Mysqguzgswo5jnx3prgh

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【変態が解説】おばさんだってセックスしたい!熟女まんこを激イキさせる7ステップ

2020.11.09

いまや夫婦の半数がセックスレスという時代。その理由の多くがマンネリや倦怠期。中でも中年層は悲惨な状態。でもおばさんの不倫願望は赤丸球上昇中。そこで、乾いたおばさんの性欲を再点火してセックスで激イキさせるテクニック講座です。

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. おばさんとのセックス事情って?!
  2. お姉さんとおばさんの分岐点は40歳
  3. 世間のおばさんのイメージ
  4. 3割以上のおばさんは半年間セックスなし
  5. 既婚女性の7割 おばさんの4割に不倫願望
  6. おばさんまんこを激イキさせるセックス7ステップ
  7. 40代半ばのおばさんとのセックス体験談
  8. 長いレスがあったからまんこ愛撫での愛液の滴りは最高!!
Tco3kl2gsulip1ozyylz

こんにちは、おばさんキラーと呼ばれてる夜遊び太郎です。


近年、TVの影響か中年女性のイメージはずいぶんと様変わりしています。


その契機となったのが熟女芸人なる存在。人気TVバラエティ「アメトーク」の熟女ドラフトという企画が当たったためか、かたせ梨乃や石田ゆり、黒木瞳といった中年から熟年女優がブレイクしました。


この美熟女たちのおかげで若い世代にも中年女性ファンが増えているのですが…実は現実とのギャップも少なからずあります。


というのもTVでもてはやされる女優は、みなさん規格外の存在で世の中一般が抱く「中年女性」のイメージとはかけ離れた存在だから。


わかりやすく言えば、「おばさま」と「おばさん」の違い。末尾のたった一文字の変化だけなのに、そのイメージの落差は天と地ほどです。


そして残念ながら「おばさん」は相変わらず、口やかましくてガサツってイメージが付いて回っているんですね。


当然、セックスについても同様で、おばさまがセレブのセックスなら、おばさんのセックスは欲望のハケ口といったところですが、実際はどうなのでしょう?!


さて、そんなおばさんのセックス事情について今回は考えてみます。最後にはおばさんとの楽しみ方を実践した体験談もあるので、最後までお読みください。

まずは「おばさん」の定義。


女性はある時点から、お姉さんという呼び名が、唐突におばさんという名称に変わるのですが、これにショックを受ける人続出です。


確かに、自分では何の変化も自覚してないのに、突然、おばさんと呼ばれたら落胆は大きいでしょう。


おばさんになると急に身の回りを気に掛けなくなったり、スッピンが平気になったり、声が大きくなるのは、お姉さんの称号を奪われ、自暴自棄になったおばさん後遺症なのかもしれません(笑


そこで、おばさんと周りから認定され、自分でも自覚するのはいくつからなのか…


ネットサービスで知られるBIGLOBの調べでは

T9opqgdeyebkxxyymehx
引用: https://kurukura.jp/news/180821-10.html

これを見れば明らかなように50代を除いたすべての年代で「おばさん」の認定は40~44歳となっています。


ほかのサイトの調査でもほぼ同様の結果で、もう少し細かく精査すると、やはり40歳がお姉さんとおばさんの分かれ目という結果でした。


頭に3が来るか4になるかが運命の分かれめなのでしょう。確かに30代という響きと40代では、イメージがはっきり異なりますね。

では、この40代以降のおばさんたちは、世間一般にどのような存在と見られているのでしょう。


とある京都のwebマガジンが、40代女性でイメージするワードをまとめたのが下記の一覧です。

Kjtq0b9gwckx80pgaxlh
引用: https://city.living.jp/kyoto2/tokusyu1/130911/01.html

「あめちゃんをくれる」がなんとも関西っぽい(笑 ですが、全体にネガティブ評価ばかり。


ほかのサイトでもそのイメージは似たようなもので、主なおばさんに関するキーワードを上げると


不潔、自分勝手、空気を読まない、スッピンで平気、立ち位置をわきまえない、マイナス思考、愚痴や悪口…など、その評価はさんざんなもの。


熟女芸人で名前が挙がった「おばさま」とは雲泥の差ですが、これはまだ外の顔、多少の世間体は残っているはず。


本音丸出しの内の顔ならさらに重症と考えていいのかも…


そして、こうした結果が、夫婦生活のセックスとの関係にも表れてくるんです。

ここからは40歳以降おばさんのセックス調べです。


不潔、スッピン、自分勝手、愚痴や悪口が多いおばさんは、どのような夫婦生活を過ごしているかといえば

Czag0nbmvwaukfijrcen
引用: https://news.infoseek.co.jp/article/atpress_97744/

雑誌オレンジページ調べが上の表ですが、


半年に数回以下しかセックスしない層が、なんと全体の半分。仮面夫婦ともいえそうなまったくレスが約3組に1組の割合でいる、これが現実です。


さらに、回答せずを除いた約3割のセックスにかける時間を調べると

Bmvizhhjjq3f5k3vw9ty
引用: https://mi-mollet.com/articles/-/15909?page=2&per_page=1

上のグラフはあるwebマガジンが40歳以上の既婚女性に聞いた答え。


全年齢の平均が30分から1時間なのに対して40歳以上既婚の6割以上がセックス時間は20分以下で、10分以下も4組に1つ


左の同年代独身で交際相手とのセックスに比べても、夫婦のセックスがどれほどお粗末な内容かは推して知るべしですね。


ここ数年、セックスしたくない女性たちが話題になってるけど、では、このおばさん達もそんなセックス拒否なのかどうか、次のコーナーで。

下記のグラフは、あるファッションサイトが既婚者100人に「これまで不倫したいと思ったことがありますか?」の回答結果。

Aldt5qaffq4znqvintle
引用: https://domani.shogakukan.co.jp/303557

じつに7割がYESと回答。


この数字が事実を物語っているなら「セックスしたくない」の本心は、現状のパートナーとは、という注釈付きかもしれませんね。


残念ながら詳細な年齢区分での結果は掲載されてなかったけれど、不倫関係を扱った記事によれば40歳以降の不倫率が増加中とのこと。


こうしたさまざまなデータを見るにつけ、おばさんたちはレスだからとセックスを否定してるわけではなく、ただ適当な相手が見つからないのか、あるいはチャンスに恵まれないだけと思えてきます。


40代既婚女性のオナニー経験データも、3人に1人は経験者で、月1、週1というおばさんも少なからず存在しています。


そして、結論。やりたい男たちは、なにかとリクエストが多く、ハードルが高い20代の尻を追いかけないで、よりやれる確率の高いおばさんナンパに向かうべきです。


いまこそおばさんナンパの絶好のチャンスってこと。

Zsgstkml9s9ypp9emfrk

ここからはおばさんナンパに成功した後の、おばさんとの不倫セックスの楽しみ方をヤリマンの経験値をベースにした講座。


一概にレスの既婚おばさんといっても大きくは2つのグループに分けられるんですね。


まず最初のグループは、なんとなくだったり夫に問題ありでレスになってるおばさん。


このタイプはセックスしたいのに、そのチャンスがないからセックスしてないだけで、むしろまんこはチンポを欲してる。なので、耳を甘噛みしながら乳首とクリを愛撫すれば、まんこはトロトロになるんで、とくに解説する必要もないでしょう。


さて、問題は2つめのグループ。ここに属するおばさんは、夫とのセックスに嫌気がさしてたり、ひどくなるとカラダさえ触られたくないタイプ


「セックスなんて、もうたくさん」発言は、夫との性の不一致や不信感、愛情の喪失が原因。もし50代おばさんなら、閉経による挿入痛もセックスを遠ざけてる可能性あり、です。


こんなセックス嫌いになったおばさんがナンパできるはずない!とか思うでしょ…ところが、人間、頭で考えるのとカラダが欲求することが不一致なんてよくあること。


しかも本来は女盛りの年代なわけで、そこをきちんと修正できれば、これまで抑えられてただけエネルギーが溜まってるから、解放された時のリビドーは相当なもの。


筆者は簡単に落ちるタイプより、こういう方が好みです(笑


そこで、激イキのステップ開始。

①おばさんのカサカサまんこに潤いを

やりたいからっていきなりおばさん押し倒したりは最悪。それじゃ、トラウマかもしれない夫のセックスと同レベルになってしまう。


まず意識するのはスローセックス。照明を工夫する、ローソクの火とかいいかも、アロマを焚くなどムードづくり。


ローションで軽くマッサージも○。レスの環境との違いをアピールする演出が大切。カサカサのまんこと心に潤いを、みたいなこと。

②ベロチューキスでおばさんの性欲を点火

おばさんの身と心がほぐれてきたら軽くキス。唇じゃなくて髪からおでこ、眉間、頬、そして唇…触れるか触れないか…のライトキス。


耳元で甘い言葉を囁きながら次第に激しく。徐々に舌をからませるようにしておばさんの気分が盛り上がってきたら、激しく唇を奪いあうようなディープキス。


男はセックスになるとキスを軽視する傾向があるけど、本来キスはセックスの基本中の基本。とくに愛情表現の手段としては最高だから、愛に飢えてるおばさんには最適なのです。

③おばさん手マンオナを手鏡確認でまんこちょい濡れ

Vlog9j4ohdkmqtkux5yk

ディープキスにまで発展したら、そろそろおっぱいやおまんこへのタッチ。あくまでもソフトタッチで。


もう勃起してるようだったらおばさんの手を取って硬くなった肉棒に触れさせるのもいい。長期間チンポを触っていないおばさんにとって硬く起立したたくましいチンポは、とても刺激的なはずです。


お互いのまんことチンポを愛撫し始めたらふつうは挿入へと進むけど、レスだったおばさんを激イキさせるのが目的だから、まだまだ我慢です。


次は羞恥的なプレイ。すっかり火照ってその気十分なおばさんを裸にしたらM字開脚、背後からおばさんの手を取ってクリに押し当てて自慰プレイ。


股の下に手鏡を置いてまんこから糸を引く愛液をおばさん自身が確認。こうした変態チックなプレイがおばさんの性欲に火をつけるんです。


数年レスとかのおばさんには強烈すぎる刺激だから、頬は真っ赤に紅潮です。

④乳首にローター まんこにゼリーたっぷりバイブでおばさんアへ顔

ここからは一気に責めの態勢です。


両乳首にローターを装着したらゼリーをたっぷり塗ったバイブをおばさんのまんこに挿入。なぜ、たっぷりめのゼリーかといえば、若い年齢に比べておばさんたちの濡れ具合が少ないから。


女性は閉経が近づくほど愛液の分泌が悪くなるって特徴があって、これが挿入時の痛みにつながってる。膣内の壁も粘液が少ないから傷つきやすいのです。ちなみに衛生面を考慮してバイブにはスキンをお忘れなく。


バイブの先がまんこの中でうねうねと動けば、おばさんの腰使いも一層激しくなって、数年分のレスを取り戻すかのように乱れ始める。ここまでくれば、もう完全にこちらのペースです。

⑤おばさんM字開脚で縛り拘束したら電マでまんこ決壊

大人のおもちゃの最終段階は最強の武器って感じの電マ。すっかり肩で息をはじめでおばさんをM字開脚に縛ったら電マで刺激。


といっていきなりまんこではなくて内ももから少しずつ近づけて、おばさんの期待感を盛り上げるのが大事。セックスにとって焦らしはとても重要ってメモしてください(笑


これまでの十分な愛撫でまん汁が滴り始めたクリへの電マ責めは超強力な刺激になるわけで、この段階までで1回はイッテルのがふつう。指でGスポットに愛撫を加えれば潮吹きも期待できるはず。


で、アクメは1回目の波よりも2回目の波の方が大きいものなんですね。だから1回おばさんが逝ったからと責めをやめないのが激イキへの道ってわけ。

⑥乳首摘まみクリ舐めGスポット手マンの3点責めでおばさん欲情

で、ここからがようやく本来のセックスのスタート。


セックスのやり方はそれぞれ個人差があるから好みの方法でいいんだけど、例を挙げるなら乳首、クリ舐め、手まんの3点責めが効果的だと思う。


この段階までくると一度イカされ、さらに愛撫が続くからおばさんも我慢の限界に近づいてる。なので、もう、ちょうだいとか、早くぶっといのくださいとか、凄い卑猥な言葉が口をついてでるようになってるはず。

⑦おばさん極硬チンポをまんこに突き刺されて激イキ

さぁ、おばさん激イキの最終段階。


潮吹きまでするようなまんこだから、おばさんのカラカラまんこもすっかりびしょびしょ。チンポを受け入れたくて、まんこの口は大きく開いてヒクヒクしてるんです。


おばさんのいやらしい肢体を見せられて肉棒も準備完了だから、最高のまんこの感触を心いくまで楽しめば、おばさんも2度目の絶叫モードの激イキが見られるってわけ。


で、こうして一種の調教みたいな経験をしたおばさまは、ほぼワンナイトラブでは終わらず、最高のセフレに変身する可能性大です。

Oaslbxexcbnbpepmtodn

おばさんのスペック

身長:155ぐらい

体型:ぽっちゃり

年齢:40代半ば

カップ:C

出会うまでにかかった金額:3000円

出会いのきっかけ

出会いのきっかけはこちら

出会ったのは40代半ばのちょい肥満で典型的なおばさん。初デートなのになんか近所に買い物のついでに来ました感。正直、ここまで気合入ってないとちょい残念。


昼時だったけど食事がまだっていうんでお店へ。おばさんが選んだのはコスパ抜群という食べ放題!!食べログでしっかり調査済らしいけど、セックス前に食欲満たしてどうすんですか!みたいな。


それにしてもおばさんの食欲の凄いこと。圧倒されるばかり。その後も甘味どころでスイーツ…はぁ。


やっとラブホにたどりついてさくっと抜こうと思ったら、なにやらお悩み診断。聞けばほぼ2年間レス生活で、旦那とはほぼ口をきいていないんだとか。ありがちな中年夫婦のレス化ですね。


そういう状態なら、おばさんのレス化で腐りかけのまんこの再生計画(笑


一緒にシャワーを浴びながらクンニからフェラもと考えてたんだけど、なぜかおばさんは拒否モード。


先にシャワーを終えて出てきたけどラブホのガウンに着替えずに、ほぼ元のまま。愛撫しながら下着にして、その理由が判明…おっぱいよりお腹が目立ちます体型


そりゃ、あれだけ食べればね、と妙に納得。

レスの不満を解消するようにチンポを催促

当初は全身を舐めダルマって考えてたけど体型を見て、まんこ1点集中責めに作戦変更。一応恥ずかしい振りをするおばさんの股間を盛大に開いたら…使い込んでいないせいか、意外にも綺麗なまんこです。


小陰唇の小さめのビラビラを指で開いて、綺麗なピンクをひと舐めすると久しぶりのおばさん猛烈な反応。もうカラダをヒクヒクさせてる。


おもちゃがないから、クリを皮の上から優しく擦り舌を膣の中へ侵入。舌で掻き回すとおばさんはカラダを大きく仰け反らせて喘いでる。本当にいい反応のおばさんなんです。


まん汁出まくり滴りまくりになると、おばさんは我慢できないらしくてチンポ入れての催促


とても抱えきれない超重量級のお尻を抱えながら一気にまんこに突き通すと、耳元でひーーーっという雄叫びのような声。まるで数年溜めこんだ性欲を一気に噴出するようなすごさ


正常位なのにおばさんの腰振りの凄さに圧倒されながらドッピュン発射の体験でした。


ダイエットするから、またお願いといわれたけど。あれからは会ってません。