happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Category性交関係

【人妻が解説】夫婦間でのセックスレスを解消!セックスレスになる夫との関係改善の秘訣とは!?

もう夫とセックスしていない…。そんなセックスレスの悩みを抱えている方もいると思います。私もその一人でした。ところがあることがキッカケでまた夫から求められるようになります。セックスレス解消のキッカケはとても簡単にできる事なので、良かったら試してみて下さい。

この記事に登場する専門家

緑子のサムネイル画像

人妻ライター

緑子

出会い系アプリで30人以上の男性と出会った経験を生かし、出会い系から夜の活動まで、男女関係のお悩みに寄り添います。

セックスレスは離婚につながる?セックスレスになる理由と解消する方法

こんにちは!2年ほどのセックスレスと冷却した夫婦関係を克服し、また夫とセックスをし始め、さらに夫から激しいセックスを受けるようになったアブノーマル子です。


思えば、妊娠をしたころから夫婦間でのセックスがなくなり、出産後は数回したのですが、夫のとある言動がキッカケでセックスを全くしなくなりました


それは私にとってはとてもショックな出来事で、あまりにショックすぎて夫婦間もそのまま悪化。最後には結局離婚を決意するのですが…。


私が離婚を心に決めた後に夫婦間でまたセックスをするようになりました。


我が家はどうしてセックスレスになったのか。

そしてどうやってセックスレスが解消したのか、お話したいと思います。

夫婦がセックスレスになる理由

私の場合は、妊娠したのがキッカケでした。


妊娠中にセックスをするのは危ないんじゃないか…と思っていた私は、その事を夫に伝え、夫も「そうかもしれないね」と言ってくれて、初期の頃に数度セックスをしていましたが、その会話をしてからは出産するまでセックスをすることはありませんでした


セックスは愛情表現の1つだと思っていた私も、妊娠したのならしょうがない…と思い、その頃はセックスレスになっていたとしても何とも思っていませんでした。

夫がキャバクラ&風俗に通い始める

ある日、夫の財布から夜のお店の名刺が出てきて、キャバクラや風俗に通っている事が判明。


夜は終電で帰ってくるし、朝も早く出勤していくために夫婦の時間はほとんどとれていませんでした。


それでも、他の女の子と遊ぶ時間はあるんだ…と知ると、とても悲しくなり、夫に真相を問い正すことに。


夫は、仕事の付き合いで行ってるからしょうがないし、止めるつもりもないと宣言。


私の気持ちよりも、仕事や同僚との付き合いを優先すると発言した夫の言葉に、それはまるで「妻よりも大事なモノがある」と宣言されたように感じました。


私の事を一番に想ってくれない人と、これから私は一生の時間を過ごすんだ…と思うと、とても惨めな気持ちになり、私の心にどっぷりと影を落とすことになりました。

夫婦の時間よりもメールの返信を優先

家で一緒にいる時間も、メールの着信音が鳴ることがあり、夫は鳴るたびに立ち上がりどこかに行ってしまいます。


「誰に送ってるの?」っと画面をひょいと見ようとすると必死に隠そうとする夫。

チラ見で見えたのは、女性からと思われるハートマークが語尾についた言葉でした。


多分キャバクラとかのお店の人だなと思いつつ、目の前に私がいるのに私との時間よりもメールをしに行ってしまう現実を目の当たりにすると、寂しさや悲しさがこみ上げてきます。


今から思うと、こうして出来てきた夫婦間の溝のようなものが、後々のセックスレスにも影響していくのだと思います。

【女性向け】安心に出会えるアプリ!

話している人物の写真:女性3

何か楽しいことないかなー?最近出会いなくてつまらない・・

女性が輝きは、出会いの経験で決まる!


『日々の生活に、ちょうどいいくらいの刺激が欲しい人』

『身バレせずに、パートナーを探してみたい人』

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99

顔出し不要で出会えるのって安心ですよね!もちろん無料だし、〇inderなんかと違って、紳士的な男性が多いので、おすすめです!

話している人物の写真:女性5

顔出し不要だし、友達が使っているから、安心!(32歳/OL)

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99

立ち合い出産での夫の行動

出産は夫も一緒に分娩室にいる立ち合い出産でした。


私は、陣痛中は側にいてもらいたかったし、手でも腕でもいいので体のどこかに触れていてもらいたかったので、「手を握ってて…」と伝えました。


夫は手を握ってくれ、こちらを優しい眼差しで見つめてくれていましたが、いざ出産寸前!という一番辛くて夫の支えが欲しかったときに、夫は手を離して赤ちゃんが産まれてくるところをずっと見ていました。


出産も終わり、落ち着いた頃に夫に聞いてみました。

話している人物の写真:女性1

「どうして手を離したの?」

話している人物の写真:男性1

「産まれてくるところを見たかったから…。血とかすごかった。」

なんともデリカシーにかける受け答えでしたが…。


実は、この立ち合い出産時に赤ちゃんが産まれてくるシーンを見た男性は、セックスレスになる可能性が高くなるのだそうです。


我が家がセックスレスになった原因の1つは、この立ち合い出産も理由の1つなのかもしれません。


さらに、出産する妻を支える事よりも、夫は自分の好奇心を優先したんだ…。

というなんとも言えない複雑な感情を抱くことになった私は、夫への信頼をさらに損ねることになります。


信頼関係が崩れていく関係では、女性の方もセックスに気乗りしなくなるためにセックスレスに繋がりやすくなると思われます。

出産後の初エッチ

出産からひと月くらいしたら、もうセックスをしても大丈夫という主治医の言葉を聞いていたので、私たち夫婦もその頃に久しぶりに体を重ねることになりました。


出産中に裂けた部分を縫った後の傷跡が痛まないだろうかと、なんとなくおそるおそる事に及んでいた私。


幸い、切れた部分が痛くはない…ということが確認できたので積極的とは言えないですが始終受け身の状態で営んでいました。

出産後はあそこがゆるくなる?

ところが、出産後2回目の行為からだんだんと夫がセックスをしたがらなくなり、間隔も開いていきます。


昔、「出産した後はあそこが緩むから男に人は気持ちよくならない。」という言葉を聞いたことがあり、もしかしてそうなのかな?と思い夫に尋ねてみました。


そうしたらその通りだったようで、


「入れていても入ってるのかどうかも分からない感じで、ゆるゆる。」


と言われ、その言葉はまるで「女として最低」「女失格」と言われたような気がして、女としての存在意義を否定された気分になり、激しくショックを受けました。

夫からの膣トレーニングの勧め

出産後3度目のセックス辺りで、もう夫とはセックスをしなくなっていました。

妊娠中以来のセックスレスの始まりです。


夫の方もしたくなかったのかもしれませんが、私の方も「膣がゆるい」という言葉を引きずっていたのと、またセックスをして膣を否定されるのも嫌だという気持ちもあり、セックスを積極的にしたいとは思えなくなっていました。


ある日夫から、

話している人物の写真:男性1

「おしりの穴をキュッと30秒間引き締めると膣が締まってくるって聞いたよ。お前もそういう事やったら?」

と言われ…。


そんな女性しか知りえない情報を誰から聞いたの?と思うのと同時に、「今のお前の膣は役立たず」「もっと努力した方がいい」と言われたような気がして、さらに心を滅入らせることになります。

セックスレス解消の転機が訪れる

始めに夫との関係性に変化が生まれたのは、私が働くようになってからでした。


裕福とは言えなかった生活をしていたので、私も生活を支えたいと思い、子供が生後半年になったときに保育園に預けることになりました。


同時に、以前働いていた職場に復帰した私は、生き生きと仕事に励むようになります。


仕事が気分転換になったのか、以前より活力を取り戻していきました。


ずっと家とスーパーを往復していた日常とは違い、お給料が入ればオシャレも楽しむようになり、見た目も変わっていきました。

女性に見えることが大事

今までの私は、女性というよりも「お母さん」という感じだったのかもしれません。


でも、スカートを着るようになり、お化粧もすると女性らしさが上がってきたのでしょうね。


なんとなく、夫からの視線も女性を見るような雰囲気になってきているなという事を肌で感じていました。

夫からのボディタッチが増える

スカートを家でも着るようになってからは、夫が太ももに触ってきたり、胸を触ってきたり体を寄せてきたりと、体の触れ合いが増えてきました。


さらに、急に押し倒してきたりなど、あからさまに以前と態度が違っていました。


特に夫は見た目重視なところがあるのは付き合っていた頃から知っていたので、視覚に左右されやすい気質があったのだと思います。


女性らしく見えるという事は、セックスの対象として見られるという事でもあり、セックスレス解消に一役買うのだと実感した出来事でした。

【愛され女子の秘訣】デリケートゾーンケア本当に大丈夫?

https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=h8210U-r275209M&p=s784485p

男性が意外に気にするところ。それはデリケートゾーンの臭いです。


せっかく良い感じにデートしてお泊り・・ってなっても、変なニオイがしちゃったらすべてが台無し!


ハーバルラクーンナチュラルミストは、雑誌ananで1位にも輝いた人気商品。まだ使ったことない人、初めてケアをする人にピッタリです!

https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=h8210U-r275209M&p=s784485p

セックスが怖い…と思う気持ちを乗り越える

ここまでほとんどセックスをしないで約2年くらい経っていました。


それが急に誘われるようになり、さらに膣トレの効果もあったのか、もともと性欲旺盛だった夫は毎日のように誘ってくるようになりました。


それでも、以前言われた言葉から感じる「女としての魅力の低下」を気にしていた私は、今日のセックスで夫はイクことが出来るのか?という事ばかり意識していました。


セックスを通じてまた女としての魅力の低下を感じるのが怖かった私は、心から楽しんでセックスをすることは無くなり、さらに夫とのセックスでイクという体験をすることも無くなっていました。

セックスでイク振りをする

夫は、卑猥な言葉で攻めてきます。

話している人物の写真:男性1

「感じてる…?」

話している人物の写真:男性1

「エッチな顔してるよ…体もとってもエッチだね…。」

話している人物の写真:男性1

「もうこんなに濡れてるよ…?そんなにしたかったの…?」

さらに膣内をかき乱すように攻めてくる夫の激しさに対応するように、私の気持ちよくなる振り、イクような振りにも拍車がかかります。


「あっ…あっ…あ~~っ…!」

と、わざと声を出してみたり、困ったような表情をしてみせたり。


私自身は全く感じていなくて、ただ感じている振りだけをして対応していました。


今から思うと、イク振りをするというのは自分の気持ちいい所が伝わらずに、何も進展する事のない空振りのセックスが続くだけの行為でした。

セックスを通して感じていた自己肯定感

当時の私は、女性としての価値、自分の価値というものを、夫から求められることを通じて得ていたようで、セックスの回数や頻度といったものがあればあるほど、それが自己肯定感を得られることのように思っていました。


セックスを求められることで安心し、求められないと不安に感じていました。

もう、セックスレスには二度となるものか、とも思っていました。


でもそれは形だけのセックスで、お互いの心は通じ合っていない虚しい行為だったのです。

セックスレス解消!そしてだんだんと激しくなるセックス

夫婦なので、もしかしたら心の奥深い部分で私の抱えていた不安を共有していたのかもしれません。


いつからか、夫の心にも不安の影が見えてくるようになりました。


夫は、だんだんと激しくセックスをするようになっていきます。


体の動きもそうですが、誘う時も強引になったり、人格を責めてくるような言葉を使うようになったり、喧嘩をした後で、私が乗り気ではない時も半ば無理やりに犯すように襲ってくるときもありました。


それでも、セックスを通じて自分の自己肯定感を維持していたところもあった私は、求められればそれが強引な行為でも嬉しく感じていました。

激しい喧嘩の後も、セックスで仲直り

その頃夫は頭に血が上ると殴ってくるようにもなっていました。


喧嘩をした時は、力でねじ伏せるように私の身体を倒して、夫は片方の腕だけで私の両手首を押さえてきます。


男性の力は強くて、私は腕を動かすことが出来ません。

代わりに足を動かそうとすると、今度は体ごと上に伸し掛かって体重をかけてきます。


夫は自由に動く方の手でブラごと服をまくり上げると、激しく胸を揉んできたり、荒々しく口で吸ってきます。


さらに体重を乗せてきて体を密着させると、スカートの中に手を入れ下着だけ剥いでいきます。


そして膣を湿らす事もないまま、強引に侵入してきます。


そのまま激しく出し入れされ、事が終わると頭に上った血も下がるのか、幾分冷静になって急に優しくしてきます。


今思うと犯罪行為ものですが、当時は誰にも相談できなかったし、セックスが終わると急に優しくなる夫の事をいつも許していました。

手に入れた心からの自分への信頼

でも、そんな生活にも終わりがやってきます。


口でも罵倒され、体も痛めつけられ続ける生活にどんどんと気力を失っていった私は、ついに自殺も頭によぎるようになりました


ある日、無気力になっていた私はお風呂場でカミソリを手にします。

シュッシュと切ろうとしても、なかなか切れないものだなと思っていた私の心は人生のどん底にいました。


うっすらと血がにじみ出てきた時に、死ぬのもなかなか簡単にはいかないものなんだなと冷静に思います。


そんな時、どうして夫のために私が死なないといけないんだろうと、ふと思いました。


人生のどん底にいた私は、もうこれ以上落ちようがない、辛くなりようがない所に自分がいる事を悟りました。


下がないから、後は上るだけ。


そう意識した時、心に光が宿ったような気がしました。


そして、一度死のうとしたのだから、この命はもう無かったものだと思い、今度は死ぬ気で生きてみようと思い立ちました。

セックスレスを通じて得たもの

その後の行動は早かったです。


夫に別れる事を告げ、反対されれば公共機関を頼りに行きました。

夫や自分の家族にも伝え、私は離婚しました。


死ぬ気で生きると、人間て何でもできるんだなと思います。

そして、人って変われるんだと思いました。


相手からセックスを求められることに自分の価値を見出していた私でしたが、今では自分自身が生きている事自体に価値を感じるようになっています。


私のセックスレス体験は、当時は辛いものでしたが、自分を見つめることができ、

「私はどう生きたいのか」を心から知れる事にもなったかけがえのない経験だったのだと今では思います。

【パパ活】安心に出会えるアプリ!

コロナで出会いの場がすごく減って、毎日退屈していませんか?


ここ数年、マッチングアプリを使う人が増え、何かと話題ですよね。

こんな人におすすめのアプリを紹介します!

・日常に程よい刺激が欲しい人

・あわよくばお小遣い欲しいな!って人

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99

ワクワクメールは、累計会員数700万人の大手マッチングアプリ!特に女性に優しい設計になっているのが特色ですね。だから紳士な男性が多い印象です。


また、30代の女性でもパパを見つけることが可能だそう。お金持ちのオジサマが使っているみたいですね。

話している人物の写真:女性2

私のおじ様は月額10万+αで、週1回デート。最近はオンラインが多いけど普通に楽しい。

話している人物の写真:女性3

20~30代の男性もたくさんいて、すぐにご飯連れて行ってくれるし、他のアプリより使いやすいな!

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99