happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Category性交関係

カップルなら中出しはあり?安全に楽しめる方法を激白!

中出しがしたいと思っている男性は多いでしょう。ましてや、愛するカップル同士なら尚更です。しかし、中出しにはそれ相応のリスクが付きもの。一時の快楽だけで望まぬ妊娠や性病になることは避けたいですよね。そこで、リスクを低減しつつ、中出しを楽しむ方法をご紹介します。

この記事に登場する専門家

あま美のサムネイル画像

出会い系とハプバーで500人以上とセックスしてきた!

あま美

風俗経験もあり、テクニックやピル、性病についても精通! ハプニングバーと出会い系にハマる自由奔放なビッチ♪

カップルだからこそ愛する彼女に中出ししたい!

やっぱり中出しは男性のロマン

こんにちは。自他共に認めるビッチ、「あま美」です。


突然ですが、あなたは中出しが好きですか?


おそらく、多くの男性が「好き」と答えることでしょう。

現に、Twitterにて集まってくれた20~40代の男性100人に聞いたアンケートでは、90%以上の男性が「中出しが好き」と回答!


「中出しのないセックスなんてする意味がない」「征服してる感じがたまらなくいい」「どうやって中出しまで持って行くか考えながらセックスしてる」など、さまざまなコメントも寄せられました。


…90%以上だなんて、結構な数字ですよね。ちなみに、9%の男性も「責任やリスクを気にしなくて良いなら中出しがいい」と言っていました。

中出しに対する女性の本音

話している人物の写真:男性5

女の子は中出しについてどう思っているの?

多くの男性は、女性の本音も気になりますよね。


1人のビッチとして言わせてもらうと、「中出しが大好き!」という答えになってしまうのですが…。


性病や妊娠のリスクが伴う中出しは「嫌い」です。

ちなみに、こちらの画像は、先ほどと同条件の女性に「中出しは好き?」とアンケートを取ったときの結果をグラフにしたもの。


「中出しが好き」と回答してくれた人は68%で、半数以上の結果に。


「中出しの方が精神的に満足できる」「相手が喜んでいるのが嬉しいから」「中出しの方が気持ちいい気がする」なんて声が上がっています。


なお、反対派の女性からは、「病気とか妊娠が怖い」「後処理がめんどくさい」「ゴムがある方が大切にされていると思える」などの声が…。


もちろん中出し未経験の女性もいて、「中出ししたい人は無責任だと思う」「未婚なら中出しは必要ない」と厳しい意見も寄せられました。


確かにどの意見も筋が通っていて、人それぞれ中出しへの価値観は違うようです。


中出しをする人が悪でも、しない人が悪でもないですからね…。

話している人物の写真:男性5

でも、カップルだったら中出ししてもよくない?

話している人物の写真:男性4

大好きな彼女に中出ししたい!

女性の本音を知っても、多くの男性はこのようなことを思うのではないでしょうか。


そこで、「カップルで中出ししてみたい!」という男性に向け、「彼女を守りつつリスクを低減する方法」をご紹介します♡

無理な中出しによってカップルの絆に亀裂が入る可能性も

まず、改めてお伝えしたいことがあります。それは「中出しにはリスクが伴う」ということ。


それでは、中出しに伴う3つのマイナス要素について見ていきましょう。

生理が来るまでの不安を味わうのは女性

まず、当然ですが、中出しセックス後に生理が来るまでの不安を味わうのは女性です。男性は、彼女と同じくらい不安になることはできません。


また、いくらピルを飲んでいたとしても生理が訪れるまではソワソワしますし、生理予定日から1日でも遅れるだけで泣きそうになるくらいの後悔に苛まれることも…。

アフターピルでの避妊は心身ともに負担

避妊を行わずに中出しされてしまった場合に妊娠を回避する方法として知られるアフターピル。中には、中出しを拒む女性に対して「アフターピルあるからいいでしょ?」なんて迫ってくる男性もいます。


しかし、アフターピルを飲んだとしても避妊に失敗する可能性もありますし、副作用も気になります。


代表的な副作用は、吐き気、嘔吐、頭痛、乳房の張り、不正子宮出血、倦怠感、傾眠、下腹部等の胃腸障害など。どれも不快な症状であることは間違いありません。


また、婦人科で処方してもらうには8,000円~20,000円の薬代と診察料が必要。膣内洗浄などもあり、多くの女性にとっては負担となります。


男性が「中出しを帳消しにする便利な薬」などと思いがちなアフターピルには、このように女性の心身に負担をかける側面もあることを覚えておいてくださいね。

妊娠だけではなく性病やHPVによるリスクも

女性が低容量ピルや避妊リングでの避妊を徹底していたとしても、性病やHPVのリスクは避けられません。


もし、自覚症状が出ないまま性病を放置してしまうと、重症化を引き起こし、最悪の場合は不妊や子宮外妊娠の原因となることも…。


また、いくらピルを飲んでいても運悪く妊娠してしまうと、性病が悪化しやすく大変危険です。


さらに、女性の天敵であるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染リスクもあります。


HPVとは、子宮頸がんの原因となるウイルスのこと。主にセックスによって感染し、セックスの経験がある約80%の女性が50歳までに1度は感染するというウイルスです。


男性は、中出しセックスにおいてこのようなリスクがあることを十分理解するようにしてくださいね。

エッチ素人女性のオナニー見放題

VI-VO(ビーボ)には欲求不満な素人美女が集まっています。普段は隠しているけど、本当はエッチな自分を誰かに見られたい!そんな願望を持つ素人女子と仲良くなれます。

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25287VI-VO

しかも、今だけ、登録するだけで3000円分のポイントがもらえるのでコスパ抜群です。メールアドレスで登録できるので超簡単!余裕で2~3発はヌケちゃいます!

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25287VI-VO

カップルの絆を守りたいならまずは中出しの準備を

上の項目で、中出しにおけるリスクについて説明しました。

話している人物の写真:男性4

それでもやっぱり彼女に中出ししたい!

話している人物の写真:男性5

彼女に何かあっても俺が責任を取る!

このように考えている男性に向けて、中出しセックスの前に必要となる準備について紹介します。

①よく話し合う

彼女とセックスする際、勝手に中出しをしたり、「してもいいよね?」と半ば強引に了承させているといったことはないですか?


このような行為の裏で、女性は「大切にされていない」と不安になり、そのストレスで辛い思いをしていることが考えられます。


そのため、まずは中出しへの価値観や必要性についてしっかり話し合うようにしましょう。

②コンドーム以外の避妊方法について知る

彼女が中出しについて肯定的だったり興味を持ったりしていても、まだ安心して中出しに臨めるタイミングではありません。


コンドーム以外の避妊方法についてしっかり勉強し、2人で向き合っていく必要があるからです。


・低容量ピル・超低容量ピル


・避妊リング


・パイプカット


避妊方法として認められているのは、上の3通り。


かかる費用や避妊率、副作用などを比較した上で2人に合った避妊方法を検討しましょう。

③2人で性病検査や婦人科への通院をする

中出しセックスに了承してもらい、具体的な避妊方法について検討したあとは、性病検査や婦人科への通院をしていきましょう。


このときのポイントは、2人で検査を受けたり、2人で通院したりと、彼女に丸投げしないこと。


性病検査はネットで検査キットを注文して2人で行うのもいいですし、ブライダルチェックを受けるのもよいでしょう。


また、ピルや避妊リングを考えている場合、婦人科への受診が一般的ですが、彼女が望むのであれば一緒に受診、もしくは送り迎えや待合室までは同行するのがベストです。


というのも、「ピルを飲んだり避妊リングを着けるのは俺じゃないから」というスタンスでいると、女性は無責任だと感じ、途端に後悔してしまうことも考えられるためです。


また、避妊や性病検査にかかる費用は、最悪でも折半するようにしましょう。

話している人物の写真:男性1

でも、性病検査って気まずくない?

こんな風に思うこともありますよね。そんなときは、やはりネットで検査キットを購入し、各自で検査するのもアリです。


ちなみに、わたしは「GME医学検査研究所」というところのキットを愛用しており、月に1回は検査を行っています。


ネットで検査キットを注文

自身で検体を採取

検体と申込書を封筒に入れて郵送

インターネット上で検査結果を確認

問題があれば「GME医学検査研究所」と提携する医院にて診察・治療


という流れで性病検査ができ、男女ペアセットなども低価格で販売しているため、カップルにとっての強い味方です!

④体調や彼女の意思を再確認

性病検査でも引っかからず、ピルや避妊リングを始めて十分な避妊効果が出たら、いざ中出しセックスを!


といっても、副作用で体調が悪かったり、不安などが原因で気が変わったりすることも十分考えられますので、その都度彼女の意思を確認することが大切です。


また、ピルの場合は飲み忘れやタイミングのずれによって十分な避妊効果が得られないこともしばしば…。


そのため、彼女が「ピルを飲み忘れた」「最近同じ時間に服用できていない」というときは中出しを避けるのがベターです。

カップルで中出しを楽しんだ後のアフターケア方法

①後戯や精液の処理をする

話している人物の写真:女性4

中出しはいいけどちゃんとアフターケアして欲しい

これは、多くの女性が思うことです。


特に、中出し直後に背中を向けられて爆睡されてしまったり、自分だけ性器を拭いてさっさとシャワーを浴びに行かれてしまったりすることで、女性の気持ちが一気に冷めてしまう原因に…。


そのため、中出し後には


・キスやハグなどの後戯をする


・自分の性器を拭くよりも先に拭いてあげる


・せめてティッシュを渡す


・一緒にお風呂に向かう


などのアフターケアを徹底するようにしましょう。


なお、精液が逆流することを防止するため、膣の中を念入りに洗いたい女性もいます。


そのような場合、見られたくないことを考慮し、シャワーの順番を譲るなど臨機応変に対応しましょう。

②ケア用品にかかる費用を負担する

中出し後の精液は、放置することで慢性的な臭いの原因になったり、雑菌の繁殖によって腹痛を引き起こしたりする恐れがあります。


そのため、多くの女性は彼氏に見られないところでケアをしていると考えるのが一般的です。


・セペや使い切りビデの使用


・デリケートゾーン用の石けんの使用


これらが一般的なケア方法ですが、カップルの関係を良好に保ちたいなら費用を負担することをおすすめします。


とはいえ、それらのケア用品を使っていることを悟られないようにする女性もいます。


そのため、


・デート代やホテル代を多めに出す


・月々の病院代やピル代として多めに渡す


などしておくとスマートでしょう。

③生理に関する悩みや不安をサポートする

いくら避妊していたとしても、生理のタイミングがずれたり、体調の変化などによって妊娠への不安が生じることがあります。


このような状態が続いてしまうことにより、セックス自体が嫌になったり、「何で女だけが苦しいんだ」と理不尽さを感じたりすることも…。


そのため、彼女の体調や生理についても気遣い、いつもと様子が違わないか気を配ることが大切です。


ちなみに、わたしの彼はピルと薬を持って「ピル飲む時間だけど今日はもう飲んだ?」と聞いてくれたり、イライラしているときにすぐ気付いてくれたりと、気遣いの塊です。


彼曰く、「妊娠や生理で苦しむのは女性だから、これくらいするのが当然」なんだそう。


わたしとしては「それが当然」と思えるほど自惚れてはいませんが、彼のおかげで心置きなく中出しセックスが楽しめているのは事実です。

中出しセックスでカップルの愛が深まった体験談

相手のスペック

身長:170センチ


体型:普通体型


年齢:29歳


職業:営業職


ちんこのサイズ:17センチくらい


出会うまでにかかった金額:0円

出会いのきっかけ

出会いのきっかけの詳細はこちら

ひょんなことからピルを服用することに…

付き合って3年目に突入した彼、Y君とは、週に2~3回会ってデートする仲。少しだけマンネリはあるものの身体の相性がよく、常にラブラブでした。


というのも、彼はわたしの身体についてよく気にしてくれ、生理中のケアもしてくれていたから。しかし、わたしは毎回寝込むほど生理が重く、月の半分は体調不良で苦しんでいました。

話している人物の写真:男性3

あま美ちゃん、もしかしてPMSなんじゃない?

そんなある日、彼がスマホの画面を見せながらこんなことを言ってきました。


見てみると、それは生理前のイライラ、眠気、注意力散漫、情緒不安定、頭痛…などなど、思い当たる症状がずらっと並んだページ。「ピルで解消できる可能性が高い」との記載を見て、すぐに病院に連絡しました。


そこからはわたしがPMSである可能性が高いこと、そのため保険適用でピルが処方されることなどが発覚し、藁にも縋る思いで服用を決めました。


ピルを服用するとなると、どうしてもよぎってしまうのが「中出し」です。当時の彼とわたしは中出しに興味がありつつも、リスクを考えて思いとどまっていましたから…。


しかし、保険適用のピルというと、日本では避妊用として認可されていない模様。サイトによっては「成分は同じだから避妊効果もある」などと記載されており、病院の先生に聞いてみることにしました。

話している人物の写真:男性1

確かに避妊効果はあるけど、日本では避妊用として処方されるわけじゃないから完全に自己責任だね。変な話、妊娠しちゃってもうちじゃ責任取れないから…

このような回答をもらい、彼とも相談して悩みに悩んだ上、初めての中出しに挑戦することに…!

カップルで念願の中出しセックス♡

「初めての中出しセックス」ということに浮かれた彼は、ちょっとだけ高級なラブホを予約してくれました。


ご飯を食べ、お酒を飲み、その後で入室。部屋でもワインを飲みながら口移しされたりと、なんだか至れり尽くせりです。

話している人物の写真:男性3

ほんとにいいの?

話している人物の写真:女性3

うん、わたしも中出しに興味あったし…Y君ならしてもいいよ

わたしが頷くと、彼は我慢できなくなった様子。シャワーも浴びていないのにベッドに押し倒してきて…。


早速、と言わんばかりに服をはだけさせ、胸を揉みながら乳首を弾いてくる彼は、いつもよりオスっぽい表情になっていました。笑


そんな彼の様子にキュンキュンしてしまい、アソコがじわっと熱くなるのがわかります。


すると、わたしの脚を大きく開かせ、ゆっくりと指を入れてくる彼。焦らすように周りを舐め、クリに吸い付かれた頃には我慢できなくなっていました。

話している人物の写真:女性3

もう入れて…?

話している人物の写真:男性3

いいの?生で入れちゃうよ?

そのときにはもう彼の先っぽが挿入されていました。彼を受け入れるように腰辺りに脚を回すと、そのままゆっくり押し入ってくるペニス。


熱くて、固くて、思わず背中がのけぞってしまうような快感でした。


彼の方はと言うと、奥まで挿入したまま制止していて「やばい、吸い付かれてるみたい。すぐ出ちゃいそう」と余裕のない表情。


なんとか耐えつつ腰を振り始めてくれましたが、普段よりずっと早いタイミングで限界が訪れたようでした。

話している人物の写真:男性3

ね、もう、いい…?

話している人物の写真:女性3

うんっ、いいよ♡

話している人物の写真:男性3

あ~やばい、なんか吸い取られてる感じ…中もすっごいビクビクしてる…

話している人物の写真:女性3

ん…♡Y君のもなんかドクドクしてて気持ちいい…

2人とも、初めての中出しに感動してしまうほど。笑


しばらく余韻に浸ったあと、そのまま2回戦に突入してしまいました♡


これを機に、彼とはもっとラブラブになり、今ではいろんなプレイに挑戦中です!


中出しに挑戦して良かったと思うのは、きちんと避妊していることによって、そうじゃないときより安心して行為に臨めること。


気持ちに余裕ができて、本能のままいろんな場所や体位で楽しめるようになりました!

【元風俗嬢が解説!】仲良しカップルは中出しOK?!彼女を泣かせないために彼氏が守る3つのこと!のサムネイル

【元風俗嬢が解説!】仲良しカップルは中出しOK?!彼女を泣かせないために彼氏が守る3つのこと!

彼氏と彼女の間柄であれば、いつでも中出しOKでしょう!そんな考えで中出し性行為をしているカップルは要注意!後々お互いが悲しい思いをしたり苦しい思いをしたりしなくて済むように、カップルでもマナーを守り、楽しい正しい性行為をするように心がけましょう!

trip-partner.jp

㊙セックステクを磨くコツ!

皆さん、セックスしていますか?


自粛期間だから合コンを開けないという人も多いです。

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25543
話している人物の写真:男性3

こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策ですよ!

エロい女の子と出会うのは、この2つのアプリが大定番。好みに合わせて使い分けてくださいね。

おすすめアプリ①ワクワクメール

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25543

20代女子でエロに興味がある女の子は、ワクワクメールを使っています。


とにかくセフレ探しに強いのが特徴。セックスに飢えた女性が多いので割り切り目的で使うのが良いです。周りの友人も相当使っていますね。

話している人物の写真:男性1

学生もけっこういるし、若い子の間で流行っているのかも。やっぱ若い子の肌は最高(33歳/会社員)

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=25543

おすすめアプリ②ハッピーメール

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=19469

ハッピーメールは群を抜いて出会いやすいです。恋愛目的の女性もいて女性の質は高いです。セフレが欲しいけど、恋愛も!という方に合ってますね。

話している人物の写真:男性1

無料ポイントも結構もらえるから、思ったよりお金かからないね。3000円あれば十分楽しめる。(29歳/飲食業)

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75026&_article=19469