happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Category性交関係

【エロ女子が解説】オーガズムを感じる方法とは?イキにくい女性がイキやすくなるために!

「オーガズムを心置きなく感じたい!」と思いつつも、なかなか思ったようにイケない女性も多いもの。オーガズムを感じるには慣れも関係しているので、コツをつかめばイキやすくなります。今回は、イキにくいと感じる女性がオーガズムを感じるための方法を紹介します。

この記事に登場する専門家

アブノーマル子のサムネイル画像

風俗経験ありエロ好き女子

アブノーマル子

女の子だって性欲はあるんです!をもっと世の中に広げたい!内緒ながら風俗店では淫乱キャラで数多の男を骨抜きにしてきました…。キャバやスナック経験からありとあらゆる男性とのコミュテクを会得してきました。もちろん素人のナンパさんも歓迎です♡夜のテクニックを伝授します!

オーガズムって何?オーガズムを得る方法は?

こんにちは!仕事の日も休みの日も、気持ちの良いセックスとオナニーを日々探求しているアブノーマル子です。


女性としては、セックスでもオナニーでも、常に気持ちよくいたいもの。オーガズムを感じること、つまりイクことにこだわる女性も多いのではないでしょうか。


しかし、オーガズムを感じたことがない女性や、オナニーではイケるけどセックスではイケない女性など、悩みを持つ人も少なくありません。


特にセックスでイクかどうかは、相手の男性への妙な気遣いもあって「イケないと悪い気がする」と演技をしてしまうなど、女性としては苦しい思いをすることも。


今回は、オーガズムを感じる方法について紹介します。

外イキはできるけど中イキができない人も

外イキとは、クリトリスでオーガズムを感じること。対して中イキは、膣にあるGスポットでオーガズムを感じることです。


一般的に、外イキはしやすいといわれています。実際、オナニーでも快感を得やすい部位なだけに、自身の手やアダルトグッズなどでオーガズムを感じられる女性も多いはず。


しかし、よく「外イキはできるけれど、中イキはできない」ということがあります。中イキはGスポットを刺激しなければならない性質上、オナニーで快感を得るにはコツが必要。


セックスでも相手の男性のペニスとの相性が影響しますし、セックスの長さやクセによってもイキやすさが変わります。


中イキにはある程度の慣れが必要で、最初から中イキができる女性は珍しいのかもしれません。

オナニーではイケるけどセックスではイキにくい人も

これは外イキにも中イキにもいえることですが、「オナニーではイケるけれど、セックスではイケない」という女性がいます。


理由のひとつとしては、「オナニーに慣れすぎ」


ある程度感度を上げて感じやすい体をつくるためには、オナニーは有効です。


しかしオナニーに慣れすぎると、自分で自分の気持ちいいところを把握しているだけに、セックスではそこ以外を刺激されてもオーガズムを感じにくくなってしまうことも。


また、特に外イキでローターなどを使いすぎていると、男性の手や口での愛撫では刺激が物足りなくなってしまいます


セックスでオーガズムを感じられないもうひとつの理由としては「緊張やトラウマ」もあります。


男性とのセックスに苦手意識があったり、緊張が激しすぎたりすると、快感を得るどころではなくなってしまいます。


また、セックスそのものにトラウマがある場合も同様。


痛みが激しかった、セックスに良い思い出がないなどの理由から、セックスに恐怖心を持っていると快感を得られません。

オーガズムを感じやすい女性・感じにくい女性

イキやすさは個人差がある

オーガズムを感じにくい女性は「わたしはおかしいのかな」と悩みがちですが、実際はイキやすさは個人差があるものなので、おかしいとは思わなくて大丈夫です。


また、「潮吹き」についても同様


よくAVの影響で、「女性は本当に気持ちがいいと潮吹きするもの」と思っている男性もいるのですが、実際はこれも体質や経験値によります。AVでは潮が吹いているように演出していることも多いので、すべての女性がああいう感じ方をできるわけではありません。

慣れによってイキやすさは変わる

最初はイキにくい女性でも、経験値を増すごとにイキやすくなってきます。


これはオナニーでもセックスでも同じこと。


オナニーさえ普段からしない女性の場合は、どうしてもオーガズムは感じにくい体になりがち。体の感度を上げるという意味では、オナニーをして性感帯を開発しておくのが良いでしょう。


また、セックスにおける中イキの場合はオナニーでの性感帯開発はもちろん、パートナーとの相性も影響します。


ペニスの大きさや硬さ、角度などでも変わってくることなので、積極的に体位を変えたりアダルトグッズを使うなどして、セックスのなかでもイキやすくなる工夫をしてみましょう。

緊張やトラウマがあるとイキにくい

オーガズムを感じられない女性のなかには、緊張やトラウマを抱えている女性もいます。


緊張する例としては、次のような場合があります。



・セックスの経験が浅く、行為そのものに緊張してしまう


・あまりにも好きな相手とのセックスで緊張してしまう


・人に見られそうな場所、声を聞かれそうな場所でセックスに集中できない


・自分の身体やセックスの仕方に自信がない(体形や容姿のコンプレックス、パーツの色や形へのコンプレックス、においへのコンプレックス、声へのコンプレックスなどを含む)



また、トラウマを抱える例としては、次のような場合があります。



・セックスで痛い思いをした


・セックス中に暴言を吐かれたり傷つくことを言われたりしたことがあるため、セックスをするのが怖い


・レイプ経験がある



トラウマを抱える場合は、自分やパートナーの努力だけでは改善には限界があることも。もし抱えきれないと思った場合には、カウンセリングを受けるのが良いでしょう。


また、セックスで挿入時の痛みが強い場合には、膣や処女膜になんらかのトラブルがある可能性もあるので、婦人科を受診して治療するのがおすすめです。

【女性向け】安心に出会えるアプリ!

話している人物の写真:女性3

何か楽しいことないかなー?最近出会いなくてつまらない・・

女性が輝きは、出会いの経験で決まる!


『日々の生活に、ちょうどいいくらいの刺激が欲しい人』

『身バレせずに、パートナーを探してみたい人』

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99

顔出し不要で出会えるのって安心ですよね!もちろん無料だし、〇inderなんかと違って、紳士的な男性が多いので、おすすめです!

話している人物の写真:女性5

顔出し不要だし、友達が使っているから、安心!(32歳/OL)

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99