G7kgzwaodofzh4z25rxd

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【風俗嬢が解説】オナニー依存症が起こす最悪の結末とは!やりすぎ注意!

2021.02.24

オナニーのしすぎで「オナニー依存症」になる方が多いことをご存知でしょうか?男性は女性より性欲が強くオナニーの回数は女性より断然多いです。オナニーの快感にハマり「オナニー依存症」になる確率も高くなります。今回はオナニー依存症が起こす最悪の結末をご紹介します。

この記事に登場する専門家

Qwrmfhn3c1pe9nunc3c0

風俗経験ありエロ好き女子

アブノーマル子

女の子だって性欲はあるんです!をもっと世の中に広げたい!内緒ながら風俗店では淫乱キャラで数多の男を骨抜きにしてきました…。キャバやスナック経験からありとあらゆる男性とのコミュテクを会得してきました。もちろん素人のナンパさんも歓迎です♡夜のテクニックを伝授します!

  1. オナニー依存症は他人事ではない
  2. オナニー依存症は男性に多い
  3. オナニー依存症の原因
  4. オナニー依存症が日常のデメリット
  5. オナニー依存症が引き起こす最悪の結末
  6. オナニー依存症は最悪死に繋がる可能性がある
  7. オナニー依存症の改善方法
Oeiqf3urc7dxj358cswn

▼この記事はこんな人にオススメです▼

・オナニーに依存している気がする

・依存症は怖いと思っている

・危険性を知りたい

こんにちは。

性について関心が人一倍強く、性についてたくさん調査しているアブノーマル子です。


男性のみなさんは「オナニー」をする日常が当たり前になっていませんか?

実はオナニーのし過ぎは「オナニー依存症」を引き起こす可能性が高くなることをご存知でしょうか。


セックス依存症は聞いたことある方も多いでしょう。

実はセックス依存症よりも、オナニー依存症の方が誰でも引き起こすことがありえる依存症です。


オナニーすることはたくさんの良い効果を発揮しますが、し過ぎると逆効果になっていまいます。

今回はオナニーのし過ぎにより「オナニー依存症」が引き起こす最悪の結末をご紹介したいと思います。

オナニーはどのくらいのペースで行うことが1番効果的かご存知でしょうか?


今回Happy Travelではアンケート調査を実施しました!

Hs3fklsipsgidq551iif

アンケート結果では週に4~5回オナニーをしている男性が最も多いということが発覚しました!


医学的な視点では週2~3回のオナニーが理想と言われています。

それを含めると少し多いのではないでしょうか。


平均4~5回ということはそれ以上にしている方も多いでしょう。

特に男性は1度きりの射精のためにオナニーをするので何度もしたくなるのでしょう。

この快楽の沼にハマり続けると、オナニー依存症を引き起こす原因になってしまいます。

Woman2

どこかに良い男いないかなー?最近出会いなくてドキドキがないなぁ・・

女性が輝きは、出会いの経験で決まる!これはとある有名人も言っていた言葉です。


『日々の生活に、ちょうどいいくらいの刺激が欲しい人』

『身バレせずに、パートナーを探してみたい人』


女性に安心のマッチングアプリはこの2つ!

Udxw7oxv2p4mjxprdq6z

オナニー依存症は誰でもなり得る依存症です。

オナニーの頻度が今は少ない方もなる可能性があります。


ただオナニーの回数が多いというだけで依存症にはなりません。

様々な理由でオナニー依存症になることがあります!


では、どのような理由でオナニー依存症になるのでしょうか。

気になる方も多いでしょう。

ここではどのような理由でオナニー依存症になり得るのかをご紹介したいと思います。


少しでも当てはまる方はオナニー依存症に気を付けましょう。

①日々のストレス

オナニー依存症も最も多い原因は「精神的ストレス」です。

生活してる上で、精神的ストレスは付き物でしょう。


2018年のオナニーする理由として「ストレス解消するため」と答えた方が15%もいました。

オナニーする理由の第2位にランクインしているほど多い理由です。


精神的ストレスが溜まるとオナニーをする頻度が高くなります。

「精神的ストレスが溜まる→オナニーをする」というルーティーンを作ってしまうと、少しでもイライラや不安な気持ちになるとオナニーをしてしまいます。


そして意外なのが「オナニーが好きではない」方がこれが原因でオナニー依存症になりやすいという驚きの結果が出ています。


普段オナニーをしない分、ストレスが溜まった時にいつもと違うことをしようとした結果オナニーに走ってしまうというパターンです。


このことがオナニー依存症の第1歩になりやすい原因になります。

②危険なオナニーにハマる

オナニーの頻度が高い分、少し危険なオナニーにハマってはいませんか?

危険なオナニーといえば過度な刺激やアダルトグッズの使用だけではありません。

多くの方が行っている足ピンや、実はしている方が多い床オナも危険なオナニーの1つです。


理想のオナニーは手コキやオナホを使った過度過ぎない刺激を与えるオナニーです。

しかしこの方法に慣れてしまうと更なる刺激を求めるようになります。


過度は刺激を求めて様々な方法でオナニーをしてしまうと、刺激を求めすぎてしまいオナニーを止められなくなってしまいます。

これが「オナニー依存症」の原因になります。


オナニーする際は適度な刺激を与えるようにしましょう。

③元々性欲が高い

元々性欲が高い方はオナニー依存症の1歩手前であることを覚えておきましょう。

性欲が強い方は週に行うオナニーの回数が多いでしょう。


性欲が強い方は少しの性的なものでもムラムラしやすい傾向にあります。

現在はSNSなどでも気軽にエロ系のサイトなどに飛べるようになっています。


性欲が高い方はオナニーをする回数が多い分、ペニスに刺激を与える回数も多いでしょう。

その分刺激に慣れてしまい更なる刺激を求めるようになります。


性欲が強い方はオナニーする回数を抑えるために、なるべく性的なものを目にしないように心かけましょう。

今よりオナニーの回数が多くなると危険なので注意が必要です。


④趣味など没頭できることがない

趣味など没頭できるものがない方はオナニー依存症に注意です。

「暇だからオナニーしよう」と思った方もいるのではないでしょうか。


「暇になる→オナニーをする」というルーティーンが出来てしまうと大変です。

これは誰でも依存症になりやすい原因でもあります。


特にムラムラしていなくても、SNSなどで性的なものを見てしまうと「オナニーしようかな」と思ってしまいます。

無意識にオナニーするようになると依存症になっていると思ったほうが良いでしょう。


趣味がなく暇でオナニーをしてしまう方は、運動するなどの趣味を見つけましょう。

X8went4qoyugrjwl0xt0

オナニーは程よい回数であれば良いことばかりです。

しかし行き過ぎたオナニーは沢山のデメリットがあります。


オナニー依存症になってしまうとメリットがなくなり、デメリットだけが残ってしまいます。

男性としての魅力が落ちるなど、普段男性が気にしていることが更に悪化してしまいます。

さらに依存症が引き起こすデメリットは日常にも多く影響してきます。


男性にとってとても困るようなデメリットばかりで、オナニー依存症になると確実にこのデメリットが現れることを覚えておきましょう。

①日常生活が困難になる

オナニー依存症は、男性の日常生活のリズムを崩してしまいます。

生活リズムが狂ってしまうと、普段できていることができなくなり日常生活に支障が出てしまいます。


オナニーは射精がゴールであるため、射精するまで止めないですよね。

射精は100mの全力ダッシュとしたことと同じ疲労を伴います。

考えるだけでも疲れることが分かりますよね(笑)


これを1日数回するとその分100mを何本もダッシュしていることになります。

ストレス解消できるオナニーですが、何度もしてしまうと疲労が溜まりストレス解消されることがありません。


ストレス解消されないうえ、疲労が溜まり続けてしまうと仕事や学業に集中できないという支障を起こしてしまう可能性があります。


集中できない時間が増えるにつれ、作業が進まなくストレスがたまり、さらにオナニーをしてしまうという最悪のルーティーンになることは避けましょう。

②肌荒れを引き起こす

男性ホルモンが増えすぎると肌荒れを起こします。

オナニーのしすぎは男性ホルモンを分泌しすぎてしまいます。


肌荒れの原因が皮脂の多さが関係しています。

皮脂が多くなるとニキビなどの肌荒れを起こします。

オナニーすることにより男性ホルモンが増え、皮脂を増やしてしまうことに繋がります。


さらに皮膚が固くなり毛穴が開き、そこに皮脂や汚れが詰まってしまい肌荒れを起こす原因になります。

③髪の毛が薄くなる

オナニーには射精がつきものですが、射精をし過ぎると体内に大切な成分を失ってしまいます。

その大切な成分が髪の毛や毛根に大きな影響を与えます。


精子にはタンパク質やアミノ酸、ビタミン、カルシウム、亜鉛など、たくさんの成分が含まれています。

特にたんぱく質や亜鉛は髪の毛に深く関係しています。

そのため、射精の回数が増えるたび、髪の毛に必要な成分を失っているということです。


オナニーのし過ぎで絶対に髪の毛が薄くなるということはありませんが、将来的に薄くなる可能性が高くなっていることは事実です。

さらに食生活が偏り必要な成分を補充できないと更に可能性が高くなります。


将来のことを考え、身体に必要な成分を異常に出さないようにしましょう。

Tcpbh9xreoxpmk1miuwh

オナニー依存症は数々のデメリットがあります。

これだけでも男性にとっては大きなダメージでしょう。


しかし、オナニー依存症はこれ以上に最悪の事態を起こす可能性があります。

この最悪の事態が起こってしまうと女性関係の悪化や、社会的立ち位置を失ってしまいます。


ここでは実際にオナニー依存症が起こしてしまった「最悪の事態」をご紹介します。

オナニー依存症が悪化するとここまでのことが起こってしまうことを忘れないようにしましょう。

①性犯罪を起こす可能性

オナニー依存症は別名「性依存症」とも呼ばれています。

オナニー依存症が悪化すると性的欲求が様々なところで起きるようになります。


オナニー依存症はただオナニーをやめられないと思われがちですが、性犯罪になりうる可能性のある依存症です。

性的欲求が自分で抑えられなくなると、社会的な問題を起こす原因になります。


オナニーを繰り返して性的欲求が抑えられなくなると、性的思考が急激に変わり、痴漢や性犯罪など起こす可能性があります。

さらにオナニーしないと落ち着かなくなり、自宅だけではなく人目を気にせずオナニーをしてしまう危険性を招きます。


自分がオナニー依存症ではないかと思う方は、このようなことも起こりうるということを忘れずに悪化する前に、治すようにしましょう。

②ノーマルセックスでは満足できない

Vnefzo5phzzrfkn6odix

オナニーをし過ぎると更なる刺激を求めます。

オナニーは自分の性癖が関わってくるので、性癖が激しいものに変化する女性とのセックスに満足できなくなります。


さらに刺激になれてしまい、女性の膣内の刺激で射精できないこともあるので、刺激の強すぎるオナニーにハマらないようにしましょう。


さらに女性とセックスすることが億劫に感じることもオナニー依存症の危険性があります。

自分の性癖を理解し、女性とノーマルセックスでイケるような状態でいることを心がけましょう。

③ED改善薬にハマる

オナニー依存症になると過度な刺激でも射精できなくなることがあります。

そのため女性とセックスする際に、膣内射精障害・勃起不全・中折れなど男性として自信を失ってしまうデメリットが多く出てきます。


オナニーでは射精できるが女性では射精や勃起することができなくなり、それを改善したいためにED改善薬などのサプリにハマってしまう可能性があります


サプリで一時的に改善されても、根本を改善できたわけではないので、負の連鎖に陥ってしまいます。

そのためサプリが手放せなくなり、大量のサプリに依存してしまいます、


EDなど男性特有の病気になっている方はサプリに頼る前に病院に行くようにしましょう。

P3q5alzpgpdvbrco6iqq

オナニーが最悪死に繋がるといいますが、世間でよく聞く「テクノブレイク」で死に至るわけではありません。

健康体であればテクノブレイクで死亡する確率はほぼありません。


しかし、オナニーは100mをダッシュすることと同じ疲労を伴います。

そのためオナニー依存症になると平均以上の回数のオナニーをするため、何本も100mをダッシュしていることになります。


オナニーをすると心拍に一気に負担がかかるため、血圧も上昇します。

そのため、心不全やクモ膜下出血などの危険性を招くことがあります。

そのため日本でも年間で200~300件もの死亡したケースが報告されています。


持病などを持っている方は、オナニーのし過ぎで死亡する可能性が高めるため回数に気を付けるようにしましょう。

O9wzkga1j0oqqnymegxi

オナニー依存症は「自分がオナニー依存症であること」を自覚することが大切です。

オナニーは日常生活に溶け込んでいる行為なので、自分が依存症であることを自覚することが難しいです。


オナニー依存症は名前は軽そうですが、依存症になってしまうと克服が難しい依存症です。

もし、自分が依存症であると思った場合は診断するなりして自覚を持つようにしましょう。

①病院に行く

オナニー依存症になった場合は病院に行くことも1つの方法です。

依存症はとても深刻なため、精神科に通うことをおすすめします。


オナニー依存症は日常のストレスが関係しています。

病院に通うことでストレスの解消をさせることも大切です。


EDサプリの依存症になった場合も体内に余計な成分が溜まり、病気になっている可能性もあるので、病院で診察してもらいましょう。

②刺激の少ないオナニーに変える

オナニーをする際の刺激の強さがオナニー依存症を引き起こします。

普段のオナニーの方法を見つめ直しましょう!


強すぎる刺激は更なる刺激を求めます。

刺激の強いオナニーは様々な病気を引き起こしてしまうこともあります。


刺激の強すぎるオナニーをしていると気付いた場合はオナニーの方法を変えましょう。

例えば「催眠オナニー」などの直接刺激を与えないものも効果的です!


始めはなかなかイケなくてもどかしいかもしれませんが、慣れると射精できるようになります。

試してみることをおすすめします。

③無理に回数を減らさない

オナニー依存症はオナニーの回数が関係していまうすが、無理に回数を減らそうとすることは逆効果です。

例えばオナ禁など突然オナニーをやめてしまうことは逆に危険です。


依存症は「できない」ということがわかると、更に欲求が高まります。

できないというストレスが爆発してしまうと、オナニー依存症が更に悪化させてしまいます。


突然回数を減らすのではなく、徐々に減らしていくことが効果的です。

④女性とセックスをする

オナニー依存症に効果的なのは女性とセックスすることです。

オナニー依存症になってしまうと、女性とセックスする幸福感を忘れてしまいます。


刺激で射精するのではなく、興奮を高めて少しの刺激で射精できるようになると普段のオナニーでも射精できるようになります。


しかしオナニー依存症は別名「性依存症」でもあるため、セックスをし過ぎて「セックス依存症」にならないように注意しましょう。


いつもと違う興奮はオナニー依存症に効果的ですが、行き過ぎた効果は違う依存症になる確率が高まるため、細心の注意が必要です。

Lulu Kushel

男を虜にするバスト、諦めていませんか?


バストに関するお悩みを持つ方にぜひ着けてみてほしいのが、くつろぎ育乳ブラの【Lulu Kushel(ルルクシェル)】


優しく寄せて逃がさない程よいキープ力と軽い着け心地で、睡眠中のバストをやさしくサポート!


しかも、バストアップサロンオーナーが監修しているから、機能・着心地・かわいさ全てにこだわった育乳ナイトブラなんです。


3,000円台から買えるのでお財布にも優しいですよ!