Qvnrbryfsyvjmsxuieia

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【ヤリマンの解説】バックで挿入されると痛い!?対策をして100%気持ちいいセックス!

2020.11.09

セックスで痛みを感じてしまうとセックス自体が苦痛になってしまいますよね。でもセックスのときに痛みを感じてしまう女性は多くいます。中でもバックで挿入されて突かれているときに痛い…と悩んでいる人はです。痛いと感じたらどんな対策を取ればいいのでしょうか。

この記事に登場する専門家

Iq4szb3ndi6jlctvrues

エッチすぎる人妻

エミリ

経験人数豊富でエッチが大好き、現在は人妻。こっそり風俗でバイト中。アブノーマルセックスが大好き。

  1. バックで痛いと感じる女性は多い
  2. バックで痛い理由は?
  3. バックで痛いときはどうしたらいいの?
  4. バックで痛いのが改善されない!病気の可能性も?
  5. バックは痛い!でも男性はバックが大好き
  6. バックがあまりに痛いなら我慢しないで!
  7. バックが痛いと感じた私がした対策法

こんにちは、セックスに関するお悩みならなんでもお任せ!エミリです。


セックスの最中に痛いと感じたこと、女性だったら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。


本来気持ちがいいはずのセックスなのに、痛みを感じてしまうとセックスそのものが嫌だ

と思ってしまったり、苦手意識が生れてしまうこともあります。


私もセックスで痛いなと感じること、よくあります。

特に私が感じるのはバックでの挿入時です。


他の体位だと痛いと思わないのに、どうしてバックだとこんなに痛いの?と不思議に思います。


私のようにバックだと痛い!と感じている女性、実は結構多いです。


どうしてバックだと痛いの?

どうしたらこの痛みが軽減されるの?


そんな素朴な疑問をこの記事で解決していきたいと思います。

痛み対策をして、気持がいいセックスを楽しんでいきましょうね。

Ix53x55li35mvacuy5vo

ではまず、バックが痛いと感じることが多いのはなぜなのか理由から見ていきましょう。

原因が分かれば、対策に結び付くヒントが分かるはずです!

①子宮に近いところまで当たるせい

他の体位は痛くないけどバックだと痛い。

バックで挿入すると、子宮に近いところまで深くおちんちんが挿入されてしまうことが原因だと考えられます。


おまんこの奥までおちんちんがすべて入ってしまう体位なので、女性の子宮を直接刺激してまうのです。


おちんちんのサイズに関わらず深く挿入することが可能なので、痛みを感じやすくなってしまうのですね。

②男性が激しく突くから

このバックでの挿入は、男性がかなり興奮する体位です。


興奮するともちろん女性を気遣う気持ちがなくなり、激しく動いてもっと気持ちよくなりたいという感情でいっぱいになります。


さらに激しく動くと女性が気持ちいいはずと勘違いしてしまっている男性も多いのです。

激しく動くせいで女性が痛みを感じているなんて、気付いていない可能性も大きいですね。

③そんなに濡れていないから

濡れていると思ったら実はそんなに濡れていなくて、痛みを感じてしまっていることがあります。

ただこれが理由の場合は、バックでなくてもどの体位でも痛いと感じるはずです。


挿入するときはバックだけじゃなくいろんな体位で挿入すると思いますので、どの体位でも痛いなと思う場合は前戯不足と考えて良いでしょう。

④男性器が大きい場合

おちんちんが小さかったとしても痛みを感じやすいバック。

大きい場合はさらに痛みを感じます。


私も過去にかなり太いおちんちんで奥まで子宮を刺激されたことがありますが、いつも以上に痛みを感じてしまってビックリしました。


我慢出来ない!というくらいまで痛くなったこともあります。


でも当たり前ですがおちんちんの大きさは変えられないので、もしこれが原因だとしたら対策方法がないのが辛いところです。


他の体位を楽しむようにするしか方法はありません。

Eeoque1olknilylrsoks

①痛みがあることを伝えよう

痛いのを我慢してセックスをし続けることは良くありません。

我慢してしまう女性が多いですよね。

気持ちは分かります。


セックスしている最中に痛い!なんて言いにくいです。

でもそれを続けていると、「セックスしたくないな~」と気持ちが大きくなってしまうでしょう。


セックスしている最中に言わずに、セックスが終わったあとや後日話せそうなときに、痛みがあることを相談してみるのもいいと思います。


痛いことに気付いていない男性は多いので、痛みがあることを知れば一緒に対策してくれるはずです。


むしろ「痛いなんて大げさでしょ~我慢してよ!」なんて言ってきたら、そんな男は優しさのかけらもありません。

②たっぷりと濡れてから挿入してもらう

前戯不足の可能性が大きいという場合は、もっと愛撫をしてもらい濡れてから挿入しましょう。

濡れにくい体質だという場合は、ローションを使うのもおすすめですよ。


ローションを使うことで滑りもよくなり、痛みを感じずにスムーズに挿入することが出来るようになります。


私が愛用しているローションを紹介しておきますね。

ローションいろんな種類があるので、信頼できる安全な物を選ぶ必要があります。

体の中に入れるため、慎重に選びたいですよね。


そこで私が最近見つけた最高のローション、ピーシーズ!


使ったあとのネバネバ感も洗えばすぐになくなり、コスパも◎です。

何より嬉しいのがその安全性です。


製造日がしっかり記載してあって、新しい物だけを発送してくてくれます。

何を使えば分からないという方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

Peace's(ピーシーズ)
Peace's(ピーシーズ)

③激しく動かないでもらう

挿入されているだけなら痛みはない、ピストンされると痛い!

そんなときは激しく奥まで突かれることが原因で痛みを感じています。

男性に激しく動かないでもらうのが一番です。


興奮すると激しく動きがちなので、出来るだけ浅いところでピストンしてもらうようにしてもらいましょう。


男性はこれだとあまり満足出来ないかもしれませんが、女性に痛みを我慢してもらってまで快楽を優先させるのはよくありません。


勇気を出して奥まで突かないで欲しいと伝えてください。

④リラックスしてセックスをする

「また痛かったらどうしよう?」と緊張してセックスを行うと体が硬直してリラックス出来ていないのでさらに痛みを感じやすくなってしまいます。


緊張していると濡れにくい原因にもなりますからね。


セックスを行う上で一番大切なのはリラックスすることです。


これには男性の協力が不可欠ですけどね。

リラックス出来る環境を男性がしっかりと作らなくてはいけません。


あまり緊張せずにセックスを楽しめるように2人でセックスを作り上げていきましょう。

Todrewe7mxp2kxletlre

いろんな対策しても痛みがなくならない。

セックスの後も痛みがある。

バックだけじゃなくて手マンされているときや、違う体位でも痛みを感じることがある。


こんなときは女性特有の病気が隠れている可能性があります。


実は私も、痛みがひどいときに婦人科検診をしたら検査に引っかかったことがありました。

検診を全然受けてないなという女性は、これを機に一度受けてみるといいかもしれません。


痛みがあって考えられる主な病気は、

・子宮内膜症

・性病

・子宮筋腫

です。


痛みがだんだん強くなってきているときは特に注意が必要ですよ。

痛みが強くなってきているということは、例えば筋腫が大きくなってきているということが考えられるからです。

Fnnwgt7cmtg5ol6noaaf

痛い辛い思いしている女性が多いバックでの挿入。

でも男性が大好きな体位なので、出来れば断らずに挿入させてあげたいところです。


そもそもどうして男性はバックが好きなのでしょうか?

その理由について見ていきましょう。

①男性がバックを好きな理由は征服感

セックスのときの好きな体位で1、2位を争うくらい男性が好むのがバック。

その一番の理由は、征服感が味わえることです。

特にSの男性にはたまらない体位です。


女性を四つん這いにさせて後ろから支配している感じが男性にはたまらなく、犯している気分も味うことが出来ます。


女性が男性に「早く挿入してください」と言わんばかりの格好で構えているのも最高のようです。

②恥ずかしい部分が全て丸見えになるから

女性のお尻の穴までキレイに見えるバック。

女性からすると、これが恥ずかしいですけどね…。

でもこの普段見えない部分がすべて丸見えになってしまうことに男性は興奮します。


さらにおちんちんがおまんこに挿入されているとこがしっかり見ることが出来るのも、興奮ポイントです。

③羞恥心を感じている女性を見るのが好き

四つん這いになるのが恥ずかしいという理由から、バックが苦手と言う女性も多くいます。

でもそんな羞恥心を感じているところが男性からすると興奮してしまうのです。


「見ないで…」

「恥ずかしいよ…」

なんて女性が言葉に出すと、もっと見たくなって男性を興奮させてしまいます。


恥ずかしがってる割には、挿入してピストンするとアンアン喘ぐ。

このギャップも男性は好きなのです。

Ksmukxftafieghi4cq2s

セックスの最中にどうしてもこれ以上我慢するのはキツイと感じたら、痛いと伝えても全然問題ありません。


私もつい最近、あまりに痛みが酷くて「痛いから止めて欲しい」と伝えました。


セックスを中断することになってしまって申し訳ないという気持ちになりましたが、「気付かなくてごめん!じゃあ違う体位で!」と体位を変えて挿入してくれましたよ。


痛いとどうしても言えないのであれば、違う体位にしたいと伝えてもいいでしょう。


私は昔言えなかったときに「騎乗位してあげる!」と自ら体位を変えました。

騎乗位もまた男性が大好きな体位なので、騎乗位してくれるならいいよ!という感じですんなり体位を変えることが出来ました。

相手のスペック

身長:170cm

体型:普通

年齢:29歳

職業:サラリーマン

チンコのサイズ:大きめ

出会うまでにかかった金額:0円

出会いのきっかけ

出会いのきっかけの詳細はこちら

バックが痛くて苦痛!悩みまくった体験

とても優しくて素敵な彼氏なのに、どうしてもセックスで痛みを感じてしまう。

これが悩みでした。


「また今日も痛いかも」と思うと憂鬱でしたね。


体の相性が悪いのか、私に病気があるのか…まずは原因を探ってみました。


私はかなり濡れやすい体質で、少し愛撫しただけで愛液がダラダラと流れてしまうくらい濡れていたので、恐らく愛撫が不足していることはないだろうと思いました。


挿入前の手マンでは、愛液がグチュグチュと音を立てているくらいでしたからね。


そして挿入されていたいと感じるのは、バックが一番多いということに気付きました。

結構おちんちんが大きい彼だったので、どの体位でも初めは少し痛みを感じたのです。


でもすぐに慣れて痛みはなくなっていました。


ですが、バックは突かれている間ずっとお腹が痛いのです!

Woman1

痛いけど…でもこれを伝えたら空気読めないと思われそうだし我慢するしかないな…

挿入でピストンされるたびにお腹に痛みが走りました。

でも痛いなんて言ったらせっかくのセックスが台無し。


気持ちよさそうにしている彼にそんなこと言えない。

私が我慢して済むなら黙っているのが一番いいのかもと思っていました。


でもあるとき、もうこれ以上突かれたらお腹が痛すぎて我慢出来ないかもと思うときがありました。

Woman1

ごめん、ちょっと痛くて…奥まで突かないでもらっていい?

Man1

痛いの?ごめん。うん、浅くピストンするよ。

思ったよりセックスの空気は乱れず彼は激しくピストンするのをやめてくれて、さらに奥まで突かないように気を付けてくれました。


すると今まであった痛みが一気に消えたのです。


やっぱり子宮まで激しく突かれていたことが痛みの原因だったことが分かりました。


バックは彼が大好きな体位でもあり、バックで挿入しないときはないくらいだったのでちょっと申し訳なかったのですが、彼はその日からバックでの挿入をあまりしなくなりました。


さらに挿入したときは、

Man1

痛くない?大丈夫?

と気にしてくれるようになったのです。


セックスの最中に痛いと伝えるのは勇気が要りますが、ちゃんと伝えて良かったなと思いました。

バックがあまり出来なくなってしまったので、代わりに私はテクニックを磨いて違う体位やフェラで彼をいっぱい気持ちよくさせてあげようと頑張っています。


痛みが軽減されたおかげで、セックスがもっと楽しめるようになりましたよ。