトリップもおすすめです。

空港から市内への移動はエアポートエクスプレス、Uber、Lyftがおすすめです。

パレードや観光名所はフレンチクォーターと呼ばれるエリアに密集しているので、エリア内であれば徒歩と路面電車の移動で十分です。