happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Category性交関係

震災の時のレイプ事情を!厳しい時こそ人間の本性が見えてくる!

震災多発国である日本。実は震災の二次被害としてレイプ事件も起きてしまう可能性もあります。震災で心身ともに疲れ切っているときに人間の本性が出てきてしまうことも…。実際に起きた事件と共に被害に遭わないための対策も一緒に考えていきましょう!

この記事に登場する専門家

綺羅のサムネイル画像

ナンパ推進部

綺羅

ナンパで100人斬り達成!最近はナンパだけでは飽き足らず、風俗巡りも趣味になっています。全国風俗店巡りをしながらナンパにも明け暮れる毎日。女の子がとにかく好きなんです。

震災時に実際に起きたレイプ被害を一挙紹介!被害に遭わない為の対策とは!?

みなさん、こんにちは。ナンパ推進部の綺羅です。


日本にお住まいの方はもちろんご存じでしょうが、日本は地震の発生件数が多い国です。


阪神淡路大震災や東日本大震災など大きな被害をもたらす地震も多く発生していますし、首都直下型地震や南海トラフ地震など将来起こるであろう大地震も予測されています。


そんな自分の安全を守るのに大変な時ですが、実は身の安全以外にも女性にはもう一つ注意してもらいたいことがあります。それが震災時の”レイプ被害”です。


テレビのニュースではなかなか取り扱われない事件ですが、実際起きているのは確かなようです。


震災に遭った時大変な思いをするのは当然ですが、そういう時に人間の本性って出てくるのでしょうかね…。


頻繁に起きる地震ですが、今後はどのくらいの確率で起きる可能性があるのでしょうか?


日本列島の地域ごとに詳しく紹介しているサイトの数字を借りて、みなさんに紹介したいと思います。

震度6弱以上の地震が起きる確率ですが、一番数値が高い北海道地域では80%以上になります。ちなみに、震度6弱は固定していない大きな家具が転倒するぐらいの規模になります。


北海道以外にも、四国や関東でも近い数字の確率が予想されています。もはや、日本に住み続ける限り地震とは縁が切りたくても切れないようですね…。


今回はそんなレイプ被害から身を守ってもらうためにも、実際に起きてしまった事件と共に対策についても紹介していきたいと思います。

知らないだけで起きている!?震災時に発生したレイプ事件

まずは震災時に起きたレイプ事件について紹介していきます。


未遂で被害に遭わなかった方もいれば、実際に被害に遭ったという女性もいます。


状況などを知ってみると、震災の時の特有の環境や雰囲気が大きく関係しているようでした。


悲しいことですが、しっかりとこういう事件が起きているということは知っておくべきだと思います。


私も震災被害に遭った経験がありますが、その時の状況は想像をはるかに超える状況でした。


「自分や家族を守るためにどうしたらいいのか…。」「これからどうすればいいの?」という先の見えない問題をひたすら考えていましたね…。

①避難所での…

話している人物の写真:女性1

避難所の人に、「○○を取りに来て。」と言われ、行ったら性行為を強要された。

話している人物の写真:女性1

仮設住宅にいるときですが、男性に捕まえられて暗いところで裸にされました。

話している人物の写真:女性1

1人で避難所の周りを歩いていたら、複数の男性に囲まれてレイプされました。怖くて叫ぶことも出来なかった…。

避難所や仮設住宅は今まで接点のない他人同士が共存して生活する環境になります。


家などと違って、鍵などのセキュリティ対策も万全ではないので悪い人から身を守るという環境も整っていません。ライフラインも万全の状態とは言い切れないので、電気など使えないところもあるでしょう。


そんな環境を狙って女性が被害に遭ってしまうというケースが多いようですね。安全を確保するための避難所で、助け合いが大切な時なのにこのような被害が出るのはどうかと思います…。

②ボランティア男性…

話している人物の写真:女性1

避難所で知り合ったボランティアの男性と買い出しに行ったら、車が脇道へ。その後は考えたくもありません。

話している人物の写真:女性1

車が動かなくなってしまい、友人から紹介されボランティアの男性に助けてもらいました。その後から、性行為を強要するような脅迫が次々に届きました。

善意の気持ちから助けてくれるボランティアの方々ですが、中にはボランティアという皮を被ってひどいことをする男性もいるようですよ。


ほとんどの方が優しい方というのは分かっていますが、ごく少数でもこのような被害が出てしまうと信用したくても信用できないですよね。


あとは「助けてあげたんだから。」と見返りに、性行為を要求するのは間違っている気がします。それだったらボランティアしなくていいのではないでしょうか…。

③他県からの車の中で…

話している人物の写真:女性1

路頭に迷っている女性に他県ナンバーの車が近づいてきて「ゆっくり休める場所を知っている」と言って連れ込み、その後レイプしたという事件を聞いたことがある。

このように被害に遭わなかった他県から心無い人たちがやってきてレイプしたという事件も発生していたようです。


何か物資を届けるなどの支援目的で県外から来てくれるならありがたいが、このような事件を聞いた限りだと、レイプ目的という気がしてしまいます。


なんで、こういう時にそういうことを考えるのでしょうか…。自分がその立場になったときのことを想像してもらいたいです。

マッチングサイトで出会う!セックスが超うまくなる!

セフレをもっと作りたい?


実は、Jメールには大人の関係を求める女性が多いです。女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使うもの。それに気づけるかがポイントなのです。

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

なんとA〇女優や女子大生、人妻、コスプレイヤーもいます。Jメールは女性向けにも安全性をアピールしているので、最近の若い女の子が多い印象です。


登録無料、デイリーボーナス使えばお得に使えます!まずは登録!

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

こんな場所は危険!?レイプ被害が発生しやすい場所とは

今まで発生した事件をいくつか紹介していきました。今回紹介したニュースがすべてということではないと思いますし、絶対これ以上の事件数は起きているはずです。


では、どのような場所でレイプ被害が発生しているのでしょうか?


過去に震災に遭ったという方に「こういうところには女の人1人で近づいたらいけないよ。」と避難場所で教えてもらったこともありましたね。


震災の場所は違えど、女性が危険な目に遭いやすいという状況は一緒なようです。


その教えてもらった場所や今回調べた事件で分かった被害が発生しやすい場所をまとめてみました。

避難所

まず一番発生しやすいところとしては、『避難所』ではないでしょうか?


やはり人が一気に集まる場所ですし、長い時間生活する場所になります。避難所と言っても様々で、学校などの公共施設が避難所のところもあれば仮設住宅に住むという方も多いと思います。


学校などであれば、体育館で集団で生活しなければいけないですし、トイレなども共同になってしまう為、ある意味では性別関係なしに誰でも移動しやすい環境になります。


それに見ず知らずの人が集まるわけですから、それぞれの性格なども全く分かりません。良い人もいれば、当然悪い人もいると思います。


そんな環境が女性を狙われやすくしているのではないでしょうか?


それに避難所が大きければ大きいほど、死角も出来やすいのも原因かと思います。

被災地である街中

震災の時は警察なども機能しなくなる可能性が高いので、治安がどんどん悪くなる傾向にあります。レイプ被害以外にも、強盗や空き巣などの事件も発生しやすいのはこれが原因ではないでしょうか。


それに人気が少なくなってしまうので、犯人からしたら格好の場所だと思います。叫ばれてもバレませんし、誰かに通報される心配もありません。


何か必要なものがあったり、自宅に置いてあるものを取りに行きたいと街中に足を運ぶこともあると思いますが、安全に歩けると思わない方が良いと思います。

移動手段として重宝するもですが、レイプが発生しやすい場所と言えるでしょう。


一度車中に入れてしまえば、逃げにくいですし見られる心配もありません。それに森など人気のない場所に車を移動してしまえば、誰にもバレずに済みます。


自分が運転している車でも、例えば誰か知らない人を助けてあげるということがあれば同じように注意が必要だと思います。


「助けてあげる。」という甘い言葉で誘われても、不用心に車の中に入ることは避けた方が良いと思いますよ。

自分の身は自分で守る!?震災時のレイプ被害を回避する方法

発生しやすい場所というのが分かったと思いますが、そのような場所を避けるという以外にもどのようにしたらレイプ被害を回避することができるのでしょうか?


これは女性だけに限らず、男性もぜひ知っておいてもらいたいです。力では女性が男性に勝つというのは難しいですし、実際に被害に遭いそうになったら恐怖心から何もできないという状況に陥りやすいです。


いつ自分の身に起こるか分からない震災ですが、私が経験したときは周りの人に助けられました。

話している人物の写真:女性1

前にこんなことがあったからこうした方が良いよ。

話している人物の写真:男性1

女性1人だと大変だから守ってあげなよ。

励ましの言葉と危機回避の方法など、本当に良くしてもらいました。そんな時に、教えられた方法をみなさんにも紹介していきたいと思います。


震災は起こってから考えるのではなく、起こる前に考えておくということも教えられましたね。

①1人で行動しない・過ごさない

まずは、避難所や街中問わずに1人で行動するというのは避けた方が良いですね。行動する人数も多ければ多い方が良いと思います。


レイプ被害も個人だけではなく、グループに襲われたという事件も目にしました。2人で行動していてそれ以上の人数に襲われたらひとたまりもありません。


どうしても1人で行動しないといけない場合は、近くに人がいる場所だけで行動しましょう。


周りに人がいれば襲われにくいですし、もし襲われそうになっても叫んで助けを呼ぶことも出来ます。


まずは、これだけは絶対守るようにしてください!

②噂程度の情報に惑わされない

被災地で避難生活をしていると、必ずと言っていいほど噂のような情報を耳にすることがあります。

話している人物の写真:男性1

なんか向こうの避難所は、物資などもたくさんあるし電気とかも使えるらしいよ。

話している人物の写真:男性1

ここら辺危ないから、どこか別の場所に避難した方が良いらしいよ。

このような「~らしいよ。」という真偽不明な情報には惑わされないようにしましょう。


本当の情報もあるかもしれませんが、このような情報で人を誘い出してレイプするという被害もあります。


極力避難所だけで聞いたような情報は鵜呑みにせずに、ラジオなどの情報を頼りに行動した方が賢明だと思います。もし行動する場合は、1人ではなく複数人で行動しましょう。

③赤の他人を信用しない

やはりどんだけ避難所で一緒に生活をしていても、赤の他人は赤の他人です。


「~してあげるよ。」や「助けてあげるよ。」という言葉に甘えたくなる気持ちもわかりますが、信用しすぎるというのは避けた方が良いと思います。


その人が優しい人なら問題ないでしょうが、問題のある人なら見返りを求めてきたり1人になる環境を作って性行為を強要してくることも考えられます。


なので、出会って間もない人に対して疑い続けるのは難しいかもしれませんが、信用しすぎるというのもやめた方が良いと思いますよ。

④県外の親戚の家に避難する

もし頼れる親戚や県外の友人などいたら、その人の家に避難するというのも1つの手です。


その時の状況や交通網などで難しい時あるでしょうが、出来ることなら被害の少ない県外に避難するのが得策だと思いますよ。


震災で大変な思いをした時こそ、被害の少ない県外に避難してゆっくり心と体を休めましょう!

㊙セックステクを磨くコツ!

皆さん、セックスしていますか?


自粛期間だから合コンを開けないという人も多いです。

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902
話している人物の写真:男性3

こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策ですよ!

エロい女の子と出会うのは、この2つのアプリが大定番。好みに合わせて使い分けてくださいね。

おすすめアプリ①Jメール

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

20代女子でエロに興味がある女の子は、Jメールを使っています。


とにかくセフレ探しに強いのが特徴。セックスに飢えた女性が多いので割り切り目的で使うのが良いです。周りの友人も相当使っていますね。

話している人物の写真:男性1

学生もけっこういるし、若い子の間で流行っているのかも。やっぱ若い子の肌は最高(33歳/会社員)

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=41748&ad=39902

おすすめアプリ②PCMAX

https://pcmax.jp/lp/?ad_id=rm306675&mode=lp38

PCMAXは群を抜いて出会いやすいです。恋愛目的の女性もいて女性の質は高いです。セフレが欲しいけど、恋愛も!という方に合ってますね。

話している人物の写真:男性1

無料ポイントも結構もらえるから、思ったよりお金かからないね。3000円あれば十分楽しめる。(29歳/飲食業)

https://pcmax.jp/lp/?ad_id=rm306675&mode=lp38