F01susorwenqtypavtnq

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【ドM女が語る】ディルドは自作できる!身近なもので代用して自分にあったオナニーグッズを!

2020.12.10

大人のおもちゃ・ディルド。皆さん欲しい時はアダルトショップや通販、量販店なんかで購入しているんじゃないかと思います。でも実はディルドは自分で好きな形に自作できるんです。自作ディルドなら普段とは違う快楽が味わえちゃうかもしれませんよ。

この記事に登場する専門家

Kdf5qd4qsjtnrbdzl3e0

エッチなお仕事のエキスパート

りりか

たくさんの風俗業種を経験したエッチなお仕事のエキスパートで、プライベートではMっ気がありハードなプレイが大好きなりりか。最近はオナニー道追求中です☆

  1. ディルドを自作してみよう!
  2. 元からあるものを利用してみる
  3. どうせなら本気で自作してみよう!
  4. 身近なものでも作れるディルド
  5. 粘土なら好みの形に造形できる
  6. 自作キットも販売されている
Z2h88kkk9ffxoekmxwam

こんにちは、エッチなことが大好きなりりかです。

今回はオナニーにもエッチにも使える大人のおもちゃ・ディルドの自作につい話したいと思います。


おちんちんのような形でバイブとは違い、動かないタイプのディルド。

電動ではないからこそ、自作することもできるんです。


もちろん市販のものを買っても良いのですが、自作には自作の面白さがあるんです。

日用品を使ったものから、本格的な自作ディルドまでさまざまなディルドについて解説します。

簡単な自作ディルドであれば、元からあるものを使うことができます。

これだって立派なディルドとして、オナニーの道具としても、エッチのお供としても使えます。


100均に売っているものでも、たくさんのディルドの代わりになるようなものがあるんです

オモチャではなくあえて日用品を使うことで、余計にエッチな気分なるかもしれません。


ただし衛生面を考えて、コンドームは着用して利用してください。

挿入用に作られていないものなので、注意しないと思わぬ事故に繋がりますよ。

スプレー缶やすりこぎ

「スプレー缶」「すりこぎ」はディルド代わりとしてメジャーなものです。

他にも100均でも売っているような、マッサージ道具も使いやすくて気持ちよくなれておすすめです。


スプレー缶は冷たさと太さがちょうど良く、すりこぎは奥まで当たるのが気持ち良いですよ。

マッサージ道具なんかはデコボコしていて、ハードなプレイにも使えます。


どれも家にあるものですし、買うとしても安く簡単に手に入るので、使い心地がイマイチでも諦めがつけられるのが良いところです。


本格的なディルドを買うのは恥ずかしい、でも気持ち良くなってみたいという人は一度使ってみたらいかがでしょうか?

ペンなどを束ねる

ボールペンなどを束ねて入れてみるのもおすすめです。

これなら太さの調節も簡単で、適度な太さで遊びやすく使いやすいディルドになります。


そもそも太さなどを調整せずに使うのなら自作の必要はないわけで、サイズ調整できてこそ自作のディルドの価値があるのではないかと思います。


また市販のディルドを購入する前に。サイズ感を確かめるのにも最適です。

これぐらいの太さのディルドは気持ちいいか、もっと太い方が良いのか…。


買ってしまう前に、一度ペンなどを使い気持ちよさを確かめておくと、購入するときに安心して買えますよ。


ただしペンはキャップがとれたり傷がついたりのトラブルを避けるために、安全そうなものを選びましょう。

また外れた時のためにもコンドームでしっかりと包み、遊んでくださいね。

ホースなどを使う

ホースなのどの形が変わりやすく、束ねて使えるものを利用してディルドを作るのもおすすめです。

ホースは柔らかさもあるため、ペンなどとはひと味違う気持ちよさが味わえます。


個人的にホースと言っても、イメージよりもかなり細めを用意した方が使いやすいやと思います。

あまり太いと調節もしにくく、ホース感も強くて気持ちよくありません。


ただこれは好みの問題なので太い方が好きという人もいるかもしれません、各自で調節してください。


ホースの中に冷たい水や好みの温度のお湯などを入れても、普段とは違った気持ちよさが味わえますよ。


余談ですが『肥後ずいき』という性具が肥後細川藩から徳川将軍家への献上品として、また参勤交代のときの土産物として持参されていたそうです。


これは芋の茎を紐状にして編み上げたものだったそうです。細くて形が変わりやすいものを束ねて作るのは昔からメジャーなのかもしれませんね。

Woman2

どこかに良い男いないかなー?最近出会いなくてドキドキがないなぁ・・

女性が輝きは、出会いの経験で決まる!これはとある有名人も言っていた言葉です。


『日々の生活に、ちょうどいいくらいの刺激が欲しい人』

『身バレせずに、パートナーを探してみたい人』


女性に安心のマッチングアプリはこの2つ!

U9qpoudczz5y3jtrxdfe

ここまでの内容は元からある道具を使ったり、少し改造してディルドとして使う方法を解説してきました。

しかし、最初からディルドを自作することも出来るんです。


そもそもディルドは金属やガラス、木製など面白い素材のものがたくさんあります。

よくある市販品ではシリコンなどの柔らかいものが多いですが、本当はどんな素材でもいいのです。


自作ならば当然サイズも太さも素材も自由自在!

好きな素材で自分好みのディルを自作してみてはいかがでしょうか?


普段とは違う気持ちよさが味わえる、大人のおもちゃが出来上がりますよ。

Yis79twbcdzw8mz1aouo

ディルドは様々な素材で作られています。

ディルドの歴史は古く素材も多様です。もちろん安全に問題があるものもありますが…。


これで作らないといけない、なんてルールはありません。

自分が気持ちよくなれる素材で作ればいいのです。


とはいえ、ディルドに好奇心はあれど材料を買うほどではない人や、身近な素材で作ってみたいなんて人もいると思います。


そんな時におすすめなのが食料品を使ったディルドです。

勿体無くかんじてしまうかもしれませんが、食品由来のものなら危険性も低く、使うのに抵抗なく遊べるかもしれませんね。


ですが、食品でもかぶれてしまったりする危険もあるので、やはりコンドームは必須です。

掘り出してディルド作り

江戸時代にメジャーだった性具としては木製で作られた張形がありました。

これは木を掘り出して、ちんちんのような形にしていました。


大きなものではなく、初めからある程度の使いやすい大きさにしておけば、100均のノコギリや彫刻刀、ヤスリでも可能なようです。


木材の強度も要りませんし、器用な人で根気があれば出きるかもしれません。


ですが正直、木の加工は素人には難易度が高いですよね…。

でも掘り出したディルドを作ってみたい!そんな時のおすすめは野菜です。


使える時間の短さはあるものの、木材と比べると加工が簡単ですぐに作ることができます。

コストも安く、木材で作る前の練習や、どんな形が気持ちいいか研究するのにも使いやすいのでおすすめです。


その時は固く水分量が少ない野菜を使う方がやり易く、作りやすいと思います。

詰めるタイプのディルドもある

他にも簡単なディルドの作り方としては、コンドームに詰めて形成するものがあります。

このやり方は形も作りやすく、刃物もいらないので簡単で安心です。


食品を利用する場合は、炊いたご飯を使ったりもするそうです。

なんとなく罰当たりな気がしますが、デンプン糊と同じようなものだと思えば少しは抵抗なく使えるかもしれません…。


コンドームにみっちりとご飯入れて形を作り、コンドームにから出して乾燥させて使います。

そこまで長期間は保存できませんが、しっかりと乾かせば意外と長持ちするようです。


ご飯はちょっと…という方にオススメなのがジェリーボール!

100均にも売っているビーズのような小さな粒ですが、水にいれると何倍にも膨らみます。


これをコンドームに詰めてディルドとして利用するのです。

見た目も可愛いジェリーボール、粒々感と柔らかさが癖になる大人のおもちゃになりますよ。


ジェリーボールは水分が抜けて縮んでも、水にいれると復活するのでかなり長期間遊べるのもありがたいですね。

Jta2zxruhvkjwtlxg7jx

簡単に加工できるものとしては粘土があります。

子供の頃1度は遊んだ粘土、小さな子供でも好きな形にできましたよね。


粘土と一口に言っても実はたくさんの種類があり、子供の頃遊んだ油粘土だけでなく様々な種類があります。


珍しいものだと木のような質感になる粘土や、石膏のようになる粘土は乾燥後に掘ることもでき、加工も楽しめます。


その中でも今回はメジャーで、100均でも通販でも簡単に手に入る二種類。


軽いものも重いものもある『紙粘土』と、熱を加えると何度でも形を変えれる『おゆまる』について紹介したいと思います。

紙粘土でも作れるディルド

100均で売っている紙粘土は便利です。

コスパもよくディルドを大きく作るとしても、200円程度で簡単に作れます。


見た目のクオリティまで高いものは難しくても、ざっくりとなら初めてでもうまく作れます。

イボ付きにしたり、カリを立派にしてみたり、好みのものを作ってみてください。


紙粘土は重いものと軽いものがありますが、床に置いて遊ぶなら重たい素材の方が使いやすいと思います。

吸盤を利用して壁にくっつける方法もあります。その際は軽い素材を選びましょう。


また奥を突いた時の重厚感は重い紙粘土の方がおすすめですが、使いやすいのは軽い紙粘土かもしれません。


好みに合わせて作成してみてください。

おゆまるはとっても便利

造形初心者向けの粘土としては『おゆまる』があります。


『おゆまる』とは、80℃以上のお湯につけると柔らかくなるプラスチック粘土で、もし形を失敗しても、またお湯につければ簡単に再形成出来るのがポイント。


冷めると固まるため、短時間で形成しないといけないのがちょっと難しいですが、温めれば何度も作り直せるので安心して作れます。


またディルド自体を作るのは難しくても、市販のディルドをイボ付きにしたり改造するにもおゆまるがおすすめです。


少し改造するだけで普段とは違う気持ちよさが感じられるようになりますよ。

ディルドの自作キットも販売されています。

これさえ使えば簡単に好みのちんちんが作れるのです。


初めから自作するのに比べると、キットを使えば簡単に作れますし、色や形もそれっぽいものが簡単にできます。


オナニーを追求する為に自分のディルドを作るときには、材料から揃えるのも楽しみの一つすが、パートナーとのプレイでは簡単なキットを利用した方が楽しめるかもしれません。


馬鹿馬鹿しく思えるかもしれませんが、普通とは違ったプレイは盛り上がること間違いなし!

自作ディルドで新たなプレイを楽しんでみませんか?

再形成可能なディルド

自作できるディルドとしてはスウェーデンのDodilもおすすめです。

暖めると柔らかくなり、その間に好きな形にしてから冷やしてしまえば、何度でも形を変えれるという面白いディルドです。


簡単に形を変えれるのでセックスに利用するのにも向いていますし、オナニーで究極のディルドを作るために試行錯誤してみるのもいいでしょう。


外側の素材は伸縮性がある柔らかいシリコン製、内側には冷やすと固まるヒートトリガーコアという素材が使われているというこのディルド。


形は意外と変化するらしく、ハードな遊び方ができる形にもなるようで、使いやすいくマルチに楽しめると思います。

彼氏のを形取りして作る?!

実際のちんちんから型どりして作るキットも販売されています。

これを使えば本物のちんちんのクローンもどきが簡単にできるのです!


これはパートナーとの遠隔エッチの時に使うと盛り上がりますよ。


彼女がカメラで一人エッチを見せる時に、自分のちんちんと同じ形のもので遊んでいる光景は男の人にとっては興奮するものです。


エッチの時に使っても、自分のちんちんと同じものが出入りしている光景は男の支配欲をくすぐりますよ。


元の型どりをする時はちんちんに触れますから、エッチな姿を見せたりキスや乳首舐めしたりとプレイの一つとして楽しめます。

値段は少し高いものの、マンネリ化した時のプレイにどうでしょうか?

Lulu Kushel

男を虜にするバスト、諦めていませんか?


バストに関するお悩みを持つ方にぜひ着けてみてほしいのが、くつろぎ育乳ブラの【Lulu Kushel(ルルクシェル)】


優しく寄せて逃がさない程よいキープ力と軽い着け心地で、睡眠中のバストをやさしくサポート!


しかも、バストアップサロンオーナーが監修しているから、機能・着心地・かわいさ全てにこだわった育乳ナイトブラなんです。


3,000円台から買えるのでお財布にも優しいですよ!