Zpoeuxciltyh6kmsxp5m

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【経験者が語る】50歳女性のセックスはいやらしくて興奮度倍増!50代女性のセックスの良さを解説!

2020.11.17

50代女性はたくさんセックスをしてきて、男の扱いにも慣れています。男のチンコをくわえて気持ち良くさせてくれたり、マンコを見せて興奮させてくれます。セックスには積極的で、男性の望みを何でもかなえてくれそうです。今回はそんな50代女性に迫ってみたいと思います。

この記事に登場する専門家

He8h34k9yxyucuyb7fhk

先生偏愛ライター

森口瑤太

常に上から目線セフレ3人をストック。いやストックされている。毎週末は69、顔面騎乗、SM?あらゆるプレイで体の芯までエロを調教されています。変態女性の方々から教わったセックスの神髄を解説いたします!

  1. 50代の女性がセックスに自信を持っていい理由を解説!
  2. 50代女性とセックスする良さ
  3. アンアン言った50代女性とのセックスの話
  4. 50代女性とは大人の付き合い方ができる
  5. 50代女性と出会う方法
  6. 50代女性とセックスをする際の注意点
  7. 初めて会った50代の女性とセックスを堪能した体験談

こんにちは、50代の女性にセックスのコーチングをして、精液がつきてしまった森口瑤太です。


50代女性はセックスする時も大人の雰囲気に包まれていて、男性も興奮度マックスになります。


いいんですよ、50代はセックスに貪欲でとてもいいんですよ。一度味わったらやみつきになりますね。


今回は50歳女性とセックスする良さや、50代とセックスる時の注意点を解説したいと思います。


これを読めば、きっとあなたも50歳女性の低音のあへあへ声が恋しくなるでしょう!(笑)

Twvqciwxmlvbgftd3geb

50代の女性は性についてだけでなく、世の中の辛酸を味わってきていますので、若い女性にはない経験値があります。


心も体も大きい、そんな50代女性とセックスをしてみませんか?


ここでは50代女性とするセックスの良さを解説します。

大人の雰囲気に包まれている

50代の女性は色々な経験をしていて、たいていのことは聞き流したり、冷静に対応したりと大人の対応ができます。


たたずまいも若い女のことだと持てないちょっと高めのブランド品を持っていたりと、見るからに大人の雰囲気が漂ってきます。


そんな大人雰囲気の女性が裸になってチンコをなめてくれたり、マンコから愛液を垂らしている姿を想像してみてください。


そんな大人の女性とセックスをしているところを想像するだけで、勃起しませんか?


僕は想像するだけで、チンコをちょっとだけこすったら射精してしまうでしょう。

セックスに積極的になれる

Bm1in0ctzygqphkyvnws

50代の女性は旦那さんがいても、セックスをしていないことが多い傾向にあります。したくてもできない、からだは疼くばかりです。


そんな時にセフレのあなたと一緒にベッドインすると、心も体も乱れまくってセックスにおぼれてしまいます。


若い女性だと恥ずかしくてできないようなことも、50代の女性は積極的になれるのです。


普段は旦那さんに相手にされず、くすぶっている心と身体がそうさせるのです。


セフレにアブノーマルなことや普段はできないことをさせたい男性にとっては、いやらしく興奮度抜群のセックスができること間違いなしです。

J6juzofi7h1kdhqnp7f4

50代女性が積極的だと思った体験があります。


普段から仲良くしていた50代のS子さんという女性といっしょに、ホテルに行くことになりました。


普段はおとなしく、まじめなS子さんは、食事の時も微笑んでいるばかりで、しとやかな雰囲気が漂う大人の女性というイメージです。


身長は160センチくらい、胸がFカップ位はあります。


ショートヘアで色白、目がぱっちりした清楚でかわいい感じの50代の女性です。離婚して今は彼氏もいないということも情報収集済みでした。


2人で初めて入るホテルでしたが、お風呂につかりたいというS子さんの要望でバスタブにお湯を張ってお風呂につかることになりました。


初めてのS子さんとのホテルなので、僕はお風呂に入る前からカチカチに勃起していました。


お風呂に入ると、2人で洗いっこをして、お風呂につかりました。当然、色々なところを触り合います。


S子さんは僕の口を口でふさぎながら、手で僕の硬くなったチンコを触ります。

S子さんが徐々に変化してきて

僕はチンコをにぎられた状態でS子さんのマンコに指を入れました。するとS子さんが

Woman1

あーん、あーーん

と悶え始めたのです。


聞いたこともないようないやらしい声で、ずっと悶えるのです。


僕はマンコに指を何回も出し入れしました。次第にS子さんの声も大きく激しくなっていきます。

Woman1

あーーん、あーーん

まるでロボットのように規則的に声を出しています。そのうち目をむいて上を向いたかと思うと

Woman1

いぐーいぐー

と大声を出すと、体をヒクヒクさせて、僕の指でイッてしまったようでした。


なんとも動物的な反応に僕がびっくりしていると、目を開けたS子さんは、恥ずかしそうに

Woman1

あら、ごめんなさい、私としたことが、恥ずかしい

と恥ずかしそうに顔を赤くして舌を向きました。


僕たちは、お風呂から上がると、ベッドの上でまたセックスをしました。


S子さんが再び、

Woman1

あーーん、あーーん、いぐーいぐー

Kiqipvbrtu5tmoxslfkq

と再び動物のように豹変して、何回もイッてました。


50代女性はすごくセックスに大胆になれるものだと、驚いた夜でした。


大胆なS子さんとはその後、数年間セフレとしてお付き合いしました。

50代の女性はセックスも大胆で、積極的ですが、セックスをしていない時も大人の付き合いができていいものです。


ここではどのような点が大人なのか解説します!

付き合い方があっさりしていて楽

若い子だと、こちらはセフレとして付き合っているのに、いつの間にか結婚とか子供のこととか言い出してきて面倒くさいことがあります。


その点、すでに離婚を経験していたり、結婚をあきらめている50代の女性は、セフレとしてとても楽に付き合うことができます。


また50代の女性で仕事をバリバリしている人は、それなりに社会的地位があるので、人にバレることを嫌がります。


そのため、セフレ関係が人にバレる心配もありません。


セフレとしてお付き合いするには、男性にとって50代女性はとても楽ちんなのです。

時間とお金に余裕がある

仕事をしている50代女性は、それなりにお金を持っています。


仕事をしていなくても、50代の女性は旦那さんの稼ぐお金で悠々自適にお昼の情事を楽しむことができます。


セフレにお金の余裕があるのは、男性にとってとても楽です。


若い女の子だと、色々とおごらないといけないので、それを考えるとちょっと高いお店は後回しになってしまいがち。


ところがセフレにお金に余裕があると、セフレの方から

Woman1

あのお店ちょっと高そうなんだけど、料理がおいしいんだって、今度あのお店に行ってみない

なんて誘ってきたりします。


もちろんこちらもクレジットカードは準備していきますが、割り勘になったり、逆に「いつも出してもらってるから」とか言っておごってくれたりします。


お金に余裕がある50代のじょせいだからこそ、こういうメリットがあるのです。

Ubvzbd6r65erwgv36fa1

包容力があって、セックスにも貪欲ないやらしい、そんな50代女性とはどうやって出会えばいいのでしょうか?


そんな人と出会えるの?


出会えます。ここでは50代女性と出会う方法について解説します!

会社で50代女性を探して食事に誘う

50代女性を探す最も効率的な方法は、会社で探すということです。


よーく周りを見渡してみてください、50代女性がうろうろしていませんか。


うろうろじゃなくても、男性のみの会社じゃなければ、1人か2人はいるでしょう。


そういう人を誘ってみましょう。


50代女性はただでさえ、旦那さんとは疎遠になっていることが考えられますし、特に独身で彼氏がいなければ、数年セックスをしていない可能性があります。


体は疼いているに決まっています。


会社でまじめな顔をしていても、そういう女性が、裏の顔はとてもいやらしかったりするものです。


会社で50代の女性がいたら早速誘ってみましょう。何かが起こるかもしれませんよ!

習い事や趣味で一緒になった人を誘ってみる

会社が男性ばかりの職場とか、あきらかに若い子中心の会社だとしたら(それもうらやましいですが、笑)習い事でもしてみましょう。


例えばお茶です。


お茶は高齢の比率が高くなりますし、男性が少ない習い事ですので、50代の女性にもてること間違いなしです。


僕が以前お付き合いしていた50代の女性もお茶を習っていました。


僕はそこで知り合ったわけではありませんが、話を聞いていると、女性ばかりで男性がくるとモテると言っていたので、どうしてもという時はお茶はありです。


その代わり、お茶は厳しい世界らしいので、習い事の場では絶対に勃起は厳禁ですからね!(笑)

出会い系サイトで探してみる

最後の手段は出会い系サイトで探す方法です。


出会い系サイトでは、年齢とか趣味などでも検索できますので、色々と絞り込んで探してみましょう。


「そんなに簡単に会えるのかな?」


会えます!僕も何回か使いましたけど、かなり高い確率で会ってその日にセックスまでいけます。


後ほど体験談をご紹介します!

50代女性とは知り合えましたか?


そうしたら次はセックスですね。え?早い?


早いと思っているのはあなただけです。50代女性はおまたを濡らして待ってますよ。


ここでは50代女性とセックスする時の注意点を解説します!

セックスだけでなく買い物なども楽しむ

先ほど触れましたが、50代の女性はセックスに貪欲でありながら、大人の女性でもあります。


そんな50代の大人の女の頭の中はセックスでいっぱいですが、あなたほどではありません。


大人の女性は買い物や食事、おしゃべりも楽しむのが好きなんです。


あなたはチンコをマンコに入れれば満足かもしれませんが、50歳女性とうまく長くセフレでいたいなら、食事や買い物にも付き合ってあげましょう。

Woman1

あら、森口くん私と会うのはセックスだけが目的じゃないのね、思っていたよりいい男なのね

なんていう感じで、あなたの男としての株もアップすること間違いなしです!

思い切りいやらしいことをしてみる

50代女性は多少恥ずかしいことでも、気持ち良ければ我をなくし、性に溺れやすい年代です。


50代女性とセックスする際は、思い切りいやらしいことをしてみましょう。


例えば、顔面騎乗位を鏡を見ながらする、とか、マン繰り返しを鏡の前でする、あるいはたまに知り合いを呼んで2人のセックスを見てもらうのもあり。


刺激的なことにも挑戦しても許してくれるのが50代女性なのです。


思い切りセックスを楽しみましょう。

2人の関係を口外しない

2人の関係は誰にも口外してはいけません。相手が仲良しの同僚でもです。


特に相手が同じ会社の熟女だった場合は、お口にチャックだけでなくホチキスで留めておきたいくらいです。


それだけ、口外はリスクが高くなります。


僕は以前、同僚の友達だと思っていた人に、セフレのことを話したら、数日中に会社中に広まっていたことがあります。


自分は「誰にも言わないで」と言って伝えると、その人も同じように人に伝えたりします。


50代女性も仕事をしていると、社会的な立場もありますので、口外するのは絶対にやめておきましょう。

そろそろセックスしたいなあ、できれば69とか騎乗位とか普通にしてくれる50代女性がいいなあ、とチンコが騒ぎ始めたので、僕は出会い系サイトで探すことにしました。


出会い系サイトは年齢やタイプなどで検索して女性を探せますのでとても便利です。


早速50代の東京の大手企業に勤めている女性と次の日に会うことになりました。

女性のスペック

・身長:165センチ

・体系:長身

・年齢:53歳

・カップ:C

・出会うまでにかかった費用:3,000円

出会いのきっかけ

・テキスト:出会いのきっかけの詳細はこちら

初めて会った50代の女性とセックスを堪能!

待ち合わせ場所に来たのは、長身でスラっとして、髪を後ろにまとめた全体的にスポーティな感じのするM美さんという女性でした。


スリムなホワイトジーンズと、風になびいた青いシャツがとても爽やかだなと思ったのが最初のイメージでした。


まずはM美さんが指定したレストランで食事です。


メインはオマール海老。割と高級感のある食事でした。


M美さんは独身で彼氏いないれき8年、その間セックスはしたりしなかったり、ここ最近はご無沙汰だということを教えてくれました。


食事の後はホテルに直行です。


ベッドに入ると

Woman1

ここなめて~

と言って、マンコを僕の目の前に持ってきました。さすが50代、積極的だなと思って僕は素直にマンコをなめました。オシッコにいったばかりなのか、ちょっとしょっぱい味がしました。


マンコを舐めていると

Dzrg9rrxufhufnbcpk25
Woman1

あーいい、久しぶりこんなの、いいわー

と言うと、M美さんは腰を振り始めました。


僕は調子にのって、思い切りマンコをなめ上げたり吸ったりしました。だんだんM美さんの腰の振り方が激しくなってきます。


激しくて、マンコが口を外れ僕の鼻に当たったりします、そのうち

Woman1

あ、だめ、いきそう、いきそう

ちらっと顔を見ると、悩ましい顔をして本当にすぐにもイキそうです。腰がものすごい勢いで振られています。

Woman1

あーだめ、だめ、いく、いく、いくー

とM美さんは悩ましい声を張り上げると、ジョパッとマンコから勢いよく液体が飛び出て、僕の顔を泡まみれにしたのです。


そうです、シオを吹いたのです。M美さんは何回もイク、イクと言い、そのたびにシオが飛び出て僕の顔や、ベッドのシーツを濡らしています。


ひとしきりシオを飛ばしまくると、M美さんは力尽きて、横たわりました。


僕も寝転んですごいなあ、と感心していると、おもむろにM美さんは起き上がると、今度は寝転がっている僕の顔面に座るようにして、マンコを口のところに持ってきました。

Woman1

森口さん、これ飲んでくれる?

Xwwr9i5r8zu7lsjaah90

M美さんは、シオを吹くという大義を成したわりに恥ずかしそうに言ってきました。


僕はなんだろう、と妙な予感もしつつ頭を巡らせていると


「シャーっ」


開けた僕の口に(なぜか口を開けていました、笑)勢いよくおしっこが出てきたのです。


僕は慌てて飲み込んだのですが、量が多く、間に合いません。


後の方はほとんどベッドの上にあふれ出てしまいました。

Woman1

おいしい?でしょ

Man1

あ、はい

突然の出来事に僕はそう言うしかありませんでした。


次にM美さんは僕にオシッコを強要し、うれしそうに飲んでくれました。


その後、肛門を舐めさせられたり、手足を縛られて写真を撮られたり、M美さんは色々と楽しんでいました。


そのような出会いがあり、M美さんとは今でもセフレの関係が続いています。


この前は、若い女の子を連れてきて、目の前でレズってくれました。


幸か不幸か、多少頭をよぎりましたが、きっと僕は幸せなのでしょう、そう思ってM美さんとはお付き合いしています。


50代の女性はあらゆるプレーでセックスを楽しむのだと知った出来事でした。