Gkbvqhqzcer3dyadjthk

恋愛

CATEGORY | 恋愛

デートの会話で盛り上がる話題まとめ!ネタ切れ知らずで楽しいデートを!

2020.06.29

デートの会話で盛り上がる話題はあるのでしょうか。ネタ切れ知らずで楽しいデートをするための内容や質問をまとめてみました。沈黙が怖くなくなるデートの会話で盛り上がる話題や相手への接し方などもまとめてあるので楽しいデートに役立ててください。

  1. 【デートの会話で盛り上がる話題】ネタ
  2. 【デートの会話で盛り上がる話題】何を求めてる?
  3. 【デートの会話で盛り上がる話題】受け身
  4. 【デートの会話で盛り上がる話題】愚痴は親身に
  5. 【デートの会話で盛り上がる話題】意見が違う時には?
  6. 【デートの会話で盛り上がる話題】質問する内容
  7. 【デートの会話で盛り上がる話題】沈黙を恐れない
  8. 【デートの会話で盛り上がる話題】話題
  9. 【デートの会話で盛り上がる話題】共通を探す
  10. 【デートの会話で盛り上がる話題】まとめ

デートで会話が弾まないと、気まずい雰囲気になります。

会話が途切れて、沈黙が生まれてしまうと話のネタに困ってしまいます。

初デートや2回目以降のデート、会話がない沈黙の続くマンネリデートにも効果のあるネタはどんな内容だったり、質問だったりするのでしょうか。

デートで盛り上がるネタの内容や質問などについて紹介します。

最初に会話の中で、男性が何を求めているのかをチェックしてみましょう。

女性同士の会話の中では、同調が求められます。

「一緒だね」といわれると安心します。

男性は、会話の中で「自分認められている」と嬉しいものです。

具体的には、「自分がしたこと」や「自分が言ったこと」に対してどんな反応をしてくれているのか?が重要になります。

女性は、会話の内容に「同調して欲しい」けれど、男性は、会話の内容で「自分が役に立っている」「尊敬されている」と言ってほしいのが男性です。

デート中の会話は、基本受け身で聞くというスタンスが正解です。

おしゃべりが得意な女性は、ついつい自分の話で盛り上がってしまい相手の会話の内容やネタを奪ってしまいがちです。途端に、男性は沈黙してしまいます。

会話のネタは、彼の会話の内容の中からみつけて、「それってそういうこと?」「もっとわかるように教えて貰っていい?」というように、相手にどんどん質問していくことで、相手の自尊心をくすぐることができます。彼の話す内容を褒めたり、もっと知りたいという態度でいれば、好印象をもたれること間違いなしです。

間違えても、「それ知ってるよ。こういうことでしょ。」なんてことを言ってしまうと、彼の沈黙とともに気持ちも冷めてしまいます。

愚痴は、内容を聞いていると疲れてしまうから、できれば避けたいと思うネタですが、愚痴の中に、彼が求めているものがあるので、一生懸命聞きましょう。


もしも、「上司が仕事ができない」というのであれば、「自分の方が仕事ができる」という本音がみえてきます。親身になって聞いて、質問をしていくことで、彼がどんどんあなたに本音を話してくれるようになります。

意見が違うときには、どうしたらいいのでしょうか。

彼の意見を全部肯定すると、自分の意見が言えなくなってしまいます。

嘘をつく必要もないのですが、否定することは、好ましくありません。

「そういう受け取り方もあるんだね、参考になる」というように、彼の意見と自分の意見は違うけど、彼の意見で影響を受けたことを伝えることで、「認めてもらっている」と肯定されている心地よさを感じます。

彼は、心地よい会話の内容であなたと話すのが楽しくなります。

彼との会話が盛り上がらない時や沈黙になった時には、彼に質問を投げかけるといいでしょう。

質問の内容は「休みの時には、何をして過ごしていますか?」とか、「最近感動したことは何ですか?」など、会話のネタは、彼に質問する答えの中から広げていくと会話を盛り上げることができます。


もし彼があなたに関する質問をしてきたとしても、自分については話しすぎず、相手への質問を切り返すようにしましょう。

女性は、相手が沈黙していると、怒っているとか機嫌が悪いと考えがちですが、無理におしゃべりをしなくて良い相手は、居心地の良い相手だったりするものです。

男性は、デート中の沈黙が気にならなかったりすることが多くあります。

ただ、相手の女性の反応は気になる人が多いので、彼の様子や顔色に左右されずに、できるだけ自然体で接するように心掛けましょう。


相手の目を見て、うなづいたり、やさしく相づちを打つようにしましょう。

デートの会話で盛り上がる話題にはなにがあるのでしょうか。

第一印象

知り合ってからある程度の時間が経った時にネタにすると良いのが、「自分の第一印象」の話です。

最初のイメージから、すごく良くなったということを褒めるようにしましょう。

失敗談・体験談

自分の失敗談や体験談を話すと親近感を持ってもらえます。失敗談は、取り返しのつかないような失敗ではなく、ちょっとした失敗の話で、ちょっと笑えるくらいのレベルがいいでしょう。

相手の緊張がほぐれるための話だと思うと良いでしょう。

本音発言

本音で話すことで、2人の距離が縮まっていきます。「実はとても緊張してて」「こんな時になにを話せばいいのかわからなくて」などと相手を傷つけるような内容でなければ、本音をいった方が2人の距離が縮まります。

共通の話題で親近感をもたれると、より一層、恋愛感情が芽生えます。

共通の話題

ふたりの共通の趣味や仕事など共有の話題があると、話のネタはつきません。


映画や音楽、旅行やグルメなどの共通の趣味があれば、話題の幅が広がります。

共通の感情

自分と同じ価値観や考え方を持ってるかどうかを確認します。

「一日で一番楽しい時間はどんな時なのか」相手の答えに自分が共感できると思ったら、自分も同じということを伝えることで、話がふくらんでいきます。

何かをした時にどう感じるのか、感じる部分が同じかどうかによって、相手はあなたの話に興味を持ってくれます。そして、その話をしているあなたにも興味を持ってくれます。

同じ行動パターン

毎日の行動パターンが似ている相手とは同じ時間を共有できると感じます。

毎日の些細な行動パターンが一緒だと、行動する理由も一緒だったりして、話題が広がっていきます。

子供の頃の思い出

「懐かしい話」をすることで共通の話題が見つかるかもしれません。


小さい頃に好きだったTVや昔流行ったお店、小さい頃好きだった有名人などのちょっとしたことが話題になります。

懐かしい話の中に共通する話題があれば、それだけで会話がはずみます。


思い出の話をすると相手の小さい頃を思い浮かべることもできて、いろいろ想像ができて楽しむことができます。

「小さい頃どんな子供だったの?」という話題からどんどん話がひろがっていきます。

デートで会話が弾まないと、気まずい雰囲気になります。

会話の中で、相手が何を求めているのかをチェックして、「尊敬している」と言うことを伝えましょう。

デート中の会話では、自分の話を話すぎることなく、受け身で相手の話を聞きましょう。

相手にどんどん質問していきながら、相手の自尊心を満たすようにしましょう。

愚痴は、一生懸命聞き、相手の求めているものを見極めましょう。

意見が違うときには、否定することなく、相手の意見を尊重しましょう。

彼との会話が盛り上がらない時や沈黙になった時には、質問をしましょう。

「休みの過ごし方」や「感動したこと」から会話をひろげていきましょう。

沈黙を必要以上に恐れないようにしましょう。

デートの会話で盛り上がる話題は、第一印象、失敗談・体験談、共通の話題、本音発言、共通の感情、同じ行動パターン、子供の頃の思い出などがあります。

上手に話題を使い分けて、彼と楽しい会話をするようにしましょう。