Lyuvaff7kfv3jeqbpgjh

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【スナック女子が解説】異性を誘惑してセックスに持ち込む方法!しっかり落としちゃおう!

2020.12.14

気になる異性がいるとき、セックスしたい時、女性から誘うのは勇気がいります。しかし昨今は女性に誘われないと踏み切れない男性も多いため、気になる相手がいる場合にはどんどん誘惑してもOK!今回は、男性を誘惑する方法や落とせなかった時の攻め方について解説します!

この記事に登場する専門家

Fzbzkzjqtrshztwdogka

外専20年の元スナックママ

カトレア

日本人から外国人まで、文字通り世界をマタにかけた国際恋愛を楽しむ行動派。熱しやすく冷めやすい性格で19歳年下から30歳以上の歳の差恋愛、不倫・駆け落ち・結婚離婚と経験値高し。恋の悩みから法律関係まで受けた人生相談は数知れず、親身になって解決します。

  1. セックスしたい時に自分から誘惑できる?
  2. 自分からセックスに誘惑した事がある?
  3. 誘惑に向いている相手は?どんな状況がセックスにベスト?
  4. セックスに誘惑されたら?男性の本音は?
  5. 誘惑してセックスに持ち込むためのトリセツ
  6. 誘惑してもセックスに持ち込めない時は攻める!
Fxdqhnjkuvmvwbfj6vry

みなさんこんにちは。

狙った獲物は逃がさない、カトレア姐さんです。


女性の皆さん、セックスしたいと思った相手を自分から大胆に誘惑していますか。


女性の方からは恥ずかしくってなかなか…と思いつつも、実は大胆に仕掛けていると言う方が多いのではないでしょうか?


もしくは、男性が誘いやすいように餌を撒いてあげている、と言う女性も多そうですね。女性はそういうの、本当に上手ですから。


今回は、この男落としたいこの人とセックスしたい、と思った時に狙うべき相手や、簡単な誘惑方法を解説していきます。


また、女性に誘惑された時の男性の本音もお届けしますよ。


誘惑時の参考になると思いますので、ぜひ最後までお楽しみくださいね!

さて、今回Happy Travelでは購読者の女性にランダムにアンケート調査を行いました。18歳から50代の女性で、男性を誘惑した事があると答えた方の割合は、下のグラフの通り。


男性を誘惑した事がある女性は、半数以上に上ることが分かりますね。

Pchsi1t9zui4hoxubtjp

誘惑、と言う言葉自体が少し大人の印象がありますが、「女も狩りをする」と言う肉食系のイメージよりは、好きになった男性がいれば、女性も積極的に誘惑に走ると言う感じがします。


男性の中にも、できれば女性に誘惑して欲しいと思っている人や、誘惑されたら逆らわない、と言う人も実際に多そうですよね。



Ar8k1v0q6bicm8yvcpux

最近関係が近くなった相手

やっぱり、自分が1番傷つかないで済む誘惑相手は、最近知り合って関係が近くなった男性に限りますね。


お互いの事をまだよく知らない間柄だから、ちょっとトキメキもあったりして、誘惑の成功確率も上がりそうです。


彼の方が上手く乗ってきたら、その場限りの相手にしても、今後のお付き合いをどうすればいいのかを考えても遅くないですしね。


とりあえず、誘惑してみた時に乗ってきた、と言う男性だったらセックスには持ち込めますよね。

明らかに自分を意識している男

誘惑のし甲斐はないけれども、お互いちょっと意識している間柄だったら、あとひと息押せばいい関係に結び付けられますね。


相手の男性も、どうすればいいのかを様子を見ている最中ですから、ここは女性の方から仕掛けて誘ってあげるのが正解と言った所でしょう。


もうちょっと慣れているの女性の場合、誘ってあげている風を装って男性に誘わせる、と言うテクニックを使っても良いでしょう。


男性もヘンに勘違いしたり、失敗したりするのが怖いんですよね。


女性から仕掛けてくれれば、ほっとして大胆になれる事でしょう。

軽く飲んでいる時

私はあまり使わないのですが、酔っているのを理由に大胆になって、男性を誘惑する事ができる女性もいますね。まあ、お酒を飲んだ時の常套手段でもあります。酒はガソリンって感じですね。


そんな時は、男性の方も相手が酔っていると判ったうえで、相手をしてあげるのが良いかも知れません。


もしくは、お互いお酒のせいにして、誘惑に乗ってしまうのもアリでしょう。

年下の男性

私くらいの年齢になってくると、実際年下の男性もおいしいかなあと思う事が良くありますね。


私の場合は、海外に暮らしている事もあり、アジア人女性は年齢よりもずっとずっと若く見られるので、普通に知り合った人はほぼ年下、という事がざらにあります。


実年齢を言うと目ん玉ひん剥いて驚かれることや、お酒を買う時にわざわざ身分証明を求められること、普通に子供料金でバスや電車に乗れると思われているのは既に定番ネタです。


そう言うわけで、大体周りの人には実年齢よりもかなり年下に思われていますから、実際に知り合ってお付き合いをする男性はほぼ年下、という事が多くなりがち。


こちらからすると、相手が年下だと思うと、俄然誘惑のし甲斐もあるってもんですよ。


リラックスしつつ、楽しみながら誘惑できるのも、年下相手の時が多いですね。大人の余裕ってやつでしょうか。

番外編・彼女持ちや妻子持ち

本当は、妻子持ちの男性彼女持ちの男性を誘惑するのはご法度…とは思うんですけれども、実際に誘惑のし甲斐があるのって、こういったフィールドの男性なんですよね(悪女風)。


別に、家庭を壊す気は全くないのですが、家庭持ちの男性が自分になびいた時のちょっとした優越感みたいなのが、無いわけではありませんね。誰に対して、って感じではありますが、まあ、何となくです。


そういう事は最近はやっていません、悪しからず。

Oluufpcuhndytikgzdhk

それでは、実際に女性に誘惑をされたら男性の方はどのように考えるのでしょうか。


身近な男性や、お仕事関係の男性に聞いてみたのですが、女性の私が考えているのとは、かなり違った結果がでて、とても興味深く思いました!


女性にセックスに誘われた時の、男性の本音と思考を見てみましょう!

漫画のように誘惑されるなんて非現実的

殆どの男性は、自分がドラマや漫画の主人公のように「女性に誘惑されること」なんてありえない、非現実なシチュエーション自分の身には起こらないだろう、と思っている事が分かりました。


確かに、本当にそんな事が実際にあれば、憧れる出来事なのだそうですが、非現実的だからこそ憧れがあるのだ、という事でした。


多くの男性が「自分には関係のないこと」と思っているとしたら、実際に彼の身に女性から誘惑される事があれば、逆に落としやすいと言えるかもしれませんね!

恋人・妻がいなければ…

もし自分が独身だったら、その誘惑に乗ってみたい、と言う男性もいましたよ。


それはそうでしょうとも!


ただし、彼女持ちだったり、結婚している立場だとすると、後々面倒なことが待っているという事で、誘いには乗らないだろうという事でした。


もしそうだとしたら、それでは実際に世の中不倫が多いのはなぜでしょうね。


一応、世の中の一般男性は、建前では「面倒なことは避けよう」とは考えてはいるらしいですよ。

仕事関係者はNG

自分の会社の仕事関係者だけはちょっと、と考えている男性が多い事も分かりました。


仕事先の人とのトラブルは一番避けたい、仕事先の女性は仕事仲間としか思っていない、と気丈に答えてくれる男性も沢山いました。


これもやはり、建前でしょうかねえ。社内不倫って、たくさんいますしね。


ただ確かに、社内不倫と言うのはバレた時に人生棒に振る可能性がありますよね。立場がある人の場合は余計にそうでしょう。


逆に、社長や会長クラスになってしまえば、アリなんでしょうが…。

ハニートラップ!?

あまりに慣れない女性からの誘惑に、「もしかしたらハニートラップ!?」とか「友人がYoutube動画撮ってる!?」なんて思ってしまう、と言う方もいました。


それくらい、世の男性が女性に誘惑される機会って少ないのでしょうか…(涙)


また、美人に誘惑されてついていったら、ホテルでシャワーを浴びているうちに現金を抜かれた、と言う絵にかいたような詐欺に、実際に遭った事があると言う、某社長さんもいました。


やっぱり、簡単に知らない女性の誘惑について行ってしまうのは、問題アリですね。

ただただ混乱

こちらは、20代~30代前半の比較的若い男性に多い答えでしたが、にやにやしながらも「そんな事があったらもう、どうすればいいのかわかんないっすよ」と元気いっぱいに言われてしまいました。


いや、そんな事あったら取り合えず喰っておくのが男ってもんだろう、と心で思いましたが、実際にそこまでガッツのある男性は実際には多くないようですね。


どうしたらいいのか分からず、とりあえず混乱してしまうので、きっと何もしないまま帰ってしまうだろうと言う事でした。


みんな、意外にチキン!

Ognqgctzwc3gucjfruhc

それでは、実際に男性を誘惑する時の方法について見ていきますね。


私も、誘惑して落とそうと思っていて、落とせなかった男性が過去にひとりだけいたのですが、基本的には女性は普通に迫ればよいのです。


ただ出来れば、一発出たとこ勝負じゃない方が、確率が高く、落としやすくはなりますね。

1.とにかくふたりきりになるチャンスを作る

まあ、まずは男性とふたりきりにならなければ、相手に自分を意識させることは不可能ですね。


残業をしたり、帰り際の偶然を装ったりでも良いのですが、もし相手が自分の事をまだあまり知らないような状況だったら、顔を覚えてもらうほかはありません。


何度も会う人に恋心を感じたり、意識したりするのはごく自然の感情ですからね。


また、男性と言うのは道ですれ違っている女性のほとんど全員がタイプなんですよ。


女性には無い感覚なので、分かりにくいかも知れませんが、その辺を普通に歩いている女の子の8割くらいとだったら普通に「ヤレる」って思っているんです。


ですから、その8割の女性と同レベルの所から、ほんの少しだけリードする必要性はあるんですよね。


絶世の美女である必要はないので、「感じのいい子」を心がけましょう。

2.誘惑は分かりやすくベタな方が良い

そもそも男性は「自分に(女性からの誘惑なんて)そんな幸運なの事が起こるわけがない」と思っています。


ですから、分かりにくい誘惑だと絶対に「勘違いかも…」と思われてしまいます。


誘惑はハッキリと、男性に分かりやすい方法がベストです!


例えば、マッサージをしつつボディタッチとか、耳元でささやくとか、おっぱいの大きい子は腕を組んだ時に胸を押し付けるとか、そういった軽めの「昔からの方法」でOKです。


ヘンに部屋をキャンドルでロマンティックに演出したり、セクシーを装っても逃げてしまいますし、分かりにくい誘惑をしても彼らには通じませんから!

3.露出するのはふたりきりになってから

誘惑したい時はやっぱり、そこそこの露出も必要ですよね。


ミニスカートで脚を組むチラリズムや、キャミの肩紐を落としてみるとか、彼が部屋にいる時に着替えるなど、「男性が勘違いしやすいしぐさ」はそれこそ無数にあります。


期待をさせるくらいの露出って、やっぱり誘惑したい時には必要になってきますね。


相手をドキドキさせつつ、最後まではいかない、じらす、かわす、などのテクニックも必須です!

4.距離感が大事

大胆な態度で誘惑をしつつ、さっと離れる、そんな距離感も誘惑には大切な要素です。


いつもストレートに誘惑していればいいと言う訳でもありませんからね。


帰り際に送ってくれたら、ありがとうと抱きついてみる


でもすぐにバイバイ、と言いつつ振り返らないでアパートの階段を上ってしまうとか、下着姿で彼の布団に潜っておきながら「見ないで」と言ってみるとか、まあ「行動と矛盾した態度」と言うのは誘惑を悟られずに誘惑する事の出来る方法ですね。


実際に最近の男性は、ここまでしてもすぐに手を出してこないという事もあります。

じっくり行きましょう!

5.しつこくリピートする事も大事

男性って、「この子自分を誘惑してるのかな」と感じても、中々攻めてこない事ってありますよね。


まあ、妻子持ちとか彼女持ちとかの理由がある場合も勿論ありますけれども、勘違いだったら恥ずかしいとか、嫌われたくないと言うプライドもあるんですよね。


嫌われるよりは友達でいる方が良い、と考えている男性は本当に多いですから。


そう言うわけで、1度や2度では我慢をしてしまっている男性も沢山います。何度も誘惑を仕掛けて、彼の中にアナタをイメージさせてあげる事が必要です。

Taeidtkuqhcrt4nuyi0w

中には、本当にチキンなのか、本当に好きな人としかやりたくないのか、まだ迷っているのか、中々誘惑に乗ってこないと言う男性もいますね。


そういう男性を相手にしていても時間の無駄ですが、どうしてもその男とヤりたいと思うんだったらさっさと自分から攻めてしまいましょう!

自分からキスする

首元に指先を這わせて、じっと目を見つめて、思いっきりセクシーに自分からキスをしてしまいます。


男性の方も、「女性の方が積極的だったから仕方なく…」と言う言い訳が必要な時があるんですよ。


火がついてしまうと、男性の方は中々途中でやめられなくなってしまう事が多いので、思いっきり焚き付けましょう!

彼のベッドの隣にもぐりこむ

昔、家に誘ってくれるのに、何日も何日もベッドの隣にお布団を敷いて一緒に眠るだけで、何にもしてこないと言う男がいました。


その男性相手に結局私は、「寒いからそっちで寝てもいい?」さっさと彼のベッドにもぐりこみましたよ。


もちろん、隣に寝るだけではなくて、彼の上に乗ってあげました。

ストレートにセックスしようと囁く

どうしてもはっきりしない男性には、態度で示しても伝わらない事があります。


そういう場合には、「セックスしたいの」ってハッキリと口で伝えてあげるのも良いですよね。


男性は、本当に鈍感な人もいれば、怖くて手出しができないと言う人も多いものです。そういったタイプの男性の場合、女性の気持ちが解れば逆に安心できるのです。