Jnmqvbaefqlyqi3bkssw

芸能・AV

CATEGORY | 芸能・AV

【動画付き】海外映画の濡れ場はかなり激しくてエロい!おすすめの濡れ場を集めてみた!

2021.02.01

映画といえば「濡れ場」といったエロシーンに注目してしまう人もいるのではないでしょうか。日本映画においても激しい「濡れ場」はあるのですが、それと比較しても「海外映画」の「濡れ場」はそれ以上にエロいものがあるわけです!そこで「濡れ場」のエロい海外映画を紹介します!

この記事に登場する専門家

Fyzbz5gylixtlajbnxdf

会話の錬金術師

さざ波

週末にナンパに繰り出し、巧みな話術で女子を籠絡してホテルへと連れ込むことが得意で、今までヤった女性の数は150人以上!さらに性的冒険へと向かうために、現在は言葉を研ぎ澄ますことに全身全霊で集中。

  1. 海外映画の濡れ場は日本映画よりも激しい!
  2. 有名女優がかなりエロい濡れ場を演じることも!
  3. エロい濡れ場があるおすすめ海外映画4選
  4. 私的に一番エロいと思った海外映画の濡れ場はこれ!
引用: https://twitter.com/ctq_takasaki/status/1338080178405142528/photo/1

どうも、会話の錬金術師さざ波です。


映画というものは、「音楽」「ストーリー」「俳優の演技」「監督」など様々なものが有機的に繋がって、その作品が出来上がるという「総合芸術的」な感があるわけです。


ですので、それぞれの要素に対して魅力を感じることができるわけですが、やっぱり気になってしまうのは「濡れ場」ではないでしょうか。


日本映画においても、かなり有名な「女優」が「濡れ場」を演じるということで、「メディア」で大きく取り上げられることもあるわけです。


ですが、明らかに「日本映画」よりも「海外映画」の「濡れ場」の方が、「露出」が多かったり、激しかったりで、「エロさ」が高いと言えるでしょう!


そこで今回は、「海外映画」の「エロエロ」な「濡れ場」のあるものを紹介していきたいと思っています!


かなり「露出」が高いものや、「濡れ場」での行為の激しさといったものも、それぞれ満足できるような「エロさ」を備えた映画たちなのです!

引用: https://twitter.com/hollywood_des/status/539661004578119680/photo/1

「日本映画」においてもかなりの「有名女優」が劇中で「濡れ場」を演じるということで、かなりの話題になることもあるわけです。


しかも、「ヌード」で「乳首」まで「露出」していることもあって、見る側としてはやっぱりテンションが上がってしまうのではないでしょうか。


そういう意味では「海外映画」の方が「濡れ場」が多い印象があるわけですが、「日本映画」と比較した場合、エロ度で言えば「海外映画」の方が高いと言えるでしょう!


さらに「濡れ場」での「身体の張り具合」も結構なもので、その「セクシーさ」といったら、その場で立ち上がれなくなるほどのものだってあるわけです。


加えて、そのエロい「濡れ場」を「有名女優」が演じることで、その「美貌」によって目が離せなくなることが多発するのです!


「有名女優」になる前に「脱いでいた」こと、後に分かることもあるわけですが、それもまた「嬉しい誤算」であると言えるでしょう!


いずれにしてもかなり激しい「濡れ場」を見ることが可能であるのが、「海外映画」であると言えるわけです。

セフレをもっと作りたい?


実は、Jメールには大人の関係を求める女性が多いです。女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使うもの。それに気づけるかがポイントなのです。

なんとA〇女優や女子大生、人妻、コスプレイヤーもいます。Jメールは女性向けにも安全性をアピールしているので、最近の若い女の子が多い印象です。


登録無料、デイリーボーナス使えばお得に使えます!まずは登録!

1.アイズ・ワイド・シャット

『博士の異常な愛情』『2001年宇宙の旅』などといった超有名作品の監督として知られる「スタンリー・キューブリック」の遺作として知られるのがこの映画です。


「トム・クルーズ」「ニコール・キッドマン」という大人気の二人が出演ということも話題に拍車をかけました。


この『アイズ・ワイド・シャット』において二人は夫婦を演じているわけですが、実生活においてもそもそも夫婦であったわけで、そのことにも関心が集まったのです。


ストーリーが「倦怠期の夫婦」についてであり、そこはやっぱり「性的」な問題も絡んでくるのは当然ではないでしょうか。


この映画の「濡れ場」は美男美女の「ハリウッドスター」が演じるということもあって、「エロさ」があると同時に「美しさ」を感じさせるものであると言えるでしょう!


現実の夫婦である二人が、映画というフィクションのなかで「濡れ場」を演じるということも、考えれば考えるほどに「エロティック」に思えてくるのです!

2.エマニエル夫人

フランス映画において「エロい映画」の代名詞的存在として知られているのがこの『エマニエル夫人』ですね。


「タイのバンコクを舞台に当地に赴任した外交官が、若妻を性的欲望に奉仕させるために自らの好みに飼育し、その若妻が美しく開花して行くさまを描く」


という内容で、今ほど「性的」なものが大っぴらではなかった1970年代の日本において、かなりの衝撃を与えたことは想像にかたくありませんね。


内容の詳細を追っていくと「セックス」「オナニー」「レズシーン」など、「濡れ場」のオンパレードで、修正を施して「一般映画」として公開されたことが不思議なほどですね!


上記のような当時としては過激な内容に対して、女性層、特に女子高生層からの関心が高かったようです。


「有害指定」にしろ!との声もあったこの映画ですが、公開された頃はまだまだ女性の「性」への視線はかなり限定されていたようですね。


そのために、「性に対して奔放な女性」が主役を務めたこの映画は、「女性の性の解放」に一役買ったという声もあり、確かに一理あるのではないでしょうか。

3.氷の微笑

『氷の微笑』という映画は、間違いなく「シャロン・ストーン」の出世作であり、その演技によって世界に名を知らしめた作品だと言えるでしょう。


特に有名なシーンは「シャロン・ストーン」が取調室で微笑みながら脚を組み替えるという「セクシー」なシーンで、多くのパロディやオマージュを生んだのです!


『氷の微笑』のストーリーのアウトラインはと言うと、元ロックスターのナイトクラブ経営者が全裸で両手を縛られ、31箇所もアイスピックで刺されて殺害されます。


発見時、大量の血液とともに精液も撒き散らされていました。被害者と殺害前夜に行動をともにしていた「キャサリン・トラメル」が捜査線上に。


資産家でゴシップにも事欠かない美しい女性であり、「ミステリ作家」としても活動し、彼女の書いた小説の一場面と殺害現場にかなりの類似が。


そこで「取調室」に呼ばれてるものの事件への関与を否定し、という流れの「サスペンス」となっています。


今回のターゲットである「濡れ場」を、「シャロン・ストーン」は体当たりで演じていて、「胸」を曝け出し、「乳首」を舐められさえするのです!


「本番」をやっているのではないか?とも言われる「濡れ場」は必見ですね。

4.ボディ

ある時期において間違いなくアメリカの歌手の「アイコン」として君臨していた「マドンナ」。


そんな「マドンナ」が主演を果たし1993年に公開された映画が『ボディ』なのです!


この映画は「マドンナ」の写真集『SEX』、音楽アルバム『エロティカ』と合わせて、「三位一体」のものとされています。


「SEX」「エロティカ」「ボディ」という言葉を並べただけでも、なんだかかなり「エロい」雰囲気溢れるわけですが、実際に『ボディ』はエロいわけなのです!


まだまだ若かったポップスの女王「マドンナ」が、「セックス」はもちろん、「SM」をするところまでも演じたという、見所の「濡れ場」満載の映画だと言えるでしょう。


映画の演技自体の評価は、「ラジー賞最低主演女優賞」を受賞するという散々なものでしたが、「濡れ場」のエロさは一見の価値が明らかにあると思いますね!

ニンフォマニアック

デンマーク出身の有名映画監督である「ラース・フォン・トリアー」の手による作品が『ニンフォマニアック』なのです。


「ニンフォマニアック」というタイトルからしてそもそもがエロく、日本語だと「色情狂」性的に常軌を逸した行動を取る人という意味であるわけです。


そのようなタイトルであるからには、内容がエロくないはずがないでしょう!


ストーリーは、自ら「色情狂」であることを自認する「ジョー」誕生から50歳までの「性の遍歴」を追うという内容です。


劇中ではいたるところで「ぺニス」や「ヴァギナ」が「露出」し、まさに奔放な性の快楽を縦横に描いた作品であると言えるでしょう!


とにかくインパクトのある「濡れ場」は、黒人二人との「ファックシーン」「前」と「後」の「二穴」同時に攻められるシーンではないでしょうか。


主役を演じる「シャルロット・ゲンズブール」が実際に黒人二人と「本番」をやっているように見える「濡れ場」なわけです。


しかし、実際は上半身と下半身を高度に「合成」したもので、「本番」をやっていたわけでないと判明しました。


ですが、全編を通して「エロス満載」の映画であると言って過言はないでしょう!

皆さん、セックスしていますか?


自粛期間だから合コンを開けないという人も多いです。

Man3

こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策ですよ!

エロい女の子と出会うのは、この2つのアプリが大定番。好みに合わせて使い分けてくださいね。

おすすめアプリ①Jメール

20代女子でエロに興味がある女の子は、Jメールを使っています。


とにかくセフレ探しに強いのが特徴。セックスに飢えた女性が多いので割り切り目的で使うのが良いです。周りの友人も相当使っていますね。

Man1

学生もけっこういるし、若い子の間で流行っているのかも。やっぱ若い子の肌は最高(33歳/会社員)

おすすめアプリ②PCMAX

PCMAXは群を抜いて出会いやすいです。恋愛目的の女性もいて女性の質は高いです。セフレが欲しいけど、恋愛も!という方に合ってますね。

Man1

無料ポイントも結構もらえるから、思ったよりお金かからないね。3000円あれば十分楽しめる。(29歳/飲食業)

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/tkmttkmt/status/1329987658668359680/photo/1