happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Category性交関係

セックスレスハラスメントが増えている!妻だけに勃たない?原因と対処法!

セックスレスは夫婦の間では大きな問題になりがちです。しかし、そんなセックスレスを皮切りに、ハラスメントに発展してしまう事例も多々あります。今回は、漫画家のポレポレ美さんの作品「セックスレス・ハラスメント」を題材に、夫婦のセックスレス問題に迫ります!

この記事に登場する専門家

カトレアのサムネイル画像

外専20年の元スナックママ

カトレア

日本人から外国人まで、文字通り世界をマタにかけた国際恋愛を楽しむ行動派。熱しやすく冷めやすい性格で19歳年下から30歳以上の歳の差恋愛、不倫・駆け落ち・結婚離婚と経験値高し。恋の悩みから法律関係まで受けた人生相談は数知れず、親身になって解決します。

セックスレスハラスメントとは?

みなさんこんにちは。

セックスレスで離婚経験のあるカトレア姐さんです。


私の場合は、私の方がセックスができなくなって、相手が欲求不満から精神的に病んでしまった事で離婚へとなったわけですが、セックスレスと言う一見どんなカップルにも通過儀礼的に起こりそうな事柄が、ハラスメントと言う大問題に発展する事もあります。


私と元夫のケースでも、私がセックスを拒んだ事によって、相手からDVやモラハラなどの精神的・肉体的虐待を受けるまでに発展しました。


たかがセックスレス、されどセックスレス


セックスレスが思わぬ事態に発展してしまう事は、よくある事なのです。


さて、ここに「セックスレス・ハラスメント」今日も拒まれています、と言うタイトルの漫画があります。


結婚前からセックスレスの夫婦が、結婚してからもずっとセックスレスで、解消しようと努力するも上手くいかずに、結局離婚へと向かうエッセイ漫画なのですが、セックスレスを扱うのにとても分かりやすい内容となっています。


今回は、こちらの漫画「セックスレス・ハラスメント」今日も拒まれています、を題材にし、セックスレスから始まる夫婦の危機について、色々と考察していきたいと思います!


セックスレスの夫婦が陥りがちな穴のまさに典型的な例が、これでもかと詰められている内容なので、ぜひ最後まで心してご覧下さいね!

セックスレスハラスメントはネット漫画から誕生した新概念

セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)、いわゆるセクハラと言う言葉を耳にするようになって、既に40年ほども経つのではないでしょうか。


しかし、セックスレス・ハラスメントとは、なにやらちょっと新しい響きですよね。


セックスレス・ハラスメントとは、マンガ家のポレポレ美さんが、実話をもとに描いたエッセイ漫画です。


セックスレス・ハラスメント嫁日記【今日も拒まれています】という事で、ご自身が体験した結婚体験でのセックスレスをコミカルに、そしてシリアスに描いた人気の内容となっています。

【女性向け】安心に出会えるアプリ!

話している人物の写真:女性3

何か楽しいことないかなー?最近出会いなくてつまらない・・

女性が輝きは、出会いの経験で決まる!


『日々の生活に、ちょうどいいくらいの刺激が欲しい人』

『身バレせずに、パートナーを探してみたい人』

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99

顔出し不要で出会えるのって安心ですよね!もちろん無料だし、〇inderなんかと違って、紳士的な男性が多いので、おすすめです!

話している人物の写真:女性5

顔出し不要だし、友達が使っているから、安心!(32歳/OL)

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99

セックスレス・ハラスメント【今日も拒まれています】登場人物は?

ポレ美

物語の主人公は、ポレ美。職業はイラストレーター、マンガ家です。


年齢30歳で、9年間一緒に居る山木さんと結婚し、新婚さんと言う設定。9年間付き合っているという事は、21歳の時から一緒に居るお相手という事で、この時点で「長すぎた春」感が漂います。


9年も一緒に居て、しかも同棲中だったため、既に結婚前からセックスレス気味のふたり。


そんなふたりが結婚したきっかけは、ポレ美が飲み会の帰りに、一緒に居た編集者の男性に自宅まで送ってもらって帰ってきたこと。帰りが遅いので迎えに出た山木さんと家の前でばったり遭遇。男性に送ってもらったことに嫉妬した山木さんは、勢いでポレ美を抱きます。そして、プロポーズ。


そのままとんとん拍子に二人は結婚するのですが…。

山木さん

雑誌の記者と言う旦那さんは、山木さん。結婚している夫婦ですが、作中では最初から最後まで「さんづけ」で呼ばれています。


ふたりの交際のきっかけは、山木さんの働く雑誌にポレ美がイラストを掲載したこと。打ち合わせなどで何度も会うようになり、何度か山木さんの方から告白していましたが、最初は断られていたよう。


この山木さんですが、コミックス最初の方は凡庸などこにでもいる夫として描かれています。また、最初は男性にありがちなセックスレスの言い訳を繰り返しているのですが、回が進むにつれてどんどんとその鬼畜さがにじみ出てきます。


自己弁護ばかりで、全く言ってることとやってる事が噛み合わない様は、典型的なモラハラ・ダメ男…。

セックスレス・ハラスメントここが見どころ!

セックスレス・ハラスメントは実際の出来事をつづったエッセイ漫画です。


しかし、この漫画にはセックスレスの男女の多くがたどるような、あまりにも典型的なあるあると、セックスレスのカップルにおける男女の違いが分かりすぎるくらい的確に描かれているんですね。


もう、わかるわ~と思わず膝を連打してしまいたいほど。


こちらの漫画で描かれるのは、結婚しているのに夫の方がセックスをしたくなく妻の方がセックスをしたい上に子供も欲しいと考えている、と言う夫婦。現実にも良くありそうなカップルですよね。


それでは、こちらの漫画を題材に、セックスレスにおける男女の気持ちの違いや、夫婦のセックスレスは果たしてハラスメントに当たるのかセックスレスの原因男が言いがちな事、そして女がやりがちな事など、細かく分析しつつ見ていきましょう!

セックスレスに陥った事がありますか?

Happy Travel編集部では、結婚している男女100人に、結婚後にセックスレスになった事があるかどうかについてアンケートにお答えいただきました。


セックスレスの定義は、一般的に健康な男女が同居している場合、1か月以上セックス・および性的なコンタクト、例えばキスやハグなど何もしない事としています。

その結果、何と7割以上のカップルがセックスレスの危機を体験しているという結果になりました!


1か月くらいセックスしなくても…と女性は思いますが、男性は自然と精液が溜まっていってしまうものです。1か月も出さなくてよい訳がありません。


つまり、オナニーやもしかすると浮気などで発散している可能性もあると言う事です!


これはちょっと見過ごせないですね!

【愛され女子の秘訣】デリケートゾーンケア本当に大丈夫?

https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=h8210U-r275209M&p=s784485p

男性が意外に気にするところ。それはデリケートゾーンの臭いです。


せっかく良い感じにデートしてお泊り・・ってなっても、変なニオイがしちゃったらすべてが台無し!


ハーバルラクーンナチュラルミストは、雑誌ananで1位にも輝いた人気商品。まだ使ったことない人、初めてケアをする人にピッタリです!

https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=h8210U-r275209M&p=s784485p

セックスレス・ハラスメントの実情は?

パートナーがセックスを拒否

セックスレスと言うのは、ある日突然起こるものと言うよりは、何となくセックスをしなくなってそのままレスになったり、女性の方が出産を機に性欲が落ちたりとじわじわ起こるイメージですよね。


セックスレスがハラスメントとして「セックスしない嫌がらせ」に当たる場合には、まずパートナーによるセックスの拒否があげられます。


夫婦の意義として、また夫婦が生活を共にする理由として、性交渉の有無は外せない事柄なんですよね。


また、この夫婦のように片方がセックスをしたくても、もう一方がセックスをしたくない事例と言うのは実際にも起こる事です。


私の場合も、私の方がセックスを拒否し続けた事がきっかけとなり、様々な事件が起きて結果的に終わりを迎えました。この漫画を読むと、自分とは男女逆の事例なだけに、そうか私もセックスレスで相手を追い詰めていたのか~とちょっと見方が変わってしまいました。

セックスについて真面目に話したがらない

セックスについて、きちんと話し合いたい。セックスレスのカップルの場合、何か原因があるのではないかと考え、きちんと対処したいと考える事でしょう。


しかし、多くの場合セックスをしたくない側の人間は、セックスレスについて真面目に話し合うのを避ける傾向があります。


理由は、自分が責められているような気になるから


実際には、セックスしたくない理由なんて山のようにあるんですよ。でもそれをひとつひとつ全部話すのはめんどくさいし、だからと言って特に相手を嫌いなわけでもないから、本当の事を言って傷つけたくもない。


「あなたの事は好きだけどセックスは別にしたくない」と言う気持ちを、理解してもらうのはとっても大変だし、面倒くさいんですよね。


そのため、何かにつけて理由をつくったりや言い訳をしては逃げてしまい、セックスレスに関しての話題を避けるようになります。

子供が欲しいのにセックスが無い

みなさんは、子供の作り方って知っていますか?


当然ですが、セックスしなければ子供はできませんよね。


特に女性の身から言えば、セックスをしたとしても子供を授かる事の出来る年齢にはリミットがあります。20代ならまだしも、30を超え、35を超えるとだんだんと焦りが出てくることも。特に、子供が欲しいと望んでいる女性ならば、年齢は無視できない問題です。


ところが、男性の方にはあんまり自覚がないんですよね。歳を取ると子供ができにくい、知識としては知っていても、自覚はない。


その辺りに、セックスレスの妻はギャップを感じてしまいます。


「子供が欲しいよね」などと夫婦で話し合っていたとしても、実際にはセックスレスだという現実。処女受胎じゃないんですから、セックスしなければ子供は授かりません

夫が非協力的

妊活中のカップルに良くあるのですが、「男性が非協力的」と言うパターンです。


セックスをしなければ子供ができないのは当然なんですが、それ以外にも男性は、自分とはあまり関係のない事柄と思っている事が多いんですよね!


子供が欲しいと言っておきながらセックスをしないこちらの男性は、子供を作ろうと言葉に出して言う事で妻の気持ちをうまく逸らせたつもりでいるのかも知れません。


子作りをしようと考えているカップルが、実際に最初にすべき事が「自分たちに子供が授かれるかどうかの検査」なのですが、男性にはそういった自覚のない人も多いですよね。


なんだかんだと、検査を後回しにする傾向もあります。

異性として見れないなどの暴言

セックスをしたくないと思っている方が、本音を言ってみたところで、セックスがしたい方の相手には上手く伝わる事はほぼありません。


その中のひとつが、「家族になってしまった」です。


家族愛。いいですね。素晴らしいですよね。しかし、「家族だからセックスできない」と言うのは一体どんな感じなのでしょうか。


例えば、親やきょうだいとヤる様な気がしてしまうからだとしたら、それは確かに気持ちの悪い事です。しかし一緒に暮らしていると、セックスできないほど家族感が強くなってしまう、という事は実際にあり得るのでしょうか。


家族になってしまったからセックスできない、と言うのは実際にはかなり分かりにくい抽象的な例えです。家族のように身近で大切な存在ではあるけれど、異性としてセックスをしたい相手ではなくなったというのが、本来言うべき妥当な所でしょう。つまりは飽きたのです。


その他にも似たようなお断り文句の中に「女性として見れなくなった」と言うのがありますが、全く失礼な話ですよね。この場合、EDでない限り他の女性が相手の場合には確実に勃ちます。

セックスをしたいと言う気持ちがプレッシャーに

セックスレスの原因となっている方(セックスを断っている方)は、相手がセックスをしたいと思っている気持ちを、プレッシャーに感じています。


夫婦だからセックスくらいたまにはしなきゃいけないよなと思ったり、専業主婦の場合には相手のおかげで生活できるのだから、セックスはお礼のように捉えてしまったりする事もあります。


つまり、嫌々ながらもたまには相手に付き合わなきゃいけないな、と言う気持ちになってきてしまうんですね。


セックスが義務化してきたら、セックスレスのサイン。


けれども、相手の期待が重いんですよね。そんな時に身体は正直です。男性の場合、勃たなくなってしまってセックスができない、いわゆる「妻だけED」の始まりですね。


女性の場合は、感じないので濡れなくなったり、セックスで痛みを感じるようになって、ますますセックスが嫌いになってきます。

旦那が言いがち!?セックスレス・ハラスメントの言い訳あるある!

この「セックスレス・ハラスメント」と言う漫画を読んでいると、面白いほど出てくるのがセックスレスになった時の典型的な言い訳の数々です。


男性がセックスをしたくない場合に起こる「セックスレス・ハラスメント」で、夫が言いがちな言い訳を集めてみました!


色々言い訳をしてみても、結局はそういう事なのね、と納得の言い訳が揃っていますが、セックスレスの言い訳はどこの家も本当によく似てます!

仕事が忙しい

セックスレスの言い訳第1位とも言えるべき言い訳が「仕事が忙しい」です。


男性の中には、セックスをしたくない言い訳で使った事がある人も大勢いる事でしょう!男だから仕事が忙しいと言えば理解してもらえる、と思っている典型的な男の言い訳ですね。


そして、男は仕事が忙しいと言えば何をしても許される、と甘えている男の言い訳でもあります。


こういう男性に限って、働いている女性が「仕事が忙しい」「家事で疲れている」などと言っても、自分がセックスをしたい時には全く取り合ってくれない、と言う特徴もあります。


この手の男性はどんなに仕事が忙しくっても、自分がセックスしたい時にはできる、という矛盾点が生じます。

セックスできない位眠い

セックスの断り方って、本当に難しいですよね。


でも、相手が期待していればしているほど、どんどん断りづらくもなるんです。そして、そんな時に使ってしまうのは「疲れているから休みたい」。もう、王道ですよね。私も何度使ったことか…。


いや、実際に本当に疲れていたりするんですよ。セックスする時間があるんだったら、1分1秒でも寝ていたい


しかも、何となく相手も許してくれそうな言い訳だったりするので、つい頻発してしまいます。


こんな状態が続いた後、たまたまオフの日があって10時間くらい寝てしまったとします。そうすると、相手がセックスしたくてランランとしているわけですよ。「いっぱい寝たから今日は大丈夫でしょ」って感じで。


そういう時の言い訳はまた、「いや、寝すぎてちょっと身体がだるいから…」となります。

明日の朝は早い

疲れていて眠い今日は休みたい、そして「明日の朝早いから」も同じくらい使われている言い訳ですね。もうこの3本で毎日のセックスの7割くらいをお断りしていると言っても過言ではないかも知れません。


セックスお断り常套句ですね。


まあ、普通にお勤めしている人だったら、毎日朝は早いわけです。お勤めしていない主婦だって、もしかしたらお弁当をつくったり子供の支度をしたりと、夫よりももっと朝が早かったりするかもしれませんが、たいてい夫と言うものは専業主婦の「朝が早い」にはリスペクト無しなんですよね。


この漫画を見ても、この辺からだんだんと夫のダメっぷりが見えてくるわけですが、一般的な専業主婦である女性は仕事をしている夫に対して本当に気を使っていますよね。


この辺りからだんだんと、夫婦の間が平等ではなくなり、おかしな力関係が生まれてくるのです。


その妻の気の使いっぷりに胡坐をかいている夫、そして相手を尊重している自分を受け入れる事で本質を見抜けない妻、と言う構図がだんだんと出来上がっていくのです。

相手にセックスできるだけの魅力を感じていない

なんだかんだと仕事を言い訳に断ってみても、結局のところはそうなんですよ。


結婚相手にセックスするだけの魅力を感じない、と言った所が本音でしょう。


例えば男性の場合は、女性らしさがなくなって見た目に気を使わなくなった妻や、だらしなくなって体型が変わって来たりする女性に対して、魅力を感じなくなる事は多いです。


女性の場合は、男性が頼りないと感じたり、結婚後に家や育児への無関心自分や自分の周りの事に対して無関心な状態が続くと、魅力を感じなくなります。


男性はいつでも女を求めていて、女性は男性に頼りがいを求めているという事でしょうね。


自分の求めている相手像からだんだんと遠ざかっていく妻や夫を見ているうちに、性欲はあってもセックスは別にいいや、と思うようになってしまうんですよね。

実は浮気相手がいる

そして最終的にたどり着くのは、結局は浮気ですよね。


もしくは、浮気相手がいるから、結婚相手とのセックスが億劫になってきたケースですね。


多くの人間は、そもそも、何人もの異性と同時に付き合えるほど器用にはできていないんですよ。


また、結婚相手とはセックスできなくても、性欲はあるわけですから他に相手を求めたり、結婚後にふと恋に落ちた相手を逆に運命の相手と思ってしまったりするわけです。


障害があるほど燃えると言うか。ヒロイン願望ですね。


他にも、浮気相手とのセックスにのめり込むほどに、罪悪感が出てきて結婚相手と更にセックスできなくなったり、性欲を外で処理してしまうので結婚相手としたくなくなったりもします。また、浮気相手にのめり込み過ぎて、結婚相手をつまらないと思う様になる事も。


まあ、私の過去の不倫相手の場合は、私と浮気をしておきながら「帰ったらちょっと妻の布団にもぐりこんでケツでもお触りしておけば(女なんて)大丈夫なんだよ」ってな事も言っていましたので、浮気常習犯の中には手慣れた人もいるでしょうね。

これでは逆効果!?セックスレス・ハラスメントでありがちなNG行為

ここで興味深いのが、セックスレスになった時の「断られる側」の反応です。これもまた、判で押したように段階を追って似たような状況になって行くんですよね。


しかし、その行為はハッキリ言って逆効果。相手をどんどん遠ざけるだけでなく「ウザイ」と思われるまでになってしまうのです。


そもそも、セックスをしたいと思っていないからセックスレスなわけですが、断られた方はついその原因を探してしまうんですよね。

ED疑惑

男性がセックスを断ってくることが続いたときに、女性が真っ先に考えるのが「もしかしたら夫はEDなのかも」です。


ED疑惑は、思っていても相手を傷つけるかもしれない、と口に出して聞けないという特徴もあります。そのため、疑惑のままにしてしまいがち。


そう、最初はだれも、まさか相手が自分とセックスをしたくない、などとは考えもしません。


男性がセックスを断ってきたときに、ED疑惑と同時に、もうひとつ女性が思いつく事があります。


それは、ホモ疑惑


私にも経験があって、昔セックスをした仲と言う間柄の男が、その後何度迫っても落ちなかったためもしかして…とやっぱり思いましたね。この場合も本人に直接聞きにくいため、未だに真相は謎です。

自分の落ち度を探す

相手にセックスを拒まれた時、良い人がしてしまうのが「何か悪い事をしたかな」「私がいけなかったのかな」自分に落ち度があったと考える行為です。


相手がセックスをしたくないという理由を、自分が作ってしまったという、よく考えると訳の分からない思考なのですが、たいてい1度はこの思考の罠に陥ってしまいます。


これはどれだけ考えても答えが出る事はありません。


セックスレスになった原因は複合的なものなので、どちらかが一方的に悪い、と言うものでもないからです。

自分を責める

次に、陥りがちなのが自分の事を責め始める事です。


この辺りから、セックスレスは既に、セックスをしないという問題だけではなくなってくる事が多いです。


何故なら、セックスをしてもらえない事を、=自分を全否定と同等に捉えてしまっているから。


実際のところ、相手はそういうつもりはない事が多いです。ただ単に、セックスをしたい相手ではなくても、一緒に家族としてやっていきたい相手とは思っているのです。ですから、セックスさえ問題なければ、普通に仲良くやっていけるのになあくらいに軽く考えています。


それでも、セックスレスと言う行為は、だんだんと相手を精神的に追い詰めていってしまうんですね。


実際に「セックスレス・ハラスメント」の作中でも、ポレ美がうつ病になってしまったり、自殺未遂を起こしてしまったりします。私の元夫もセックスを断っているうちに、だんだんと美醜を非常に気にするようになって、レーザー脱毛整形などを繰り返すようになってしまいました。このように「自分が醜いからセックスをしてもらえない」などと病的に考えてしまう人もいます。

浮気を疑う

セックスレスになった時の、NG行為のひとつに「相手の浮気を疑う」があります。


漫画の中では実際に、夫の山木さんは浮気をしていたわけですが、セックスをしたくないと思っている相手に浮気を疑われるほどウザイ事ってないんですよね。


実際に浮気をしている人は、気持ちが既に離れて行っているために相手をうっとおしく思い、浮気をしていない人もしていないのに疑われる事で、相手をうっとおしく思うようになるのです。


セックスをしない、という事がこれほどまでに人に与えるダメージを、私もこの漫画で反対の(女性の)立場を見るまで、あまり考えた事はありませんでした。自分では全くそんなつもりはなくても、セックスひとつで相手は、自分の人間性まで否定されたような気持ちになってしまうのですね。


そして、どんどん自分に自信がなくなってくる。そのため、精神的に病んだり浮気を疑ったりと悪い方へと落ちて行ってしまいます。

正論をまくしたてる

自分に落ち度があると判っている人間が、冷静さを装ってする行為がこちらの「正論で相手を責める」です。


セックスを断っているのは自分の方なのに、さも相手に落ち度があるような言い方で攻め自分は全く悪くないように言い張るんですね。


ここまでくると、セックスレスモラハラがプラスされてきます。


セックスレスと言う、一過的にはどんな夫婦にもありそうな出来事が、だんだんと夫婦の間に上下関係や力関係を形成し、セックスレスだけでは終わらない問題へと発展してくる兆候です。


こうなると、夫婦の間はだんだんと修復も難しくなってきます。

セックスレス・ハラスメントは解消できる?

子供が欲しい時は話し合いが必須

セックスレスは、子供を授かりたい夫婦にとっては大問題です。


特に、前述したように女性には子供を授かるにも年齢的なリミットがあります。


セックスレスのまま、いつかはきっと…と思いながら生活するのは辛いものです。本当は自然妊娠のできる年齢で、健康体であっても、セックスをしなければ子供を授かる事はありません。


子供が欲しいセックスレスの夫婦は、まだ女性の方が子供を産める年代のうちに、今後の事を含めてきちんと話し合う事が必要と言えますね。

相手の気持ちを尊重し無理強いしない

セックスレスと言う行為が、ハラスメントとして機能するかどうかと言う問題ですが、相手の気持ちをお互いに尊重できるかにかかっています。


セックスをしたくないと感じるのは、多くの場合、根の深い問題があります。それでも、セックスをしたくない気持ちを相手に伝えるのは、とても難しい事です。


下手をすれば、相手の気持ちを傷つけてしまうと考えるからです。


しかし、セックスレスの問題は、大なり小なり相手を傷つけます


自分が直接傷つけなくても、相手は自分で自分を追い込んでしまうのです。

相手が自分で自分を追い詰めて、精神的に参ってしまう前に、本当の気持ちを伝える方が思いやりですよ。

問題はおそらくセックスレスだけではない

多くの場合、結婚は好き合ってした結果ですよね。その好きだった相手とセックスができなくなるのは、多くの場合何らかの原因があるはずです。


セックスレスがモラハラDVなどハラスメントの問題に発展してしまうまでには、やはりセックスレスになる何段階も前に、いくつかの原因が考えられます。


私は、人間関係を続けていくために必要なのは、尊敬や尊重じゃないかと思います。嫌な所があっても、尊敬できる人っていますよね。夫婦の場合も同様で、やはり相手に尊敬できるところがあればリスペクトもできるはずです。


相手を尊重できなくなると、バカにしたり、セックスなんてしてられるか、なんて気持ちになったりもするものです。


結婚生活は、お互いがいるから成り立っている事も多いはずですが、当たり前になりすぎて、つい軽視してしまいがちですよね。

どうしても折り合いがつかない時は離婚も視野に

セックスレスハラスメント【今日も拒まれています】では、最終的にポレ美と山木さんは離婚と言う結果になります。


それまでに、山木さんの浮気があったり、その浮気相手がとんでもなくケタ外れの病んだ女性だったりと、色々なエピソードがあるのですが、セックスが上手くいかない事で夫婦仲がぎくしゃくしてくるのはありがちな事でしょう。


子供が欲しいのにセックスレス、セックスレスでうつ病になった、セックスレスが原因で暴力を振るわれるなど、結婚生活を続けられなくなる困難な事も起こり得るでしょう。


セックスレスは根の深い問題と言わざるを得ません。


セックスレスのまま仮面夫婦を続けられる場合は、例えば金銭的な事だったり、子供の教育の事だったりと、何かしらのメリットがある場合がほとんどです。もしくは、一方がよほど我慢をしている場合に限られてきます。


しかし、暴力や病気などに発展してしまっては、また別問題です。


セックスレスで話し合いを重ねても、上手く折り合いがつかない場合、離婚などを視野に入れて考えていくのも必要な事と言えますね。

【パパ活】安心に出会えるアプリ!

コロナで出会いの場がすごく減って、毎日退屈していませんか?


ここ数年、マッチングアプリを使う人が増え、何かと話題ですよね。

こんな人におすすめのアプリを紹介します!

・日常に程よい刺激が欲しい人

・あわよくばお小遣い欲しいな!って人

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99

ワクワクメールは、累計会員数700万人の大手マッチングアプリ!特に女性に優しい設計になっているのが特色ですね。だから紳士な男性が多い印象です。


また、30代の女性でもパパを見つけることが可能だそう。お金持ちのオジサマが使っているみたいですね。

話している人物の写真:女性2

私のおじ様は月額10万+αで、週1回デート。最近はオンラインが多いけど普通に楽しい。

話している人物の写真:女性3

20~30代の男性もたくさんいて、すぐにご飯連れて行ってくれるし、他のアプリより使いやすいな!

https://fam-ad.com/ad/p/dt?_site=67781&_loc=250826&_mstype=99