Mpe5p4nq9eg7kexu2iym

性交関係

CATEGORY | 性交関係

潮吹き可能なアナニー!でもやりすぎには用心!やり方・頻度を解説!

2021.02.01

男性でも潮吹きが可能なアナニーですが、どのくらいの頻度でやったらいいのかわからないですよね!本記事では、『アナニーってどのくらいの頻度が良いの?』と思う方に向けに、アナニーの頻度で多い時・少ない時の影響を紹介していきます!

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. 普通のオナニーにはもう飽きていませんか?
  2. オナニーに慣れてきた人はアナニーに挑戦してみてください!
  3. アナニーやる上で重要な『頻度』
  4. アナニーが気持ち良いからと言って高頻度でやると…
  5. 逆にアナニーが低頻度だと…
  6. おすすめのアナニー頻度は?
Ubsulvlgdvbwc8i5lqla

こんにちは、オナニー大好き男の夜遊び太郎です!


突然ですが、男性の皆さんは普段どんなオナニーをしますか?


ノーマルのシコシコオナニーだったり、オナニーに慣れている人であれば、集中的に亀頭を攻める亀頭オナニーがあります。


そんな、いわゆる『普通の』オナニーを普段からしている男性に質問です。

Man2

『普通の』オナニーだけではもう飽きてはいませんか?

今見ていただいてる人の中でも、少なからずいるかと思います。


実際に書いている私自身も過去に、オナニー自体に『飽き』が来てしまい、気持ち良いはずのオナニーを楽しむことが出来ませんでした…。


確かに普通のオナニーに飽きてしまっていたとしても、そう簡単に改善方法なんて見つからないですよね。


私自身、オナニーに飽きた時に取った対処法が『オナニーをしない』でした。


正直全く意味がありませんでした(笑)


そこで今回紹介するのが、少し特殊なオナニーである『アナニー』です!


アナニーと聞いてもわからない人もいると思うので、アナニーについて調査を実施しました。


20代の男性100人を対象に『アナニーをしたことはありますか?』と調査したところ、以下のような結果になりました!

Anw8g3anijmjgrm9kjyc

27人しか経験者はいませんでした!


かなり少ないのがわかりますよね。


経験者が少ないからこそ伝えたいんです!『アナニーはマンネリを防ぐのに最適』なオナニーなんです。


そこで本記事では、『アナニーはどのくらいの頻度でするのが良いのか?』について解説して行きます。


それと同時に、アナニーを経験したこと無い人でもわかるように、アナニーの概要・魅力を紹介してきます!

オナニーにマンネリ化を感じてしまったり、飽きを感じてしまった人はまずは『アナニー』に挑戦してみてください!


普段やっているオナニー以外であれば、基本的にはなんでもいいのですが、今回特におすすめするのはアナニーです。


アナニーの場合は、普通のオナニーとは違い、男性しか感じる事ができないことがあるのでおすすめします。


せっかく男性にしか感じる事ができないオナニーなので、使用しないはずはないですよね!

Man2

そもそも、『アナニー』ってどんなオナニー方法のことを言うの?

アナニーをやる頻度について詳しく紹介・解説していく前に、まずはアナニーに付いて解説していきます。


『アナニー』とは、アナルを刺激するオナニーになります!


「アナルを刺激する」と言ってもいくつかの方法があります。初心者の始めやすい物からかなり高刺激なものまであります。


刺激方法は人によって様々ですが、ここでは大きく分けて2つの攻める場所を基準に解説していきます。


アナルの入口周辺』と『前立腺』の2つにです。

アナルの入口

まずは、『アナルの入口』を刺激する方法です。


この方法は特にアナニー初心者の人に非常におすすめ方法になります。理由としては単純で、特に不快感無く感じる事ができるからです!


アナニーは他のオナニー方法とは違い、『初めの内から感じる事は難しい』という点があります。


その為、普通のシコシコオナニーや亀頭攻めは初めての刺激だとしてもすぐに感じる事ができますが、アナニーの場合は違います。


アナニーは入口だけでなく、アナルの中にも指やディルドを挿入するので感じるまでに痛みや不快感を得てしまいます。

M4shk1ok6ttvypmwt9gc

そんな不快感を感じてしまいがちなアナニーですが、『アナルの入口』を刺激する方法のアナニーに関しては、比較的初心者でも感じやすい方法になります!


刺激する場所もあくまで『アナルの入口』に限定しているので、指やディルドの挿入もないので、特に心配する必要はありません。


刺激に仕方は、人によって様々違いはありますが、たいていの場合は『アナルの入口をなぞる』か『リズムよく擦る』の2つになります。


この2つの方法はどちらも、低刺激なので、初めてアナニーを挑戦する人にとってはかなりおすすめの方法です。


ですが、アナニーに慣れている人にとっては、刺激が足りないと感じてしまうかもしれませんね!

前立腺

2つ目は『前立腺』になります。


この部分は、アナニーの中でも上級者のアナニー方法です。初心者の人にとっては、難しい部分もあるので、必ず押さえておきましょう。


『前立腺』はアナルの中に存在する、男性特有の部位なので上級編とはいえ、男性にしか感じる事ができないので、刺激できるようになるとオナニーの幅が広がりますよ!


具体的な『前立腺』の場所としては、アナルに指を第2関節まで挿入します。そして、指をお腹側に曲げたところに大体あります。


触り心地としては、一般的には『胡桃大の大きさ』で『ザラザラ』した触り心地をしています!


なかなか初心者の人だと、わかりづらいかもしれませんが、実際に触ってみたらすぐにわかりますよ。


『前立腺』の刺激方法としては、先ほどと同様にリズムよく触ってみたり、軽くこすってみたりする刺激方法が簡単に感じる事ができるのでおすすめです。

ここまでで、大体のアナニーについてどんなものかを分かってもらえたと思います!


それではここからはアナニーの『頻度』について深堀りしていきます。


先ほどの紹介からわかるように、アナニー自体が一般的なオナニーとは色々と違う為、オナニーの頻度に関して疑問に思う人も多いかと思います!

Man2

アナニーって毎日していいもんなの?それともダメなの?

こんな疑問持ってしまいますよね。実際にアナニーやるまでの私も、やり始めの頃もこんな疑問を持っていました。


感じれるようになるには回数必要だけど、やりすぎも良くないし…


どっちにしていいのか、正直わからなくなってしまいますよね(笑)


ここでしっかりと解説していくので安心してください!

Yhkk30otkt94xpxy9vda

早速答えですが、『具体的な適正回数は存在しない』です。


基本的には、普通のオナニーと同じように考えても何の問題もないので、好きなだけアナニーを楽しんでも大丈夫ですよ!


…と言いたいところなんですが、場合によってはそうとも言えない事もあります。アナルも性器も、人によって性質が異なります。


オナニーを毎日しても不快感を覚えない人がいる一方で、不快感や痛みを感じる人もいます。その為、不快感を感じるか感じないかで判断するのをおすすめします。


特に『前立腺刺激』の場合は、指やディルドを体内に挿入して刺激するので、特に注意が必要になります。


痛みはもちろんのこと、不快感や異物感を感じてしまった場合はすぐさまやめましょう。


直腸を傷付けてしまい、細菌が入ってしまっては気持ち良くなる以前の問題になってしまうので、くれぐれも注意してください!

Gwttzowpiitbnor2oqjr

ここからは、もし高頻度でアナニーをしてしまった場合に起こりうる、痛みや不快感に付いて詳しく紹介していきます!


先ほども解説しましたが、ただの不快感だけでは済まない事もあるので、必ず押さえておくようにしましょう。

排便時の痛みの原因になる

まずは『排便時の痛みの原因になる』です。


これは、『アナル周辺の刺激』と『前立腺刺激』の両方の場合に言えます。


アナル自体がそもそも排泄物の通り道なので、排泄時にどうしても動きます。その際に、無理に刺激してしまっていると、痛みの原因になってしまいます。


原因としては、過度に擦りすぎていることもあるかもしれませんが、仮に低刺激だったとしても、『高頻度』にアナニーをしてしまうと、痛みの原因になります。


やる人によって違うと思いますが、私個人的には週に2~3回程度に抑えておくと、無理なくアナニーを楽しむことが出来ますよ!


この回数でやっても、痛みを感じてしまう場合は減らして調整してみてください。

アナニーに不快感を覚えてしまう

2つ目は『アナニーに不快感を覚えてしまう』という点です。


「早く気持ち良くなりたい!」と思ってしまうあまり、高頻度でしてしまい、逆に嫌になってしまう事もあります。


確かに、頻繁にアナニーをすることでアナルがどんどん開発されていくので、気持ち良くなれるのですが、その分アナルに負担がかかってしまうのも確かです。


痛みを感じなければ、それでいいのかもしれませんが、せっかくのアナニーを嫌いになってしまう事もあるので、高頻度は控えた方が良いと思います。


加えて、後で解説していきますが、何度も何度も毎日アナニーを続けてしまうとそれはそれでマンネリ化してしまう恐れがあるので、考えてアナニーをしましょう!

Id8wedcmsvynouyxqhgi

逆にアナニーが低頻度だった場合も実はデメリットが存在します。


低頻度でのアナニーのデメリットは、痛みなどの影響では無いので、たいして気にする必要はありません!


ですが、『気持ち良さ』の点で変わってくるだけなので、一応頭の片隅に入れておくようにしましょう。

気持ちいところを忘れてしまう

1つ目は『気持ち良いところを忘れてしまう』という点です。


意外かもしれませんが、アナニーはある程度の日数が開いてしまうと、気持ち良いところが感じられなくなってしまうことがあります。


しかも、数日開けただけでも感じられなくなってしまう場合もあります。


なので、高頻度を避けるために低頻度にするのもいいのですが、あまりに低頻度すぎると気持ち良い場所までわからなくなってしまうので、注意しましょう。


特に前立腺刺激の場合は、今までの快感を忘れてしまうなんてこともあります…。


実際に私も気持ち良い部分を忘れてしまった経験があります。

Man2

たった2週間アナニーを封印していた時でした。

たった2週間オナニー・アナニーをしなかっただけなのに、アナル周辺を刺激してもくすぐったいだけでした。


それどころか、前立腺刺激に至っては、アナルに挿入することですら出来ませんでした(笑)


無駄にアナルに力が時入ってしまっていて、無理やり挿入することになり、断念しました。


それから数日たって、やっとのことで挿入できたのですが、そこからさらに気持ち良くなるまでに数週間も掛かってしまいました。


毎日とまでは言いませんが、ある程度継続的にアナニーをしておかないと、気持ちい良い感覚ですら忘れてしまいます。


普通のオナニーはやらなかった分、次にやった時に気持ち良くなれるものですが、アナニーの場合、やらなかった分だけ感じれなくなってしまいます。


個人差はありますが、基本的に感じれなくなってしまう事は確かです!

拡張している人の場合、元に戻ってしまう

2つ目は『拡張している人の場合、元に戻ってしまう』という点です。


これも先ほどの内容と少し被る部分がありますが、拡張したアナルは拡張をやめてしまうと、穴が元の大きさになってしまいます。


その為、次に刺激しようとしても、また拡張作業からしなくてはいけなくなってしまいます。


アナルの拡張自体が気持ち良いと感じる人であればいいのですが、大抵の人の場合、そこまで気持ち良く感じる事ができないので、苦痛に感じてしまうかもしれません。


さすがにずっと、アナルビーズ等を挿入しているわけにはいかないですよね(笑)


なので、私がおすすめする方法は、出来るだけ毎日少しづつ拡張すると、苦痛も少なくアナル拡張することが出来ますよ!

Rk2jkizxb6wm68s4kshr

先ほども紹介したように、アナニーの適正回数は存在しません。


人によって刺激の強さ・アナニーの頻度・刺激する場所が異なりますが、あくまで私個人的なおすすめの頻度は『週2~3回』になります!


アナルの拡張をしてアナニーをする場合はなるべく毎日しましょう。


週2~3回にする理由としては、『マンネリ化せず、尚且つアナル開発もできる』からです。


アナル開発は、ある程度の辛抱が必要になります。なので、初めのうちは苦痛かもしれませんが、何度も何度もアナニーしなければいけません。


義務的にアナニーをしてしまうと、当然飽きが来てしまい元も子もありませんが、数日空いた日が出来るので、新鮮な気持ちでアナニーをすることが出来ます!


実際に毎日やっていた時よりも数日開けた方が断然感じる事ができるようになりました!