O3mtymfr53mxhdb4bxbw

日本

CATEGORY | 日本

川崎の治安が悪い理由を徹底解剖!地区別の治安もご紹介!蒲田と比べてどっちが住みやすい?

2020.11.27

神奈川県川崎市は、首都圏の住みたい街ランキングの上位の常連でとても人気がある街です。でも一方で、昔から治安の悪さが指摘されています。本当に川崎は治安が悪いのか?実際に川崎に住んでいた経験があるので、肌で感じた川崎を詳しく紹介していきます。

  1. 川崎はこんなところ
  2. 川崎の治安の悪さを象徴するような事件
  3. 地区別の犯罪数データ
  4. 治安の悪さではおおひん地区が一番か
  5. 川崎と蒲田とではどちらが治安悪い?
  6. 住んではいけないと言われるけど実際の住み心地は?
  7. 川崎は実は子育てにオススメ
  8. 場所を選べば住みやすい川崎
Wns1epi0alvkesbdt0bk

こんにちは、筋肉系旅好きライターの空手パンチです。今回は川崎に住んでいた経験を元に川崎の治安についてスポットを当てていきます。


川崎市は神奈川県の北東部に位置する、7つの区を有する政令指定都市になります。東京都と横浜市に挟まれており、渋谷や新宿、横浜にすぐにアクセスできるので、首都圏における住みたい街ランキングでは常に上位に入る人気の街です。


近年は武蔵小杉に代表されるように、駅周辺の再開発で大型のショッピングモールやタワーマンションの建設などによって地価がどんどんと上がっている地域もあり、とても注目されています。


その一方で、川崎の治安の悪さは昔から有名なのも事実としてあります。以下から川崎の治安について深堀していきます。

川崎市中1男子生徒殺害事件

2015年におきた「川崎市中1男子生徒殺害事件」はとても凄惨な事件だったため、この事件がきっかけとなり、「川崎は治安が悪い」というイメージがより鮮明になってしまいました。


少年3人が、同じグループの中1の男子生徒を真冬の多摩川で泳がせた後に、河川敷において刃物で首を数回刺して殺害するという事件です。あまりにもむごい事件だったので、テレビやインターネット放送でも連日取り上げられていました。


犯人らがイスラム国にちなんで「川崎国」と自らを名乗っていたので、川崎のイメージが一気に悪くなりました。


また、犯人が全員未成年だったので少年法のあり方が国会で議論されるなど、この事件が与えた影響の大きさがわかります。

Pc3wsmjyb4arxgzklh5z

川崎市は7つの区によって構成されおり、区によって犯罪率も異なっています。犯罪数の多い区から見ていきましょう。

①川崎区

川崎市の中で犯罪率トップは川崎区です。川崎駅の周辺で繁華街やソープ街、競馬場もあり川崎市の中で最も犯罪率が多い区です。有名な「おおひん地区」も川崎区です。神奈川県全体でみても、横浜市中区、横浜市西区に続いて堂々の第3位になっています。夜の繁華街を歩いていると、やはり飲み屋での喧嘩が多いですね。逆に風俗街はいかつい客引きが立っていますが、丁寧に挨拶をしてくれます。犯罪率0.96%

②幸区

第2位は幸区です。大型商業施設のラゾーナ川崎がありますが、川崎駅からも比較的近いため、犯罪率も高めです。実際に幸区に行った事もありますが、イメージは「全体的に暗い」という感じです。犯罪率は0.58%

③多摩区

多摩区はよみうりランドや藤子・F・不二雄ミュージアムなどのテーマパークがある地区です。畑も多く緑も多い地区でのんびりとした地域ですが、登戸駅周辺は昔から治安はあまり良くありません。20~30年前は不良だらけだったイメージがあります。南武線で登戸からリーゼントのツッパリ達が乗ってきて怖かった思い出があります。最近では登戸通り魔事件がありました。犯罪率0.49%

④中原区

今をときめく武蔵小杉がある川崎市の中間にある地区です。東横線や目黒線などが乗り入れているので、渋谷まで15分、横浜まで20分ほどで行けるアクセスの良い場所です。中原区に住んでいた経験がありますが、怖い経験をした事はありません。ただ、駅から遠い地区は街頭が薄暗い場所も多く、ひったくりなどの事件もたまに発生しています。犯罪率0.46%

⑤高津区

高津区は中原区の隣で、大型の商業施設がある溝の口が人気の街です。ただ、過去には強盗殺人事件などもありました。多摩川沿いの二子新地は以前は住民のガラが悪くてイメージは良くありませんでしたが、川向こうの二子玉川の再開発によって現在はだいぶ良くなりました。犯罪率0.36%

⑥麻生区

麻生区は小田急線の新百合ヶ丘駅を代表とする人気のエリアです。新宿まで約30分、相模湖方面へもアクセスしやすく、家族で住みやすい地区です。犯罪率も少なく、川崎の中のセレブ地区とも言われ昔から治安が良いイメージの区です。「あれ?ここも川崎だっけ?」なんて思えるほど平和な街です。犯罪率0.29%

⑦宮前区

川崎市の中で最も治安の良い区が宮前区です。平成18年に梶ヶ谷トンネルで女性が通り魔で殺害された事件がありましたが、今では治安の良さで麻生区と競り合ってます。田園都市線沿線の閑静な住宅地です。ただ、自分の印象は街頭が少なくて暗いので、夜は子供や女性が一人で歩くのはやめた方が良いと思います。犯罪率0.26%

川崎市の地区別の犯罪率ランキングで堂々の1位だった川崎区ですが、その川崎区の中でも「おおひん地区(桜本、浜町、大島、池上町)」と言われる工業地帯があります。「川崎市中1男子生徒殺害事件」が起こる前は、川崎の治安の悪い印象としてこの「おおひん地区」が挙げられていました。


なぜ「おおひん地区」が治安が悪いとされるのか?以下にまとめましたので見ていきましょう。

工業地帯として

おおひん地区の歴史は京浜工業地帯の歴史と言っても過言ではないでしょう。1900年代におおひん地区を工業の町にすると定められて、工場を続々と建設するようになりました。

コリアンタウンとして

一大工業地帯として発展していくと共に、仕事を求めて続々とおおひん地区に朝鮮半島からコリアン達が渡ってきました。


朝鮮人達はバラック小屋を建てて、それがバラック郡となり、路地もどんどんと複雑化していきました。


トラックだらけの産業道路を中心に、工場の出す排気などにもまみれる環境で、家賃が安く、朝鮮人だけでなく日本人も多く住んでいます。


その中で、住環境の問題や差別問題、貧困の問題などで、治安が悪化。現在でも入り組んだ路地やゴミの散乱など、決して綺麗とは言えません。歓楽街・風俗街や競輪・競馬場も近く、おおひん地区はお世辞にも治安が良いとは言えない環境です。


実際の印象も、かなりディープです。先入観もあると思いますが、歩いている人はチンピラ風が多いです。でも、興味があれば実際に行ってみる価値はあると思いますよ。

Xp0k4d42zk6hz4z15hgs

川崎の隣町の蒲田の治安事情

川崎と蒲田ってよく「どっちが治安が悪い?」と比べられます。川崎在住の人間は「蒲田は治安が悪いから行かない」、逆に蒲田在住の人間は「川崎は治安が悪いから行かない」って本当に言い合っています。


じゃあ、実際のところはどうなんでしょう?


犯罪率は蒲田のある東京都大田区は1.32%となっています。犯罪率でみると川崎市川崎区の0.96%を上回っていますね。


ただ、大田区と言っても、大富豪の町の田園調布も大田区だし、範囲が広いので蒲田だけで考えると、圧倒的に蒲田の方が犯罪率が高い計算になります。

川崎と蒲田の歓楽街を歩いた感想

数字の上でみると川崎よりも蒲田の方が治安が悪いと出てますが、実際に川崎と蒲田の歓楽街を歩いてみました。


ぶっちゃけ、同じレベルの肌感覚です。川崎にも蒲田にも風俗街もあるので、それなりの街の雰囲気で、空気感は似ていますね。

Xaxpjr6h6euexjae9uzk

実際に川崎に住んでいました

ネットで「川崎には住んではいけない」なんて書かれていますが、自分は実際に川崎市に20年住んでいました。


結論から言うと「住めば都」です。治安の悪さは感じた事はありませんでした。


自分は犯罪率ランキング4位の中原区と、5位の高津区に住んだ経験があり、他の区にも全て行った事があります。


住んでいた中原区と高津区では、治安が悪いなんて一回も思った事はありません。20年程前は南武線沿線の武蔵中原や武蔵新城では暴走族やらヤンキーやらが多かったですが、絡まれたり揉めたりはした事がありませんでした。


ただ、やはり川崎区と幸区は治安は悪いですね。


特に、川崎区の繁華街はただのカオスです。大通りに競馬場があり、その先の交差点には風俗店、奥に行くともっと風俗店。そして安い飲み屋。また、マンションのすぐ隣が風俗店だったりします。幸区はラゾーナ川崎ができる前は、暗くて事件ばかり起こっていた印象が強かったです。


おおひん地区の工場ばかりの通りは、晴れてるのにいつも上から液体状のものが降って来るので、車から降りたくありません。

Bmx0l6eaw9p2weemi8j6

住みやすく子育てにはオススメ

川崎は首都圏から近い上に緑も多く、のんびりとした環境です。多摩川や大きめの公園も多く、大型商業施設も各地にあるので、子育てにはとても良い環境です。


子育てで移住を考えるなら、駅周辺を見てみると良いでしょう。繁華街があると酔っ払いの喧嘩は必ずあるので、治安の良い地域を中心に考えましょう。東急田園都市線の沿線は風俗街やパチンコ店はなく、ファミリー向けとも言えます。


都内よりも家賃が安い場合も多いのもオススメの理由です。

川崎の子育て支援は?

川崎市では子供の成長に合わせた支援があります。

具体的には、

1才になるまで栄養食品の支給。

0才から中学3年まで小児医療助成。

放課後などに子供を預ける事ができる施設があります。

などが現在ではありますが、川崎市としても子育て支援に力を入れていくようなので、今後もっと支援策が検討されると思います。

W4ryrv3jj7oxkd2tqmtc

川崎は場所によって治安の悪いところもあれば、治安が良いところもあります。また治安が良くても駅から離れると街頭が少なく、暗い道も多いので、なるべく女性や子供は一人で出歩かないなど気をつければ、安心して住む事が出来ると思います。


武蔵小杉や溝の口などは、渋谷や新宿に出ないでも買い物が全て完了してしまう程、便利な街へと変貌しています。次のお休みの日に一度行ってみてはいかがでしょうか?

筆者のブログはコチラです

川崎のデートスポットはこちら!