happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Category性交関係

ナンパ師にHIVを移されないで!絶対にゴムをつけさせて!

実は今現在日本ではナンパ師からの「HIV]に感染している人が年々増加の一歩を辿っています。なぜナンパ師からの「HIV]の感染が広がっているのか。普段から気にしていない人は身近にある危険に目を向けてください。今回は「HIV]の脅威について解説をしていきます。

この記事に登場する専門家

ろむさんのサムネイル画像

令和の突起物

ろむさん

今までの経験人数3桁越え。ありとあらゆる性事情を知り尽くし常時セフレは10人以上!

ナンパ師から続出?のHIVとは

どうも!日々女性を追い求めナンパをしお持ち帰りさせてもらっているろむさんです。


さて近年でも様々な国で猛威を振るっている「HIV」について皆さんはどれ程の危機感をお持ちでしょうか?


海外の話だけと思い込み自分には関係ないと思っていませんか?


実は「HIV」の危機が今あなたのそばまで来ていたらどうしますか?


「HIV」とは「Human Immunodeficiency Virus」(ヒト免疫不全ウイルス)の頭文字をとり「HIV」と呼ばれています。


勘違いしている方も多いですが「HIV」は病名ではなくウイルスの名前です。


「HIV」は母体となる生き物の細胞に感染し発症したら皆さんの知っている「AIDS」(エイズ)になります。


「AIDS」とは正式名称「Acquired Immuno-DeficiencySyndrome」の頭文字を取ったもので日本では「後天性免疫不全症候群」と呼ばれています。


実は現在日本でも年々「HIV」は増加の一歩を辿っています。


年々増えている理由の1つに「ナンパ」が挙がっています。


今回はナンパ師からの「HIV]感染が多い?このような内容で詳しくご紹介させて頂きます!

円グラフ

上記のグラフはHappyTravel独自で一カ月の間で不特定多数の女性とセックスをしている男性100人にアンケートを行った物の結果になります。


見て分かる通り「HIV」が感染する理由の1つでもあるコンドームを使わない「性感染」を行っている方がほとんどなのです。


全部が全部ナンパをしている方が悪いわけではありませんが少なからず原因の1つと言えるのではないでしょうか。


今回は日本でも身近になりつつある「HIV」について詳しく解説していきます!

誰もが感染のおそれあり

フェラ

ほとんどの方が自分には関係のない話だと思ってはいませんか?


特に事例が多いのがナンパをされてからのワンナイトによる感染が多いことです。


実は今現在日本でも感染している人は沢山います。


統計によれば令和2年9月の時点で20,000人を超える人たちが感染しています。

そして今まさにまだ増え続けています。


さらに怖いのはこちらの数字は確定しているだけで20,000人を超えていることです。

実は発症をしていて気づいていない方や中には潜伏期間の方も含めると30,000人は超えていると言われています。




ここまで言われまだ自分には関係がないと思えますか?

同性愛者だけでない異性間にも!

「HIV」に感染している方の中には同性愛者の方は確かに多いです。


しかし今では女性の方もかなり増えてきています。


それは「HIV」に感染した男性と性行為をしたからです。

まぁ簡単に言ってしまえば感染した男性と生でしてしまったのが原因です


逆に感染した女性と生でしてしまい男性も感染した症例も存在しています。


今では様々な感染経路が存在しています。


また今発症していなくても「HIV」は非常に潜伏期間が長いんです。


大分昔にセックスした方から移されていたという話もたくさん耳にします。


今「HIV」は確実に身近に迫ってきているといっても過言ではないことをお忘れなきようにお願いします。

ナンパ師から感染?HIVの特徴

セックス

「HIV」とはどういった病気なのか知らない方も多いと思います。


「HIV」(ヒト免疫不全ウイルス)には様々な特徴とも呼べるものがあります。


ここからは「HIV」の特徴について幾つかに分けて解説をしていきます。


それではどうぞ!

HIVに感染してから10年以内にAIDES(エイズ)が発症する

「HIV」に感染して10年以内に「AIDES(エイズ)」が発症します。


上記でも説明した通り「AIDES(エイズ)」は「後天性免疫不全症候群」と呼ばれています。


つまり病気に対する免疫が著しく低下してしまいます。


また10年間発症するまで特に症状がないため性交渉が多いナンパ師の方などはウイルスに感染しているかすら気づかない人もいるそうです。


ですので自分が感染していると気づかずに様々な人と生でセックスをし続けて感染が広がっているのが現状なのです。


ただ「HIV]に感染して「AIDES」の発症前に気づくことが出来たらお薬で発症を予防することが可能です。


ですが一生薬を飲み続けなくてはなりません。


また副作用もあり個人個人に合った薬を飲まなければなりません。


今現在の医療では「HIV」は治療することが出来ない「不治の病」なのです。

HIVは感染した母体の細胞を攻撃する特性を持っている

「HIV」とは感染した母体のある細胞を攻撃する力を持っています。


そのある細胞とは白血球です。


白血球には様々な役割がありますが主な働きは体の中に入ってきた有害なウイルスを攻撃し撃退する力を持っています。


ではそんな白血球を攻撃されるとどうなるでしょうか?


生き物の体は白血球が減ると様々なウイルスに感染しやすくなり、風邪を引いただけでも命の危険性が出てくるようになってきます。


俗にゆわれる日和見感染を引き起こします。


主にかかるのは「真菌症」・「原虫症」・「細菌感染症」・「ウイルス感染症」・「腫瘍」の5つに分けられ他にも様々な病気にかかりやすくなってしまいます。


そのため私のようなナンパ師はこのような病気になる可能性があるためただ自分の気持ちよさのために女性とのセックスをしないように心掛けなければならない。

AIDESが発症するまでの初期症状

苦痛

「HIV」感染初期には様々な症状が出ます。


・高い発熱


・喉の痛みや腫れ


・筋肉痛や体のだるさの倦怠感


・発疹などの痒み


・首や脇のリンパの腫れ


・息のしずらさ


などが数日から数週間続きます。


これらは「HIV」が体内で急激に増加したために起こります。


中には初期症状がない方もいますので全員が全員なるわけではありません。


そのため「HIV」の感染に気付かず長期に渡り体に保有しているナンパ師が多数いる可能性もありますね。


こういった症状が長期に続いた場合はお医者様に見てもらった方が良いかと思います。

AIDESは治療をしなけらばほとんどの方が発症する

上記でも説明したお薬を使用しなければ「AIDES」はほとんどの方が発症します。


現在では治療薬を使用しなければ「HIV」患者の「AIDES」の発症率は95%と言われております。


また「AIDES」を予防する薬は3つほどで大丈夫ですが「AIDES」に掛かった後のお薬の数は尋常ではありません。


ありとあらゆる感染症にかかりやすくなっているため薬の量も増えてしまうのです。


今現在では医療が発達しているため死亡率が下がっていますが2016年ではおおよそ1,000,000人以上の方が「AIDES」関連の病気で亡くなっています。


これほどまでに「AIDES」は脅威な病気となっています。


今まで経験してきた女性との関係より多い薬を服用しないといけなくなることはナンパ師にとっても恥ずかしい行為ですね(笑)

HIVに感染してから10年以上経ってもAIDESを発症しない人もいる

「HIV」に感染してから10年以上経っても「AIDES」に発症しない人も大勢います。


中には15年経った現在でも発症をしていない方もいました。


全員が発症するわけではないというわけです。


しかしこれの何が怖いと言いますと初期症状が無く15年以上経っても発症しない人が仮にいるとします。


これって気づかないですよね。

自分が「HIV」に感染してることに。


なので不特定多数との関係があるナンパ師などはかなり危険な存在ともいえるでしょう!


こういった際私たちナンパ師が自らが気を付けて感染しないようにコンドームの着用を心掛けてほしいのです。


自分が愛した人を傷つけたくはないですよね。

エッチ素人女性のオナニー見放題

VI-VO(ビーボ)には欲求不満な素人美女が集まっています。普段は隠しているけど、本当はエッチな自分を誰かに見られたい!そんな願望を持つ素人女子と仲良くなれます。

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25287VI-VO

しかも、今だけ、登録するだけで3000円分のポイントがもらえるのでコスパ抜群です。メールアドレスで登録できるので超簡単!余裕で2~3発はヌケちゃいます!

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25287VI-VO

ナンパ師からのHIV感染を防ぐためには

予防策

ここからは「HIV」に感染しないための行動を幾つか紹介します。

不特定多数とのセックスは避けるべき

「HIV」に感染するリスクが高いのは不特定多数との性行為にあります。


出会ってその日にセックスをしたり、中には素性の知らない方と関係を持ったりとそういった際には対処が出来にくい場合もあります。


ですのである程度は面識があり信頼が出来る方と性行為をするようにしましょう。


特に「ナンパ師」の方にはご注意をして下さい。

ナンパ師の中には1日で複数の女性とセックスをする方もいるのです。


またもし自身が「HIV」に感染していることが分かっても相手の特定が分かりやすいため感染を広まるのを止めることもできます。


ですので不特定多数との行為は控えるようにしてください。

コンドームを常備しよう

様々なイベントなどに出会うナンパ師の方とのワンナイトセックスの際にも必ずコンドームを着けるようにしましょう。


このような1つ1つの行動が「HIV」に感染するリスクを最も下げる行為です。


粘膜との接触が「HIV」の感染経路で最も多いです。


ですのでもしそういった行為がしたくなった際はコンドームを着けることで防げる可能性が高まります。


ただし確実ではないので気を付けて下さい。

ナンパ師だけじゃない!日常に潜むHIV感染経路の注意点!

コンドーム

「HIV」は「HIV」に感染した細胞を含んだ体液を摂取しない限りは感染しません。


主に感染確率の高い体液は4つあります。


・血液


・精液


・膣から出てくる愛液など


・母乳


の4つが最も感染しやすい体液となっています。



他には涙や尿・唾液といったものにも「HIV」が含まれており感染しますが感染の確率はかなり低いためほとんど感染しません。


ここからは「HIV」の主な感染経路を3つご紹介します。

性行為での精液や愛液による感染(性感染)

「HIV」の感染経路として最も高いのは性行為による「性感染」です。


コンドームを使用せずに生セックス・アナルセックスをした場合です。

または口腔などのオーラルセックスでも「カウパー液」を通して「HIV」に感染するリスクは存在します。


ですがオーラルセックスの場合は膣や肛門を用いてのセックスよりは確率は低くなります。


精液や膣の分泌する液には「HIV]にに感染した細胞が多く含まれているため性器や傷がついている皮膚または口で摂取してしまうと感染するリスクが高まります。


直腸などのアナルでも同じことが言えます。


また性行為での「性感染」が理由で「HIV]に感染した方は若い方が多くその理由は性欲のコントロールが出来てないことが理由に挙げられています。


人工授精を行う際のドナー精液にはしっかりとした検査が行われており、万が一感染するリスクは極めて低いです。

注射器などの血液による感染(血液感染)

注射器などの付いている「HIV]に感染している方の血が感染していない方の体に摂取されることで感染する「血液感染」


こちらは病院に行った際の不手際による感染が多いと思われていますが一番多い方は麻薬などの注射器を回し打ちしている方が多く感染しています。


こちらも先ほどと同じように「HIV]に感染している方の血液が感染していない方の傷口に何らかの理由により入った場合も感染するリスクは存在します。


よくある質問ですが輸血などの血液パックが「HIV」に感染している方の血の可能性は昔だと高かったですが、今現在だと絶対にありえないことなので大丈夫です。


また注射器に付着して感染する確率は0.3%と言われており、尚且つすぐに気が付き対処してもらった場合は0.06%と言われています。

母から子による感染(母子感染)

母親

こちらは「HIV]に感染しているが出産をした場合生まれてきた子供も「HIV]に感染している可能性があるという「母子感染」です。


ただし「母子感染」には様々な場合が存在しています。


・妊娠時に胎盤を通り栄養が胎児に届けられる際に感染するリスク


・出産時に産道を通って出てくる際に膣の分泌液で感染するリスク


・母からの母乳で胎児が感染するリスク


の3つになります。


妊娠している母親が「HIV]の治療を受けていない場合は胎児が「HIV]に感染している可能性は25~30%と言われており、母乳からの感染確率は10~15%と言われています。


ただし治療を受けていない場合で、受けている場合はもっと確率が低くなります。

【風俗嬢が解説】HIVの感染はフェラでも起こりかねない!口淫でもゴムは大事!?のサムネイル

【風俗嬢が解説】HIVの感染はフェラでも起こりかねない!口淫でもゴムは大事!?

恐ろしい病気であるエイズはHIVの感染により引き起こされます。HIVは1度感染してしまうと、一生体に保有するしかありません。HIVの感染要因はさまざまですが、フェラによって引き起こされる場合があります。フェラによるHIV感染についての知識を持っておきましょう。

happy-travel.jp

㊙セックステクを磨くコツ!

皆さん、セックスしていますか?


自粛期間だから合コンを開けないという人も多いです。

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25543
話している人物の写真:男性3

こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策ですよ!

エロい女の子と出会うのは、この2つのアプリが大定番。好みに合わせて使い分けてくださいね。

おすすめアプリ①ワクワクメール

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25543

20代女子でエロに興味がある女の子は、ワクワクメールを使っています。


とにかくセフレ探しに強いのが特徴。セックスに飢えた女性が多いので割り切り目的で使うのが良いです。周りの友人も相当使っていますね。

話している人物の写真:男性1

学生もけっこういるし、若い子の間で流行っているのかも。やっぱ若い子の肌は最高(33歳/会社員)

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25543

おすすめアプリ②ハッピーメール

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=19469

ハッピーメールは群を抜いて出会いやすいです。恋愛目的の女性もいて女性の質は高いです。セフレが欲しいけど、恋愛も!という方に合ってますね。

話している人物の写真:男性1

無料ポイントも結構もらえるから、思ったよりお金かからないね。3000円あれば十分楽しめる。(29歳/飲食業)

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=19469