Bwvhuloih17edzn5vk68

アジア・オセアニア

CATEGORY | アジア・オセアニア

台北・桃園国際空港に深夜着いてしまった時の有意義な過ごし方を台湾大好き冒険家がレクチャー!

2020.11.27

台北へ行くとき、安い飛行機を選ぶと、夜の11時以降に空港につく便だった、という事が多々あります。そんな深夜着の便になってしまった時どうしますか?桃園国際空港の両替所事情や、空港泊のしやすさ、街中へ出られるかどうかを説明します。

  1. 台北に深夜着したらどう過ごそう?
  2. 台北に深夜着したら両替はできる?
  3. 台北に深夜着いた時の過ごし方
  4. 台北に深夜着した際に桃園国際空港で泊まるには
  5. 台北の空港に泊まるときの注意点
  6. 台北は深夜着しても危険なし!
台湾到着!

こんにちは!うなお丸です。


ローコストキャリア(LCC)などで台湾へ行くとき、深夜に到着してしまう、という事が多々あります。

LCCは早朝出発便であったり、深夜の離発着便が多いので、そういった意味ではそこからどうやって移動するか?そして深夜どのように過ごすのか?がネックになってきます。今回はそういった深夜着の便で空港についたら、と言う点に絞って解説をしていきたいと思います。


なお、記事の中に登場する料金は

1台湾元=1.66円(2020年2月レート)にて計算しています。

両替所

台湾旅行の際に必要になる、台湾通貨。

日本で両替すると手数料が高いので、台湾についてからする、という人もいるのではないでしょうか。


台北の玄関口にあたる桃園国際空港には、いくつもの両替所があります。

空港に飛行機が発着する時間帯は、両替所を開けていなくてはいけない、という決まりがあるので、24時間開いている店舗もあります。

なので、真夜中についても両替に困ることはありません。


第一ターミナル、第二ターミナルともに、税関を抜けてすぐのところに台湾銀行の両替所があります。

そこは24時間お店が開いていて、いつでも旅行客を待ってくれています。


なお、写真は2019年12月当時のレートになってます。

1)街中に出てしまう方法

 バスやタクシー乗り場への案内

國光客運バスで


桃園国際空港に深夜着になった場合、一度台北駅に出てしまう方法も存在します。

電車は営業を停止しているのですが、國光客運のバスが24時間運行しており、台北駅まで行くことができます。


夜中に台北駅に着き、そこから桃園国際空港に行きたい場合でも、同じ路線が使えます。

引用: https://www.instagram.com/p/B8jJ3I2DYKQ/?utm_source=ig_web_copy_link

02:30までなら10〜15分ごとに、それ以降は30分に1本のペースで出ています。

1819番のバスを用いて、所要時間は40分から1時間ほどです。


料金は140元(約510円)となっています。

バスのチケットは、各ターミナルにあるTicket Counterに行けば購入することが可能です。


時刻表などの詳細はこちら

引用: https://www.instagram.com/p/BiVVHJPBAHm/?utm_source=ig_web_copy_link

タクシー


真夜中でも、空港前や台北駅前にはタクシーが止まっているので、それでも台北へ出られます。

大体1000元〜1500元程度で利用する事が可能です。

日本の料金を考えると良心的な価格設定ではありますね。


利点としてはホテルへまっすぐ行ってくれること。

疲れた身体で荷物を抱えてバス停から移動、という事が無いので、かなり良いのではないでしょうか。

台湾ではタクシー強盗とかは少ないので、安心して利用してください。

台北のホテルかネットカフェかサウナに宿泊

台湾のホテル

街中や空港へのアクセスとしては、バスまたはタクシーという事がわかりました。

それでは真夜中の台北にはどういう場所があるのでしょうか?


連絡を入れておけば真夜中チェックインが大丈夫なホテルもありますし、またネットカフェも存在します。男性一人旅行であれば、夜中に飛び込みでのサウナも選択肢に入るでしょう。


ホテルのいい所はチェックアウト時間まではのんびりとできる事があげられます。

家族連れにはかなりおすすめの形態であると言えます。


また、ネットカフェに関しては安価で止まりやすいですが、ゆっくり体をのばして休めないので、体力的にしんどい時にはきついかもしれません。ただ、日本と同じようにきちんとしたソファーやパソコンブースがある他、翌日からの情報収集などには持ってこいであると言えるでしょう。


最後のサウナですが、台北市街に幾つか存在し、日本のスーパー銭湯のような施設と仮眠室があるため、トランジットで街中に出てきた男性が良く宿泊しています。女性は残念ですが宿泊できません。

台湾のすき家

24時間営業の食べ物屋さんもコンビニも多くありました。

2)空港近くのホテルへ泊まる

引用: https://www.instagram.com/p/B4Mpd35DI33/?utm_source=ig_web_copy_link

桃園国際空港からは、ノボテル台北などいくつかのホテルがあり、少し離れた所にもバックパッカー宿やホテルが存在します。


最も交通の便が良いホテルがノボテル台北と言えます。

五つ星ホテルなので居心地は最高ですし、窓からは空港を見下ろすことが出来ます。ただし、少し値段が張るのが心に痛いところ。

桃園空港から近くはありますが、次の日に台北への移動を考え、またホテルへ泊まるということを考えると、台北でホテルを取った方が計画が立てやすいともいえるでしょう。


ノボテル台北には、空港からのシャトルバスでアクセスする事が可能です。

ノボテル台北の詳細情報

台湾語名称:台北諾富特華航桃園機場飯店

住所:No. 1-1, Hangzhan S Rd, Dayuan District, Taoyuan City, 台湾

電話番号:+886 3 398 0888

公式サイト


シャトルバス情報


シャトルバス時刻表

3)空港で寝てしまう

引用: https://www.instagram.com/p/B8gHu2vhrNH/?utm_source=ig_web_copy_link

さて、最終手段として、空港で泊まれるか?と言うことになるのですが、結論から言うと泊まれます。

ただ、ターミナル別に寝やすい場所と寝にくい場所が存在するのも事実です。

桃園国際空港に泊まるときに気になることについて、下記で詳しく紹介します。

桃園国際空港の治安について

子どもたちに人気のソファ

台北は全体的に治安が落ち着いており、空港でもあまり危険を感じることはありません。

寝ていても強盗にあったり殴られたりしたと聞いたことがありません。

ただし、不特定の人々が出入りしますので、貴重品は身につけておくようにしましょう。

泊まりやすい場所

第一ターミナル一階セルフチェックインカウンター付近で一泊

おすすめは第一ターミナルの出発ロビー近辺。ここは大きいソファーなどが存在します。

第二ターミナルのレストランが並んでいるエリアのソファーも大きく、Dエリアには無料のマッサージチェアーもあって大人気。


また、ほかの所もソファーであったり、過ごしやすい設備が多くあります。

フードコートなどのソファーでも数多くの人が寝ています。


ところどころ使いやすい充電ステーションもあります。

ただし、人気があるので、取り合いになることも多いです。延長コードなどを持っておくといいでしょう。

また、夜中は寒暖の差がひどく、空調がかなりきいているので、風邪をひかないように気をつけてください。

24時間ご飯が買える

引用: https://www.instagram.com/p/BsVAXVIlmCy/?igshid=1hjd22grjcnkr

空港内のご飯に関しては、3階にあるファミリーマートが24時間開いています。

こちらで、カップヌードルなどに使えるお湯も含めて確保できますので、ご飯に関してはそこまで心配はいりません。

トイレがきれい

引用: https://www.instagram.com/p/B6p4Yfrpu9F/?utm_source=ig_web_copy_link

トイレに関しては割と等間隔で存在するため、混みません。

困る事はないでしょう。

桃園国際空港のトイレはかなり綺麗な方です。

出発ロビー内にシャワーあり

トイレやシャワー、授乳室の案内

実は桃園国際空港にはシャワー設備もあり、無料で利用する事が出来ます。

手荷物受取エリアを出たところや、出発ロビー内などにあります。

1回15分までですが、無料で使えます。

シャンプーとボディソープ、ドライヤーがあり、ぱっと汗を流せます。

タオルとコンディショナーはありません。

空調

引用: https://www.instagram.com/p/B2tGzNCgdfI/?utm_source=ig_web_copy_link

空港泊の注意点としてまずは前述した事ですが、空調が挙げられます。空港の空調は個人に合わせて調整されていないもの。体調が悪い時は無理をしないが基本です。

首元を温めたり、また着脱しやすい格好で宿泊するのがいいかと思います。

盗難に気をつける

引用: https://www.instagram.com/p/B7NT0sjFNk8/?utm_source=ig_web_copy_link

盗難に気をつけると言う点については色々と考え方はありますが、空港という場所の特性上、色々な人が出入りするもの。また、その出入りする人を特定しにくいというのもあり、盗難がしやすい場所です。


盗難には気をつける、貴重品は肌身につけるを徹底して空港泊をする事が大切であると言えます。

警備員に注意される事も

引用: https://www.instagram.com/p/BypsDP8ntzp/?utm_source=ig_web_copy_link

当たり前ですが、空港は公共の場なので、職員や警備員に注意される事もあります。

床で寝ていたりすると、掃除の人の邪魔にもなりますし、一定時間寝ていると起こされたりなどする事もありますので、注意してください。

そういった人の言うことには従うようにしましょう。

寝過ごし注意

引用: https://www.instagram.com/p/B2syqRTAZD0/?utm_source=ig_web_copy_link

早朝便や深夜便などでは空港で時間を過ごして次の行動に移る、というパターンも多いでしょう。寝過ごしだけにはしっかりと注意して行動してください。


寝過ごしたら折角の節約旅の意味も無くなってしまう可能性があります。

スマホなどで目覚ましをかけておくことをお忘れなく!

桃園なら深夜に到着しても問題なし

台湾に深夜着した際の、身の振り方について紹介しました。

桃園国際空港も台北の街も、24時間眠ることがありません。

たとえ深夜着便になっても心配はいりません。

安心して、楽しい旅に出発してくださいね!

台北の気候情報はこちらをチェック!