happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Categoryインド

カラフルで妖艶なめちゃくちゃ可愛いインドの民族衣装!サリーやクルティの魅力をインド大好き在住者がご紹介!

インドと言えば、カラフルでちょっぴりセクシーなサリー!でも実は、サリー以外にも素敵なインド伝統服があるのです! どんなときに何を着るのか、どんな服があるのか、そしてどんな美しいデザインがあるのか・・・ インドの民族衣装事情をインド在住の民族衣装で通勤するわたしがまるっと解説します!

魅惑のインドの伝統ファッションの世界へようこそ!

ナマステ!インド在住ライター、のじょみです。

(本名のぞみですが、インド人はざ行が上手く発音できず、のじょみと呼ばれます)



インドの民族衣装と言えば、言わずと知れた美しきサリー!

実はそんなサリーに加えて普段着でも着られる、インドデザインが可愛すぎる民族衣装が山ほどあるのです!



今回はそんな魅惑のインド文化の衣装を、わたしの着用写真ばかりで恐縮ですが、民族衣装で普段生活しているわたしがまるっとご紹介します!

インドの民族衣装の歴史

紀元前2500年、インダス文明時代には、綿が初めて栽培された土地ということもあり、インドでは綿の服が着用されていました。

しばらくすると、女性は一枚布を身体に巻き付けて着用するようになりました。これがサリーの始まりです。



インドの伝統的衣装は、大国の中でのそれぞれの地域の文化や気候など、環境の影響を大きく受けたことで多くのバリエーションがあります。

地域によってポピュラーなデザインや質感も変わってくることも魅力のひとつです。



しかしイギリスからの独立後、インドの衣服スタイルは国際化を果たします。

いまや、デリーやムンバイといった都市部ではウェスタンスタイルのジーパンやシャツといったファッションも多く見られるようになっています。