Vyshznlfsr1x21jpuyik

性交関係

CATEGORY | 性交関係

レズカップルの付き合い方!相手はどこで見つけるの?セックスのやり方まで紹介!

2020.12.04

世間でようやく同性愛が容認されてきましたが、それでもまだ完全に世間に浸透しているわけではありません!!そんな中でレズカップルの付き合い方ってなかなか周りの人に聞けませんよね!!今回はそんなレズカップルの付き合い方について紹介します!!

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. そもそもレズって何??
  2. 自分がレズかどうかはいつ頃に気づくの??
  3. レズカップルの相手をどんなところで探せばいいの??
  4. レズカップルの付き合い方ってどうしてるの??
  5. レズカップルのセックスはどうしてるの??
  6. レズカップルが長続きするために気を付けていること!!

レズビアンとは、自らの性格が女だとわかっているうえで女の人に恋愛感情や性的魅力を感じる人のことです。

最近よくLGBTという言葉を耳にしたりしませんか?

LGBTの中のLはレズビアンのLを意味しているのです!!



現在、日本にはおよそ10%前後、10人に一人がLGBTであるといった調査結果が発表されています。


この数字を見てこんなに多いのか?自分の周りにはそういった人たちはいない、と思う方も多いのではないでしょうか?

そもそもLGBTは性的少数者(セクシャルマイノリティ)です。


日本人の考え方で、みんなと同じことが良い、まわりと違うことをするのは嫌だ、と言ったものがあります。

そういった集団的圧力の中で「私はレズビアンだ」とカミングアウトすることが皆さんにはできるでしょうか?

周囲の人たちに相談もできず、一人で目に見えない不安に怯えている人は調査結果よりももっと多いのかもしれません。


この記事ではレズビアンであるといつ頃に自覚するのか、またレズビアン同士のパートナーの探し方や付き合い方を紹介していきます!

中学校までの間に気づいている女性もいる!

ひとくくりにレズビアンといっても、まだ自覚をしていない、この気持ちが恋愛感情なのかわからないといった声は多く存在します。


そんな中で中学生、つまり13~15歳までに自分は女性のことが好きだと自覚している人も少なくありません。

Woman1

中学生の時、ある女性シンガーのファンになった。彼女のことを知っていくほどに彼女に対する感情が憧れではなく、

恋愛感情であると、ふとおもった。その後同級生に同じ感情を抱いたことで自分はレズビアンなんだと自覚しました

Woman2

子供のころからレズビアンであると自覚していた。幼いから男の子よりも女の子と仲良くすることが幸せだった。

小学生のころに両親に女の子と結婚がしたいと言ったときは、とても困った顔をしていてそれから自分はレズビアンだと人に話せていない

など幼少期のころから自覚していた、という話もたくさんあります。

大学の途中や大人になってから気づくことも!

また、今までは男性が好き、ストレート(異性愛者)と思っていた人たちも、人生経験のなかで自分がレズビアンだとだと自覚することもあります。

Woman3

子供のころから女の人は男の人を好きになる、と思っていたがなかなか好きな人は現れず、まだ自分の好みの男性に出会えていないだけだと思っていましたが、大学で出来た同性の親友に対して、ドキドキする、触れ合いたいなどの恋愛感情を抱き自分はレズビアンなんだと思いました

Woman1

一度女の人のことを好きであることを悩んだ時期がありましたが、女性誌に女性同士でのスキンシップはよくあることとあったので、そう言ったものだと思っていました。

ただ社会人になり、LGBTについての記事を読んで自分の気持ちを理解できた。安心しました。

このように単にレズビアンについての知識や理解がないために、周りと違うのでは?と不安に思いながら大人になる方々もいるようです。

Woman3

何か楽しいことないかなー?最近出会いなくてつまらない・・

女性が輝きは、出会いの経験で決まる!


『日々の生活に、ちょうどいいくらいの刺激が欲しい人』

『身バレせずに、パートナーを探してみたい人』

顔出し不要で出会えるのって安心ですよね!もちろん無料だし、〇inderなんかと違って、紳士的な男性が多いので、おすすめです!

Woman5

顔出し不要だし、友達が使っているから、安心!(32歳/OL

出会いの場①クラブ、ラウンジ、バー

世界の国々に対しまだまだLGBTへの理解が追い付いていない日本ですが、調べれば多くのレズビアン限定の出会いの機会があります!


中でもクラブやラウンジ、バーなどは仕事帰りや休日の空いた時間など、自分のペースで通える出会いの場のひとつです。


クラブでは、音楽を楽しみ、お酒を楽しむ中で新しい素敵な出会いに巡り合えることでしょう!


でも、そんなふうにはしゃげない、騒がしい場所が苦手だ、という方にはビアンバーをおススメします!!


ビアンバーには一人で来ている女性も多く、また店員さんが話しかけてくれることが多いので、そこから他のお客さんとの共通の会話につなげることができます。

出会いがなくて困っているけど一人では不安だ、という人は是非一度ビアンバーを調べてみてください!

出会いの場②レズビアンイベント、音楽フェス

夏になれば音楽フェスで盛り上がる!行ったことはないがテレビやネットで見ていて、一度は行ってみたいなと、思っている方。

音楽フェスにもレズビアン限定で開催されているものもあります!


皆さんの想像されているような音楽フェスのイメージ、素敵な音楽やダンス、会場全員で盛り上がる一体感など、そのままのイメージです。

ただ、一つ違うのは会場全員が「レズビアン」であること。


セクシャルマイノリティであることや、周りと自分は違う、などといった不安はこの空間では感じることがないでしょう。


人に対してありのままの自分を出すことに恐怖を感じている人でも、ことこの瞬間においては本当の自分をオープンに新しい出会いに踏み出すことができます!


素敵なパートナーに出会いたいけれど、人見知りが激しい、新しく仲良くなった人なかなかレズであると伝えれない、

といった方には一度レズビアンイベントに足を運んでいただき、そういった不安のない「自然な社交」を体験してもらいたいのです!

出会いの場③SNS、出会い系アプリ

いきなり本人を目の前にして話せない。

出会いは欲しいけどバーやイベントにいくのは少し不安だ、という方にはSNSやマッチングアプリがおすすめです。


今ではマッチングアプリで出会い、そこからお互いにひかれあってお付き合いをしている、なんて話はよく聞くようになりました!!

SNSやマッチングアプリの利点は、相手と話す前からプロフィールや過去の投稿である程度の人物像を把握できることです。


素敵な人だから、共通の趣味があるから、など気になる人がいれば共通の趣味の話などで話題をだし、話しかけてみることができます。


また、SNSで自分から情報を発信していけば、今まで出会えなかった自分の趣味と同じ人などからアプローチが来るかもしれません!


クラブイベントやバーなどとは違い、自宅のベットの上で空いた時間にパートナーを探すことができるので時間の有効活用ができます。


さらにSNSでは様々な情報があるので、レズビアンについてもっと知ることができ、自分のことをより理解する手助けにもなるでしょう!

異性同士のノーマルカップルと実はあまり変わらない!?

レズカップルもノーマルカップルもどちらも、相手のことが好きで一緒にいるという点は何ら変わりません。


周りに打ち上げることが、、、など二人の共通の悩みはありますが、お互いにパートナーに対しての考えはノーマルの方と全く同じです。

「触れ合っていると安心する」「二人で一緒にいるだけで幸せを感じる」「自分の悩みに一緒に悩んでくれる」

など、好きな人に対する感情はみんな同じく、幸せを感じると言ったものでした!


逆にパートナーに対して「時間にルーズだ」「あまり自分にかまってくれなくなった」などとネガティブなところもノーマルカップルとの違いは全くありません。


自分たちはレズカップルだから、周りとは違うからほかのカップルとは違うのかもしれないと思っている方。

あなたたちのパートナーに対する気持ちや感情はみんなと同じものです!


それどころかお互いにレズビアンであるということで、相手の悩みや不安に寄り添うことができるのでノーマルカップルよりも、より深く繋がっているともいえるでしょう!

異性ならなかなかできないレズならではのスキンシップも!?

ノーマルカップでよくある、女性は手をつなぎたい、イチャイチャしたい、と思っているのに男性はそれに答えてくれない。

なんてはなしはよく耳にします。


女性は愛情表現の一つとして相手と触れ合いたいのに対して、男性は「恥ずかしい」「周りの目が気になる」とスキンシップを拒んでしまう為、そういった悩みが生まれてしまうのです。


レズビアンカップルでは、お互いが「触れ合っていたい」と考えているので、言葉で伝えずとも手を差し伸べればそっと握り返してくれることでしょう。


また、スキンシップには「守ってあげたい」「愛されたい」など意味を込めていることもあります。


なかなか異性相手には伝わらない言葉にしない気持ちを、お互いに感じ取れることができるレズカップルのスキンシップはノーマルカップルのものよりも特別なものなのかもしれません。

男性が意外に気にするところ。それはデリケートゾーンの臭いです。


せっかく良い感じにデートしてお泊り・・ってなっても、変なニオイがしちゃったらすべてが台無し!


ハーバルラクーンナチュラルミストは、雑誌ananで1位にも輝いた人気商品。まだ使ったことない人、初めてケアをする人にピッタリです!

レズカップルのセックスにゴールはある??

素敵なパートナーに出会い、お付き合いをしていくうえで気になるのが夜の生活ですよね!!


まず初めに「ネコ」や「タチ」という言葉があります。

簡単に説明すると「ネコ」は受け手、「タチ」は攻め手、つまりセックスの際にリードする方を「タチ」と呼んでいます。


また、どちらかが常に「タチ」である必要はなく、前は「タチ」だったから今回は「ネコ」と、入れ替わることもあります。


一般的にセックスのゴールとして、男性側がフィニッシュすることで男性側の性欲が一気に低下しゴールとすることが多いです。


ですが、女性同士の場合オーガズムに達しても急に性欲がなくなることがないので一概にこれがゴールといったものはありません。


ネコ側がイッたら終わり、眠たくなったら終わり、などと様々な「ゴール」があります。

パートナーとお互いに満足のできるゴールを定めてみてもいいでしょう!

挿入行為がなくてもいいカップルもいる

「セックス」という言葉を聞いて、やはりイメージしてしまうのは挿入のこと。

ただ、レズビアンのセックスでは一般的に愛撫やオーラルセックスと呼ばれる行為をさします。


挿入がない=前戯のみ、と満足できないのか?と思ってしまいそうですが、男性よりもより女性の身体を知っていることで愛撫などの行為だけでも充分に満足させることができ、オーガズムに達せるという方が多いようです。


またパートナーによっては道具(バイブやペニスバンド)に抵抗があり、気になりながら行為をするよりもキスやハグに始まり、手マンなどお互いの身体だけでするほうが幸福感を感じる、という人も多いのです。


そういった雰囲気になったときはいきなり自分のセックスをするのではなくキスやハグからゆっくりとセックスを進めることに気を付けていただきたいです!

家事、料理などは得意なほうがしたほうがいい!

一緒に暮らしていくうえで、気を付けたいのは料理や掃除などの家事のこと。

最近では共働きのカップルばかりで、女性ばかりに家事のウェイトがかかっているとよく問題になっています。


では、お互いに女性のレズカップルではどのように家事を分担しているのでしょう?


一番多かったのは得意なことを基準に平等に役割分担をしているというものでした!

料理が得意だから料理とキッチン周りの掃除をするかわり、お風呂とトイレの掃除はしてもらい、リビングはお互いが掃除をする。

などと、事前に役割を明確にすることでパートナーとの関係を円滑にしているようです。


ただ、忘れないでいただきたいのは「やってもらっている」ということ。

時々でも感謝の気持ちを伝えるなどして相手をいたわることが長続きするためのポイントといえるでしょう!

愛情表現、スキンシップは欠かさずにする

付き合っていても、3~4日に一度はスキンシップを取り、好きであることを伝えましょう!

パートナーにとってあなたは、少数のレズビアンの中で唯一付き合っている特別な一人です。


彼女はそんなあなたに対して「嫌われないだろうか?」「まだ自分のことをすきなのか?」と不安になってしまう時もあります。

そういった不安は徐々にたまっていきよくない結果につながってしまうこともあるかもしれません。


少なくても4日に一度くらいは言葉で伝えたり、スキンシップを取ることで彼女に気持ちを伝える必要があります!



またあなたが彼女に気持ちを伝えることで、彼女の気持ちをつたえてもらえることが多いので、自分自身の不安を取り除くことにもなるでしょう!


そういったお互いの気持ちを再度認識しあうことでよりよい関係を続けることができます。

喧嘩をしたまま長引かせない!

どんなにお互いが好きでも、時には意見が合わないなどで喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

そんな時は時間が解決してくれるなどと思わずに、2人で話し合い、できるだけ早く解決する必要があります!!


時間が解決してくれるのは気持ちの高ぶりだけです。

友人やほかの人に相談し、発散して解決することができればいいですが、「レズビアンの彼女が~」と相談することが難しいときもあるのです。


もちろん主語を友人にして相談したりもできますが、それでは本当の意味で愚痴をこぼすこともできず、結果一人で我慢してしまうことになりかねません。

一度気持ちを落ち着かせた後に自分の気持ちをパートナーにしっかりと伝えることが大切です。


そのあと相手の意見も聞き、二人できちんと問題を解決しなければ、お互いにモヤモヤとしたままで次の喧嘩のきっかけになってしまうでしょう。

喧嘩をしたらまずは落ち着く、お互いの気持ちをつたえ、二人とも納得すること。

これがレズカップルの長続きをするためのコツです!

コロナで出会いの場がすごく減って、毎日退屈していませんか?


ここ数年、マッチングアプリを使う人が増え、何かと話題ですよね。

こんな人におすすめのアプリを紹介します!

・日常に程よい刺激が欲しい人

・あわよくばお小遣い欲しいな!って人

ワクワクメールは、累計会員数700万人の大手マッチングアプリ!特に女性に優しい設計になっているのが特色ですね。だから紳士な男性が多い印象です。


また、30代の女性でもパパを見つけることが可能だそう。お金持ちのオジサマが使っているみたいですね。

Woman2

私のおじ様は月額10万+αで、週1回デート。最近はオンラインが多いけど普通に楽しい。

Woman3

20~30代の男性もたくさんいて、すぐにご飯連れて行ってくれるし、他のアプリより使いやすいな!