R8g7ouzhtrvsjqdpapih

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【ヤリチンが解説】オナニーでも『亀頭攻め』を取り入れろ!ガクガクするほど気持ちいいやり方!

2020.12.18

男性は女性に比べるとオナニー方法が少ないと思われがちですが、実は男性が本当に感じる事ができる方法は簡単なんです!本記事では男性が本当に感じる事ができる方法の『亀頭攻め』について、やり方・メリット・実体験まで詳しく紹介・解説していきます。

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. オナニーはしますか?
  2. 亀頭攻めのメリット
  3. 亀頭攻めのデメリット
  4. 亀頭攻めをやる上での準備
  5. おすすめの亀頭攻め方法
  6. 【体験談】私個人的におすすめの亀頭攻め方法
Sbjdb1l7fvzgdlb9kot1

こんにちは、365日オナニーだけは欠かさない夜遊び太郎です!


男性の皆さん。オナニーは好きですか?高校生の時から、社会人になっても毎日欠かさずにオナニーしている人もいるのではないでしょうか?


男性に限らず女性でも、オナニーをする人はいますよね!


本記事では、男性のオナニーの中でも特に感じる事ができるオナニー方法である、『亀頭攻め』について紹介・解説していきます。

J4rm3xujpn4zp4eylop1

それでは早速ですが、『亀頭攻め』にはどのようなメリットがあるのかを、詳しく見ていきましょう!


オナニーの中でも『亀頭攻め』はあまり一般的とは言えません。特殊オナニーの部類に入るので、このオナニー方法を実践したことが無い人もいると思います。


なのでまずは、亀頭オナニーについて知ったうえで、おすすめの攻め方について詳しく見ていきましょう!

ちんこを傷つけることなく、高刺激を受ける事ができる

まずは『ちんこを傷つけることなく、高刺激を受ける事ができる』という点です!


たいていの高刺激オナニーは亀頭やアナル、前立腺を激しく刺激することで高刺激を感じますが、あまりに激しくしすぎると傷つけてしまう可能性があります。


しかし、『亀頭攻め』の場合は刺激の仕方を極端に激しくしたり、刺激方法さえ変な感じにしなければ傷つけることなく楽しめます!


そもそも、亀頭攻めの場合は尿道オナニーとは全然違うので、ほとんど間違える事はありません!その点でも、初心者の人がやりやすい高刺激オナニーとなっています。

男性でも潮吹きが可能

そして最も大きなメリットは『男性でも潮吹きが可能』という点です。


『潮吹き』と聞くと、女性だけが楽しむものと思いがちですが、実はそんなこと無いんです。

男性でのもやり方によっては潮吹きだって楽しめるんです!


快感(オーガズム)には大きく分けて『ドライオーガズム』と『ウェットオーガズム』の2つに分かれます。


簡単に説明すると、射精をともなく快感(オーガズム)が『ウェットオーガズム』で女性のイク感覚が『ドライオーガズム』になります。


それぞれの特徴として、『ウェットオーガズム』は一度イってしまったらある程度のクールタイムが必要で、『ドライオーガズム』は短時間で何度もイク事ができます!その為、射精後には『賢者タイム』が存在するんです!


射精は連続でイケたとしても2.3回が限度ですが、女性のドライオーガズムの場合は短時間に十数回ですら可能です。


女性のガクガクイキが男性でも可能なので、かなり魅力的なのですが、女性とは違い男性の場合は、快感を得るために訓練が必要で、すぐにとはいかないんです。

K4rgzwcuhxyfrq68jczz

それではここからは『亀頭攻めのデメリット』を紹介していきます。


男性でも潮吹きが可能なオナニー方法ですが、しっかりとデメリットも存在します。デメリットもしっかりと押さえた上で楽しみましょう!

気持ち良く感じるのに時間がかかる

まず初めに言えるのは『気持ち良く感じるのに時間がかかる』です。


さすがに高刺激なオナニーなので、オナニー初心者であろう学生さんや、普段から高頻度でオナニーをしない人にとってはあまり向かないかもしれません。


亀頭攻めするときのスピードややり方によってかなり異なりますが、たいていの場合、亀頭を初めて攻める人にとってはすぐに気持ち良くなれるものではありません。


また、潮吹きする時も、かなり気持ち良いわけでは無く何となく『おしっこが漏れそうな感覚』なので、初めての人で気付かないかもしれませんね!

人によっては不快に感じる

次は『人によっては不快に感じる』という点です。


先ほども紹介しましたが、このオナニー方法は慣れるまでに時間がかかります。その為、オナニーに慣れていない人は『不快に感じる人』も一定数います。


感じる可能性がある不快感としては、『痛み』と『ゾワゾワ感』です!


『痛み』に関しては、激しくやりすぎると亀頭が過度に擦れてしまい、『痛み』まで感じてしまう場合があります。


また、亀頭攻め時に、ローションを使用しないとそれはそれで痛みを感じてしまう原因になります。なので、攻める時はローション必須です!


2つ目は『ゾワゾワ感』です。


潮吹きをするために亀頭を攻めるんですが、男性ならわかると思いますが、射精後に亀頭触るとなんだか変な気分になりませんか?(笑)


亀頭攻めは、その『ザワザワ感』を感じれるようにならなければいけません!その時点で人によっては苦痛ですよね(笑)


初めのうちは不快でも、慣れてくれば快感に変わってきます。人によってはかなりの時間がかかりますが、根気強くやれば亀頭攻めを楽しむことが出来るので、懲りずに続けましょう!

D3qdpnk2f8azfrpidsmr

ここからは、亀頭攻めをする上で必要な準備について紹介・解説して行きます!


ここで紹介する準備をしないと快感に感じる事は難しく、なかなか楽しめません。またそれだけでなく場合によっては痛みを感じてしまう場合もあります!


必ず押さえておきましょう!

たっぷりのローションを使用する

ローションは必ず使用するようにしましょう!


亀頭攻めなので、ガマン汁でも意外と何とかなりそうな感じはしますが、出来る限りはローションを使用しましょう。


理由としては、単純にローションの方がヌルヌル度合いが高いですし、ヌルヌルしている時間が長いので、気にする必要が無いからです。


慣れてきたら使用しなくても大丈夫です!初心者のうちは、快感を得る事が難しいので、萎えてしまうこともしばしば…。


萎えてしまったらまた勃起させて…とやっていると、乾いてきてしまい痛みを感じる事も多々あります。


その為、初めのうちは面倒かもしれませんが、ローションを必ず使用するようにしましょう!

硬いとがっている物では攻めない

2つ目は亀頭攻めの時に『硬いとがっている物では攻めない』という点です!


硬く無ければいいというわけではありません!仮にゴム製の柔らかい物だとしても亀頭攻めの時は使用しないようにしましょう!


亀頭は敏感なので、攻める時は亀頭に当てる面がなるべく滑らかな場所を選ぶようにしましょう。特に初心者の人は『手』を使って行うことをおすすめします。


硬いものや棒状のもので攻めてしまうと、亀頭攻めでは無く尿道攻めになってしまうので、初心者の人は特に気を付けてください。


尿道攻めは慣れている人がやると確かに、快感を得る事ができるかもしれませんが、慣れていない人がやると、尿道を傷つけてしまう事もあるので、手でするのをおすすめします!

Pzklugwuxxzrwkyhiuly

ここからは、おすすめの亀頭攻め方法について、紹介していきます!


亀頭の攻め方は、手だけで簡単に出来るものから、機械を使ってオナニーする方法まで様々です。


ここでは、初心者におすすめの方法から上級者の人におすすめの方法まで紹介していきます。是非参考にしてみてください!

初級編:手のひらで攻める

まずは初級編の『手のひらで攻める』という方法です。


私が個人的におすすめする方法も『手のひらで攻める』という方法になります!理由としては単純で、初心者から上級者の人まで簡単に感じる事ができるからです!


先ほど注意点の紹介しましたが、硬いもので亀頭を刺激してしまうと、気付付けてしまう可能性がありますが、手のひらで攻めると、ほぼ100%傷つける心配がありません。


加えて、後々紹介する『電動オナホ』よりも細かく強弱をつけて亀頭攻めすることが出来ます。その為、これさえ覚えてしまえば永久に楽しめるワケなんです!


ここから、具体的なやり方を紹介していきます。


まず、大量のローションを手に取るか、ちんこ全体を覆えるくらいまで垂らします。その時に同時に手のひらにもしっかりと付けます。


準備が完了したら、手のひらのくぼんでいる部分を亀頭に押し当てて、ゆっくりと『の』の字を書くように回したり、『1本線』を書くように何度もします。


具体的にはこの2つの方法がポピュラーです。慣れている人であればこのやり方で手の動かし方を早めたり、テンポよくしてみたりなどのアレンジが可能です!


このやり方を維持できれば、いずれは潮吹きも可能になります。


亀頭攻めだけはこれでいいのですが、潮吹きをするまで続けるとなると、初めのうちはかなり苦痛を感じるので根気強く継続しましょう!

初級編:指まんこ

2つ目は『指まんこ』です。


指マンコでの亀頭攻めは、亀頭の中でも『カリ首』と言われている、亀頭の先の部分からちんこの竿部分の境目の、くぼんでいる部分になります。


その『カリ首』部分を、手でOKマークを作りできた『輪っか部分』をまんこのように見立てて抜き差しする攻め方になります!


この方法は先ほど紹介した手のひらで刺激する方法とは刺激する場所も、刺激の強さも全く違います!


こちらの方法がさっきの方法よりもより、初心者向けの方法となっているので、個人的には初めのこの方法から始めると良いです。


おすすめ理由としては、刺激の強さ以外にもローションを使用しなくても、ある程度の問題が無いという点でもおすすめできます。


また、OKマークの広さで刺激の強弱を簡単に付ける事ができるので、調整のしやすさもピカイチです!

上級編:電動オナホで攻める

上級編は『電動オナホ』で亀頭攻めをする方法になります!


この方法は、電動タイプのオナホを使用して亀頭攻めをする方法となります。オナホを装着しての刺激なので、一見簡単にも見えると思いますが、集中的刺激の為初心者向きとは言えません。


オナホの種類によっては、刺激の段階を選べるものも多くありますが、亀頭攻めをしたことが無い人にとっては高刺激に感じてしまう可能性があります。その為、上級編になりました!


具体的なやり方としては、各オナホによって違いますが、たいていのオナホの場合はローションを使用することには変わりないので、ローションを使用して装着するだけになります。


逆に亀頭攻めに慣れて綺麗る人にとっては、手だけで刺激してしまうと低刺激なので、飽きてきてしまいますが、オナホさえ使えば全くそんなことが無いので、手のひら・指まんこ攻めに飽きたら買うことをおすすめします!

ここからは、私が経験した『亀頭攻め』の中で個人的に、おすすめの亀頭方法の紹介と、実践した時の体験談を紹介していきます!


私が今までで一番刺激的だった方法は、『手のひらくぼみ+指まんこ』でした。


具体的には、手のひらにたっぷりとローションを垂らして、手のひらに溜まるような形にした状態で、亀頭に押し当てます。


そして、指まんこの状態にして『カリ首』部分を集中的に、短い間隔でリズミカル同時刺激をしました!


潮吹きまではいきませんでしたが、個人的には潮吹きよりも気持ち良く感じる事ができました。


この亀頭攻め方法の中で、重要なポイントは、手のひら攻めよりも『カリ首の刺激』の方が重要になります!

Cgdddb84obq2x2b53wrt

手のひらで攻めるのも確かに重要ですが、それ以上にいかに女性のまんこに近い、締め付けを再現出来て、刺激具合を調整できるかが大切になります。


初めのうちは、何が気持ち良いのかわからないかもしれませんが、何度も何度もやっていくうちに自分の気持ち良い刺激具合がわかってくるので、根気強く続けると良いですよ!


正直言うと、女性とのセックスの方が良いに決まっています(笑)ですが、所詮オナニーかもしれませんが、されどオナニーです。


毎日継続していると、普段のオナニーですら楽しむことが出来るので、自分の気持ちいポイントを知っておくと、オナニーの幅が広まりますよ!


女性との出会いのきっかけはコチラ