Wfzukb59iztyilmte4qs

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【画像解説】男子はエロカワ女子にメロメロ!エロカワ女子の特徴をまとめてみた!

2020.12.25

エロさとかわいさを両方併せ持った女子に対して使用される言葉である「エロカワ」ですが、エロくてかわいいなどほぼ完璧と言えるわけです!露骨な感じではなくてかわいいエロさを感じさせてくれる女子はやはり魅力的ですね!そこでエロカワを具体的に掘ってみたのでご覧ください!

この記事に登場する専門家

Fyzbz5gylixtlajbnxdf

会話の錬金術師

さざ波

週末にナンパに繰り出し、巧みな話術で女子を籠絡してホテルへと連れ込むことが得意で、今までヤった女性の数は150人以上!さらに性的冒険へと向かうために、現在は言葉を研ぎ澄ますことに全身全霊で集中。

  1. エロカワな雰囲気に男子はやっぱり弱い!
  2. エロカワ感は仕草によっても醸し出される!
  3. 香りによって作り出されるエロカワ感!
  4. エロカワ女子の話し方にやられる男子多数!
  5. エロカワな感じはやっぱり着けているものが大事!
  6. 個人的にエロカワな芸能人!
Ue7u4flxiqj382vwk5nt
引用: https://twitter.com/saki_chelsea/status/1328681786541436928/photo/1

どうも、会話の錬金術師さざ波です。「エロカワ 」という語感がすでにかわいらしい感じがあると私は思うわけです。


「アイドル」「グラドル」「タレント」「女優」などといった男女それぞれから憧れの目を向けられる存在にも「エロカワな」という形容詞としてよく使用されていますね。


「エロカワ 」は「エロティックでかわいい」という言葉の略語であり、2002年の夏頃に「女子中高生」のあいだで「ファッションキーワード」となったのです!


「エロティック」というと大人の成熟した女性が醸し出す官能的でアダルトな美を一般的には指すわけです。


ですが、「エロカワ 」となると「女子中高生のファッション」から出てきた言葉だけあって、「露骨なエロさ」というより「かわいらしさを感じさせるエロさ」だと言えるでしょう。


ですので、「エロカワ 」は「美的」というよりも「かわいいらしさ」を感じさせる「フェイス」の女子たちの方が似合う傾向があるのではないでしょうか。


それでは「エロカワ感」を醸し出す要素をそれぞれ見ていきましょう!

甘え上手がエロカワ感を増幅!

男性としては女性に甘えられることに対して、基本的には弱い傾向があるとは思うのですが、「エロカワ女子」ともなるとその「甘え方」も結構なレベルに達していると言えるでしょう。


大人の女性とは違って、「エロカワ女子」の場合、会話をする際にも男性の庇護欲を掻き立てるような仕方で「かわいさ」を感じさせることが上手なのです。


「守りたい」と男性に思わせてしまうほどの「かわいさ」を感じさせる「エロカワ女子」は、そう思わせることによって男性に「お願い」をするわけです。


さらに「エロカワ 」の「エロ」の部分の仕草によって、「かわいさ」との相乗効果で、さらに「男性」をとりこにしてしまう傾向があると思いますね。


「アダルトなエロさ」とは違う「カワイイエロさ」を醸し出す「エロカワ女子」ですが、全体的に纏っている「丸み」とも言える柔らかな感じがあるのです。


そんな「エロさ」と「かわいさ」を同時に感じさせることによって、男性に「お願いを叶えたい!」と自主的に思わせるほどの効果を発揮すると言えるでしょう!


ナチュラルな「エロカワ感」を出す女子は、かなり男性に受けがいいのは間違いないのではないでしょうか。

上目遣いで目を合わせる仕草でキュンキュンさせる!

男性目線から言わせてもらうと、やはり女性の「上目遣い」というものは「ときめき」を感じさせてくれると言えるでしょう!


多少「ぶりっ子」を感じさせる仕草であるとは言えるのですが、同性受けは悪いのかもしれないものの、男性としては「かわいい」と思わずにはいられないのです。


そもそもが男性は女性と目があっただけでも、勝手に「俺に気があるのか?」と勘違いしがちな単純な生物であって、それが「上目遣い」となると「トドメ」とさえ言えるのです!


ですので「まつげ」や「まぶた」、「カラコン」などといったもので、「目元」をかわいらしくしている「エロカワ女子」はかなり多いと言えるでしょう。

エロカワ女子は彼氏の前では大胆!

「エロカワ女子」の特徴としては、「キャピキャピ感」や「ワイワイ騒ぐ」という感じではなく、どちらかというと「おしとやかさ」が基本と考えてもいいと思われます。


つまり、「ギャル」のような「パリピ感」というものはないということです。


そんな普段はどちらかというとおとなしいと言える「エロカワ女子」ですが、「彼氏」などの親しい人の前になると自分を曝け出すと言えるでしょう!


特に「彼氏」の前ともなると「エロさ」と「かわいさ」を合わせた態度をハッキリと示すのです。


大胆さと言っても「露骨」な表現といったものではなくて、ただただ自分のありのままの正直な姿をその「彼氏」だけに見せるのです。


そこがまた「彼氏」がその「エロカワ女子」と付き合っていることに対しての幸せを噛み締めることができる要素であると言えるでしょう。

Gwvi01af3of25lgra0sk
引用: https://twitter.com/bijokyoukai/status/1328288939795492865/photo/3

やはり「香り」というものはとても大切なもので、個人的にそれぞれ個々に好きなものは色々あるとは思います。


ですが、やはり一般的に広く受ける「香り」というものはあるわけです。


「香り」によって人々に与える印象というものはかなり変わるもので、とても大切な要素なのは間違いありません。


そこで気になるのは「エロカワ女子」の「香り」であるわけです!


「エロカワ女子」の特徴的な「香り」は、洗濯の際の「洗剤や柔軟剤」や普段使用している「ボディソープやシャンプー」などといったものからだと言っていいでしょう。


「香水」などの割と強めの「香り」ではなく、日々生活する際に使用しているものから、「ナチュラル」に香るものなのです。


つまり、「清潔感」を保つということと連動して染み込んだ「いい匂い」が、「エロカワ女子」の真骨頂だと言えるのではないでしょうか。

I4yyi00yyh798ezzmpr0
引用: https://twitter.com/beauty_master_1/status/1328669699262058496/photo/3

やっぱりコミュニケーションを取るに当たって、「会話」というものは非常に大切なものなわけですが、その会話をする際の「話し方」というもの重要なポイントなわけです。


一般的にいって「穏やかな態度」である「エロカワ女子」ですが、「会話」の際の「話し方」一つをとっても、やっぱり魅力的であると言えるでしょう。


なぜ魅力的であるかと言えば、男性に対しても女性に対しても柔らかな「笑顔」を見せながら話すわけです!


特に「特別な男子」、つまり「彼氏」に対してともなるとそこに「大胆さ」が付け加わるのであって、「エロカワの仕草」の箇所でも述べたように、いつもとの「ギャップ」があるわけです。


その「ギャップ」が「彼氏」としては他の男性に対する「優越感」を覚え、かなりの満足感を得ることになるでしょう。


もちろん、「彼氏」に対してではなくても、その「感じの良さ」から多くの男性から見初めらる可能性があり、かなりの「モテ感」があると言えます。


つまり、「エロカワ女子」は「モテモテ女子」だと言えるわけです!

Afbbbh2srnhnw6xn44k0
引用: https://twitter.com/yoake_stage/status/1327901611935494144/photo/1

女性のファッションというと私からするとかなり多様な感じがするわけです。


思いつくだけでも「カジュアル」「コンサバ」「フェミニン」「ボーイッシュ」「セクシー」など様々なものがあって、それぞれの魅力があるわけです。


今回は「エロカワ女子」に焦点を当てるわけですが、「エロカワ女子」のファッションの傾向としては、やっぱり「女の子っぽい」というのは間違いのないところだと言えるでしょう。


特に「露出」が少ないというわけでもないわけですが、「アダルトなエロティックさ」ではなくて、やはり「かわいさ」を感じさせる「エロ」という感じがあるのです。


そこで、「エロカワ」と言われている「女性芸能人」を実例として挙げて、イメージをはっきりと掴んでみましょう!

佐野ひなこ

Xunxtmzvcvnzab5cloae
引用: https://twitter.com/kakep_3/status/1326422417372221440/photo/3

「美しさ」がありながらも「かわいさ」を併せ持つ「佐野ひなこ」ですが、「スタイル」の良さもかなりの素晴らしさであり、まさに「エロ」と「かわいさ」を兼ね備えた「エロカワ女子なのです!


とにかく近づいただけでも「いい香り」がするのは間違いない!と断言したくなるほどではないでしょうか。


「肌」の透明感も半端でなくてかなりの「白さ」があって、本気で吸い込まされそうなほどです。


「かわいさ」に焦点を当てるとすると、本当に時間を忘れて見つめていられるほどに「かわいい顔」ですよね!


それに加えて豊満な「おっぱい」を持っているために、かなりの「エロさ」があるわけです。


この「佐野ひなこ」の画像にしても、もう「エロカワ」を具現化したとしか思えないわけなのです!

橋本環奈

Pmbjwifte6ggniejcmw0
引用: https://twitter.com/ikemenbisyouzyo/status/1328427035652362240/photo/3

福岡県の「ローカルアイドル」のメンバーとして活動していた「橋本環奈」ですが、中学生3年生当時にイベントで踊っていた写真が「奇跡の一枚」としてネット上に拡散されます。


凄まじい速さでその「奇跡の一枚」は広がり、「めざましテレビ」などの情報番組で取り上げられ、「1000年に1人の逸材」とまで言われることになりました。


そんな「キャッチフレーズ」が付いてしまうほどの「かわいさ」であることは、かなりの人が認めるところではないでしょうか。


「エロい」方面に話を向けると、10代中頃で「1000年に1人の逸材」と言われていた時から成長期を経て、かなり「おっぱい」が大きくなっことが指摘されていて、「Cカップ」はあるのではないかとも言われているのです!


「変顔」などといった「清純派」の容姿からは想像できないユニークな演技をすることによって、様々な役をこなせる「女優」として今や「トップクラス」の人気があるわけです。


何から何まで揃った「エロカワ女子」の一人であることは、間違いのないところでしょう!

YUKI

G1glevbsou4q5rlbqqfj
引用: https://twitter.com/harapeko3536/status/1114963592829214720/photo/1

「YUKI」と言えば1990年代半ば頃から活動しだしたバンド「JUDY AND MARY 」の「ボーカリスト」として活躍しました。


今の時代では滅多にない「ミリオンセラー」をいくつも達成し大人気だったわけですが、やっぱりその人気の要因の一つとして、「YUKI」の「エロカワさ」が挙げられるわけです。


その明らかに「童顔」と言えるような「ベビーフェイス」ながらも「おっぱい」は大きいという、まさに「エロカワ」と呼ぶにふさわしいのが「YUKI」であるのです!


「ファッション」もかなり「ユニーク」なものを纏いながらも、奇抜さだけが先行するようなことがない「バランス」を取ることのできる「センス」があったと思いますね!


私的には「エロカワ」という言葉を聞くと、真っ先に「YUKI」が頭に思い浮かぶのですが、それは「JUDY AND MARY 」が直撃な世代ということもあるでしょう。


現在でも、年月の経過を感じさせない「キュートさ」は健在であり、それは驚異的とさえ私には思えますね!

川栄李奈

Q5azvxldoz5hzqnqgwbh
引用: https://twitter.com/Beauty1038/status/1328443839363784706/photo/2

「川栄李奈」は元「AKB48」のメンバーであり、人気も高かったわけですが現在は「女優」としての活動をメインとしています。


個人的に「川栄李奈」というとすぐに「au」のCMである「三太郎シリーズ」がすぐに思い浮かびますね。


とても穏やかでおっとりとしたかわいらしい雰囲気を醸し出している「川栄李奈」ですが、実は「グラビア撮影」もしているのです!


その写真を見る限り、やっぱりなかなかの「エロさ」を保持しているのであり、「エロカワ女子」の一人として数え入れるしかないでしょう!


アイドル時代よりも「女優」として活動してからの方が個人的に印象が強いわけですが、その「エロカワさ」には心を揺さぶられるのです!

筧 美和子

Dozvv9euszcwmqj9fxi2
引用: https://twitter.com/miwakokakei/status/1291309421994246146/photo/1

「エロカワ女子」というからには、やっぱり「エロい」という要素も結構なポイントとなるわけですが、その点「筧美和子」は「エロ要素」を完璧に満たしているのです!


「B89センチ・W60センチ・H85センチ」という抜群のプロポーションを誇り、胸のカップ数は「 Fカップ」であることから当然だと言えるでしょう。


もちろん「エロい」のは間違いないと言える「筧美和子」ですが、その「エロさ」は露骨さを感じさせないわけです。


それは「筧美和子」の全体から発せられている「上品さ」だとか「清楚さ」というもののおかげなのではないでしょうか。


そして、それによって「エロカワ女子」として成り立っていると言えるわけなのです!


決して下品にならないような「筧美和子」の佇まいは、私の中における「エロカワ女子」の一員として外すことのできない要素である言えるでしょう!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/iwera813/status/1327988263089442821/photo/1