happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Category性交関係

MDMA服用後のセックスは快楽に溺れる⁈合法でキメセクが楽しめる媚薬10選!

一度ハマったら抜けられないということも聞く「MDMA」などの薬物を使用したセックス、すなわち「キメセク」。通常の何倍もの快感を得られるということで、危ない橋を渡って「キメセク」をキメる人々がいるのです!今回はクスリの紹介、また「媚薬」についても見ていきます。

この記事に登場する専門家

えりかのサムネイル画像

海外在住のエキスパート看護師♡

えりか

オーストラリアでクリニカル・ナース・スペシャリスト(専門看護師)として働く現役ナースです。年間表彰を2度受賞し、師長代理として師長会議にも出席経験あり。専門性知識やキャリア経験を活かしながらお悩み解決情報を発信します♡

MDMA使用のセックスは感度が上がる?

どうも、看護師のえりかです。


普段生活している中で、「クスリ」や「ドラッグ」といったものは、「ドラッグストア」などて購入できるものや、処方箋で処方されたもののことを言うのではないでしょうか。


そんな日常からかけ離れたものとして「違法薬物」というものはあって、そのことについて知るのは「芸能人」が違法薬物で逮捕された!ということぐらいだと言えそうです。


なぜ「クスリ」を使用するのか、そのきっかけは色々あるとは思うのですが、クスリを服用することによって「セックス」の感度が上がるということも言われているとか。


いわゆる「キメセク」と言われるクスリをきめてやる「セックス」は、かなりの快感を得られるというのですが、実際はどうなのでしょうか。


そこで今回は「MDMA」をはじめとする色々なクスリの紹介や、そのクスリを使用した「キメセク」、そして「媚薬」を使用したセックスについても見ていきます。


そこで。。。まずはSNSで100人に、「セックスで媚薬を使用したことはあるか」を独自にアンケートを取ってみました。

個人的にこの割合は意外な結果でした。


予想よりもセックスを楽しもうと考えている方々が多いと言うことでしょうね。


それでは、媚薬も含め違法薬物の危険性等も覗いてみましょう。

MDMAをはじめとするクスリの効用は?

実際にクスリを服用するどのような効果があるのか、以下見ていきます。


クスリが身体にどのように作用するかを見ていきますが、決してクスリの服用を推奨しているわけではないので、それを念頭に置いておきましょう。

MDMA

「メチレンジオキシメタンフェタミン」、英語では「methylenedioxymethamphetamine」という凄まじい長さの単語の省略形として、「MDMA」はあるわけです。


通称「愛の薬」などと呼ばれることもあり、その理由は共感作用があることによってそう呼ばれるのです。


また、俗に「エクスタシー」とも呼び表され、「高揚感」を得ることができるために「エクスタシー」と呼ぶのが定着したと言えるでしょう。


日本においては、丸い錠剤が多いことから「玉(たま)」という俗称があります。


「MDMA」を経口で摂取することによって、30分から1時間で「多幸感」を感じるといったような精神変容が起こり、4時間から6時間ほど効果が持続するのです。

覚醒剤

「覚醒剤」は、間接型アドレナリン受容体刺激薬として中枢興奮作用がある「アンフェタミン」に分類されるもののことを指します。


日本での俗称では「シャブ」「スピード」「アイス」「白い粉」などといった名称で呼ばれることもある「覚醒剤」


「覚醒剤」の作用としては、脳のある部位に「ドーパミン」の過剰な充溢を引き起こし、「覚醒作用」「快感」を感じさせるのです。

LSD

「LSD」はドイツ語「Lysergsäurediethylamid」の略称であり、半合成の「幻覚剤」です。


純粋な形態においては透明な結晶であるものの、液体によっても製造することが可能です。


使用形態としては錠剤やカプセル、水溶液を染み込ませた紙片などが挙げることができるでしょう。


無味無臭無色で、ほんの微量であっても効果的に作用し、精神状態、環境、摂取経験、摂取量によって効用が大きく変化するという特徴を持っています。


LSDを摂取すると時間、記憶、感覚などが拡張されたような体験を引き起こし、摂取量や耐性などによって変化するものの6〜14時間ほど効果が持続するとされています。


また、ヒッピー文化と結びついた、サイケデリックロックといった1960年代末に起こったムーブメントに、「LSD」は欠かせなかったと言えるでしょう。

ヘロイン

「ヘロイン」は、アヘンに含有されているモルヒネから作成される麻薬を指し、バイエルン社の商品名として知られています。


血液の脳脊髄液の交換を司る機構である血液脳関門を突破し、「脳を乗っ取ってしまう」ということが言われるほどの、「最強最悪」と呼び表されるほどの効果を発揮するのです。


摂取方法は「注射器」「鼻から直接の吸引」「炙ってからの煙の吸引」というものが一般的。


注射の場合、皮下注射や静脈注射などが基本であると、薬物中毒の小説で有名であるアメリカの作家ウィリアム・バロウズが言及しています。


その効果は『オーガズムの数万倍の快感を伴う射精を全身の隅々の細胞で行っているような』『ありとあらゆる細胞から射精寸前や射精しているような通常の数万倍の快感が持続する』 


とも言われることからも分かる通り、通常ではあり得ないほどの効果を発揮するのです。

薬物には粉末や液状、錠剤などがあり、形状も様々です。呼び方や種類もたくさんあります。身体、精神に与える影響や、中毒の症状もそれぞれ違います。

https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kurashi/drug/drug/drug.html

警視庁

マッチングサイトで出会う!セックスが超うまくなる!

セフレをもっと作りたい?


実は、Jメールには大人の関係を求める女性が多いです。女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使うもの。それに気づけるかがポイントなのです。

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

なんとA〇女優や女子大生、人妻、コスプレイヤーもいます。Jメールは女性向けにも安全性をアピールしているので、最近の若い女の子が多い印象です。


登録無料、デイリーボーナス使えばお得に使えます!まずは登録!

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

MDMAを含む色々なクスリの副作用と依存性は?

クスリによって、いくら多幸感や陶酔感を得られると言っても、身体に激しいダメージがあるために法律によって禁止されているわけです。


常用することによる中毒症状によって、クスリが切れた時の苦しみや、場合に至っては私に至ることもあるクスリの服用。


そんなアディクション状態になった場合の危険性も知識として知っておいた方がいいでしょう。


それでは、それぞれのクスリに特有の副作用や中毒性を見ておくことにしましょう。

MDMA

「愛の薬」とも呼び表されることのある「MDMA」ですが、その依存性や副作用はどの程度のものなのでしょうか。


アカゲザルにおける動物実験の治験によれば、「MDMA」の自己投与は継続的には続くこともなかったようです。


他の霊長類や齧歯類などの動物実験においても、効果による行動を強めたり弱めたりする強化因子は、他のクスリと比較した場合、「MDMA」は弱いと分類されるようですね。


人間においても、アルコールやタバコ、ヘロインなどと比較したとき、それらよりも依存性は低く、頻繁に服用する人でさえ、集中的に使用することはあまりないうようです。


副作用はというと、アメリカの臨床試験において、心拍数、血圧、体温の上昇があったものの、それは一過性のもので許容範囲内だと。


また、使用翌日に「抑うつ」な気分になることが報告されていたり、あまりに過剰に摂取すると重篤になる危険性もあります。

覚醒剤

日本でクスリという場合、「覚醒剤」という呼び名がもっともポピュラーであると思うわけです。


それは全てのクスリを一纏めに「覚醒剤」と認知していて、クスリのそれぞれの種類についての知識がないためかも知れません。


それでは、そんな「覚醒剤」の依存性と副作用を見ていきましょう。


まずは、副作用についての症状を挙げていきます。


血圧の上昇、かなりの発汗、異常な喉の乾き、瞳孔が過度に拡大する散瞳。


他にも便秘になったり、挙動不審となったり、過覚醒による不眠など、多岐に渡ります。


もっとも致命的なものはやはり過剰摂取によることによって死亡に至ることです。


依存性はというと、2006年の覚醒剤による再犯率は41.6パーセントというかなり高いものとなっていますね。


さらには、身柄釈放から1年以内に28.1パーセント、2年以内に49.8パーセントが再度覚醒剤事犯によって検挙されています。


このことからもかなりの依存性があると言えるのではないでしょうか。

LSD

「LSD」と聞くとロック好きの私としては、やはり1960年代後半に花開いたムーブメントに思いを馳せてしまうわけです。


そんな「LSD 」の依存性と副作用はどのようなものなのでしょうか。


「LSD 」を服用すると、血圧、体温、心拍数が上昇し、さらに不眠、食欲不振、目眩、悪寒、吐き気などの症状が起こります。


これらの症状は服用量には相関せず、このことと併せて精神症状に影響を及ぼすことが知られています。


また、知覚の変容が起こることにより、知覚が増幅され色彩がより強烈に鮮明に感じたり、音楽の情感が増大するということも。


音楽が視覚化されるように感じるということもあり、ミュージシャンに多用されたことも肯けますね。


依存性はあってもごくわずかだとされていますが、幻覚や恍惚を得ることができるというトリップを経て、それに対するバックラッシュによって自殺に至るというケースもあります。

ヘロイン

「最強最悪」とまで呼ばれるクスリである「ヘロイン」ですが、その依存性や副作用はどのようなものなのか、かなり興味を惹かれてしまいますね。


依存性についていうと、クスリの危険性を最高3点とした研究結果として、快感3点、精神的依存3点、身体依存3点と、すべて最高の数値を叩き出しています。


すべてが最高の数値を叩き出す、唯一のクスリということなのです。


依存性というテーマから言えば、その依存性は間違いなくトップクラスということですね。


「ヘロイン」が切れると、吐き気、嘔吐、筋肉痛、涙、鼻漏、散瞳、発汗、下痢など多用な副作用の他、「ヘロイン」ほしさに酷く落ち着かない挙動を取ることになります。

私たちの脳は、すごいスピードで情報を処理し、心と身体をコントロールする優れた仕組みを持っています。 しかし、薬物を乱用すると脳の仕組みにダメージを与え、乱用が続けられるなかで様々な障害を引き起こします。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/no_drugs/use/index.html

東京都福祉保健局健康安全部薬務課

キメセクは違法だと分かっていてもハマってしまうセックスなのか?

一度ハマると抜けられないとウワサの「キメセク」ですが、上述のクスリの説明でも分かるように、クスリを使用することによって快感の度合いが上がるようです。


ただでさえ、気持ちのいい「セックス」ですが、その快感が上がるとあれば、興味を抱いてしまうこともあるかもしれません。


ですが、クスリの副作用や依存性のところでも見たように、マイナスな面がかなりあることも事実です。


何より、それが違法であるということを心にしかととめておいた方がいいでしょう。


とりあえず、ここでは「MDMA」を使用した「キメセク」は実際のところどうなのかを見ていきましょう。

MDMAを使用したキメセク

「MDMA」と聞くと「クラブ」などにおいてよく使用されるという話がありますね。


爆音と光とダンスという、何も使用しなくても「トランス」してしまいそうな場所ではありますが、そこで「テンション」が爆上がりし、ホテルへゴールインというわけです。


「エクスタシー」という別名を持っていることからも分かるように、この「愛の薬」「キメセク」においてピッタリだとされています。


使用することによって「共感作用」「多幸感」が増し、「セックス」という行為がいつも以上に盛り上がるとも言われているわけですね。


また、感情を昂らせる効能もあるため、セックスの最中の相手の反応によって感情がさらに高まり、それを見た相手もまた、という感じもあるようです。


このように「セックス」が盛り上がると言われる「キメセク 」ですが、「クスリ」が違法であることを考えると、そこに手を出すのはやめておいた方がいいでしょう。

巷で出回っているエクスタシーも他のLSDやアンフェタミン、ケタミンなど様々な薬物がほぼ100%混ぜられているため、非常に危険性が高いです。 そのため、理論上エクスタシー自体は危険性は低い「可能性」がありますが、使用は非常に危険という結論になります。

https://goldclinic.jp/ED/sex/drug

GoldClinic

媚薬セックスとは?MDMA並の効果はある?

「MDMA」などのクスリは違法なため、警察に捕まるリスクを考慮すると、やっぱり躊躇してしまう人が大半だと言えるでしょう。


そこで候補として挙がるのが媚薬を使用したセックス、すなわち「媚薬セックス」です!


一番気になるところは、「媚薬セックス」「MDMA」などの薬を使用した「キメセク」と、どのくらいの違いがあるのか、それとも同等なのか?ということでしょう。


「媚薬」という字面からわかるように、性的な興奮を亢進させる薬のことですが、その種類も様々です。


大まかなものを挙げると、飲み物と一緒に飲み下す「液体媚薬・錠剤媚薬」、性感帯や局部に塗る「媚薬クリーム」、催淫効果を持つ「媚薬香水」などです。


結果から言うと、「MDMA」などといったクスリを使った「キメセク」ほどの「悦楽」を得ることは難しいかも知れません。


しかし、もし「セックス」マンネリを感じているなどといった倦怠期には、その効果をしっかり発揮してくれることでしょう。


どうせ「セックス」をやるならば、どう考えても「気持ちいい」ほうがいいわけで、そのための一つの活力剤として、「媚薬」を使用したセックスはオプションとしてありです!

テストステロンは性欲を亢進し、異性を惹きつける体臭フェロモンを発散して、あなたの積極性や性衝動を高め、脳内でドーパミンという神経伝達物質を促して、勃起を促すと言われています。今風に表現すれば「肉食系」になる作用と言えましょう。

https://daito-p.co.jp/essay/philtra.html

大東製薬工業株式会社

㊙セックステクを磨くコツ!

皆さん、セックスしていますか?


自粛期間だから合コンを開けないという人も多いです。

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902
話している人物の写真:男性3

こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策ですよ!

エロい女の子と出会うのは、この2つのアプリが大定番。好みに合わせて使い分けてくださいね。

おすすめアプリ①Jメール

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

20代女子でエロに興味がある女の子は、Jメールを使っています。


とにかくセフレ探しに強いのが特徴。セックスに飢えた女性が多いので割り切り目的で使うのが良いです。周りの友人も相当使っていますね。

話している人物の写真:男性1

学生もけっこういるし、若い子の間で流行っているのかも。やっぱ若い子の肌は最高(33歳/会社員)

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

おすすめアプリ②PCMAX

https://pcmax.jp/lp/?ad_id=rm306675&mode=lp38

PCMAXは群を抜いて出会いやすいです。恋愛目的の女性もいて女性の質は高いです。セフレが欲しいけど、恋愛も!という方に合ってますね。

話している人物の写真:男性1

無料ポイントも結構もらえるから、思ったよりお金かからないね。3000円あれば十分楽しめる。(29歳/飲食業)

https://pcmax.jp/lp/?ad_id=rm306675&mode=lp38