Zmgqolljgspbuadpc5xo

性交関係

CATEGORY | 性交関係

スウェーデンのフリーセックスは無料で自由って意味じゃない?恥ずかしい誤解を解きます!

2020.11.05

フリーセックスと言う言葉は最近では使われなくなってきたと感じますが、実の所かなり誤解されて使われている言葉のひとつです。もともとスウェーデン発祥のフリーセックスと言う概念ですが、今回はスウェーデン留学経験から感じたフリーセックスを様々な角度から見ていきます。

この記事に登場する専門家

Fzbzkzjqtrshztwdogka

外専20年の元スナックママ

カトレア

日本人から外国人まで、文字通り世界をマタにかけた国際恋愛を楽しむ行動派。熱しやすく冷めやすい性格で19歳年下から30歳以上の歳の差恋愛、不倫・駆け落ち・結婚離婚と経験値高し。恋の悩みから法律関係まで受けた人生相談は数知れず、親身になって解決します。

  1. スウェーデンのフリーセックスは世界的に有名な話
  2. スウェーデンがフリーセックスってホント?
  3. 知らなきゃ恥!スウェーデンがフリーセックスは誤解だった!?
  4. フリーセックスと言われるスウェーデンの若者のセックス観
  5. 結局のところスウェーデンはやっぱりフリーセックス!?
  6. 住んだらわかる!?スウェーデンのフリーセックス事情
Mktjivot7cteyhokgl9l

みなさんこんにちは。

学生時代にスウェーデンに留学していたことがある、カトレア姐さんです。


帰国後にスナックでのお仕事を始めたのですが、スウェーデンと言う言葉を聞いただけで目の色を変えて「スウェーデンって言ったらそりゃ、あれだべ?フリーセックスの国だべな」みたいなオジサマたちが多いのが、日本の現状ですよね。


フリーセックスと言う社会的概念が生まれたのは、そもそもスウェーデンであることは確かなのですが、日本人のオジサマたちが考えている「セックスし放題=フリーセックス」の誤解とはかなり意味合いが異なっています。



今回は、住んでみてわかったスウェーデンフリーセックス事情のホントのところ、現実に体感した日本とは異なるセックス観についてお話していきますね。


それでは、フリーセックスに興味のある方も、スウェーデンに興味のある方も、ぜひ最後までお楽しみください!

Gi3jf1k9vtj5wfid6zdt

さてそれでは、日本で多くのご年配たちに大きな誤解を受けている「スウェーデンのフリーセックスの実態」とはいったい何なのでしょうか。


スウェーデンは確かに、フリーセックスの国です。


しかし、ここでいうセックスとは「性交渉」のセックスではなく、「性別」、いわゆるジェンダーフリーの事を指しているんですね。


セックスと言うと=性交渉に結びつけて、スウェーデンのフリーセックスと聞いてエロい妄想が頭をよぎる方々は、実際には結構古い年代の方だと思います。



しかし、ジェンダーフリーと言う意味では、スウェーデンだけでなく北欧全体で、大体同じような感じですね。


例えば、男性同士や女性同士のカップルは多いですし、実際に同性婚が可能です。

また、同性婚で子供を養子にする事もできるので、それほど頻繁に会う事は稀ですが「うちにはお父さんがふたり」「お母さんがふたり」のようなカップルのもとに居るお子さん、と言うのも時々会う事ができます。



そういった意味ではやはり、スウェーデンはジェンダーフリー(フリーセックス)やジェンダーイクオリティ(性の平等)が早くから社会に浸透している国で、実際にジェンダーによる差別の少ない国と言う事ができますね。

Ytjflbcdebwudxaqbtb5

フリーセックスと言われ始めた原因

そもそも、日本国内で北欧の様々な様子が有名になったことが、過去にも数度あります。

1度目は、スウェーデンのIKEAが最初に日本に進出を始めた、1970年代初頭ですね。


その後は、1990年代に突如訪れた北欧ブームがあり、現在では北欧と言う「ブランド」はもはやすっかり日本だけでなく世界的に認められた、安定のポジションにいます。


そもそも、スウェーデンのフリーセックスと言う性の解放は、日本で度々起こる北欧ブームの第1次に先駆けて、1960年代に起こっているのです。


それでまでは、スウェーデンでも「女は女らしく」「結婚したら家に入る」なんていう時代があったのですよね。



その当時の性の解放は、また、同時期に認可された「避妊用低用量ピルの解禁」とも密接に関係しています。


1960年代のスウェーデンでは、女性が、自分で自分の性や妊娠・身体をコントロールする事のできる時代になり始めていたと言うわけです。

スウェーデンに数10年遅れていた日本の精神的成熟度

その革命的な解放運動がなぜか、8000キロ離れた日本へ伝わった時に、「スウェーデンでは自由にセックスができるらしいぞ」と飲み屋のうわさ話や都市伝説のように伝わり、それがさらに発展して「スウェーデンではセックスし放題らしい」と言う話になって、現代まで信じられていると言う事なんですね。



まさに、恥。


この感性を持ってみても、いかに日本の社会と言うものが女性を見下げ、男性優位に作り上げられていったかと言うのが変わるようなエピソードではありませんか?


60年代の日本人男性には、そもそも「女性性を尊重して同等のものと考える」だけの精神的な成熟がなかったことが伺われますよね。

確かにジェンダーフリーのスウェーデン

それでは、具体的にスウェーデンのジェンダーフリーとは、一体どういったものでしょうか。


例えばスウェーデンでは、「女性だから何々をしてはいけない」とか「母親はこうするべき」のような考え方をする人は表向きはあまりいなく、、とても精神的に暮らしやすいと考える女性は多いのではないかと思います。


しかし、それはまた、日本では軽率に思われている「人間としての責任」をひとりひとりが負って生きていると言う事です。


例えば、誰と恋愛や結婚をするのも自由ですが、当然日本の専業主婦のように法的に守られてはいません。

日本では、専業主婦に与えられる税金の控除や将来の年金保障、つまり夫の扶養である第3被保険者がありますね。


年金保険料を自分で負担しなくても、養老基礎年金を受け取れる仕組みですが、スウェーデン人の夫と結婚をすれば「自分の将来の年金分は自分で稼いでくれ」と言われるだけです。



また、結婚している関係で夫婦のどちらかが浮気をしたとなると、相手の夫(妻)及び浮気相手にまで慰謝料が請求できますが、実はこれはものすごい事ですよ。



フリーセックスは全ての人の平等を約束していますから、「夫が他の人と浮気をした」と言う事実はただ、「夫が他の人を好きになりセックスをしたので妻のあなたには無関係」と言う事になるのです。

フリーセックス、でも人間の気持ちは複雑

その様なスウェーデンでの現実は、日本人には中々シビアです。


そして、そんなスウェーデンでも人の気持ちと言うのは、実際にはそんなに簡単に割り切

れるような簡単なものではないんですよね。



実際に夫に浮気された妻たちの話を聞いてみても、浮気をされた方は「浮気は彼の自由じゃん」なんて、のんきな事を言っているわけではないのです。


スウェーデンの妻たちも、みんな他の国の女性と同様に夫の浮気をひどいと思い、夫を憎み、夫の心を揺り動かした自分より20も年下の若い女をねたんでいます。


セックスは自由、人間はみな平等、社会ではそのように言われていて頭では分かっているけれど、心がそれについて行かないと言うのはやはり、人間には当然の感情なのですよね。

フリーセックスは政府が行っている洗脳教育?

子供にとっても同じです。

離婚率の高い北欧の国で暮らしている子供たちだから、みんなそれを普通だと思って生きているわけではないのです。


確かに、北欧は全体に離婚率が世界でも高いです。

しかし私は、「お父さんの再婚相手が現在妊娠しているけれど、生まれてくる子供なんて死ねばいい」と言っていた子供を知っています。


子供の気持ち的には、親の再婚や再婚相手の妊娠は、複雑なものです。

そういう社会だからどうしようもないと、子供たちはあきらめているような気がします。



スウェーデンは小学生の時から「父親と母親が離婚をして、1週間ごとに両親の間を行き来している娘の話」が教科書にも載っています。

そして教科書は「親だって他に好きな人ができれば離婚するし、それは子供のあなたとはあまり関係のないこと」だと教えています。


スウェーデンの小学生の子供の教科書には、両親が離婚した子供の例が出てきます。

そこには、両親の家を行き来する子供が、「じゃあ私は、渡り鳥のようにお父さんとお母さんの家を行ったり来たりして暮らせばいいのね!」と超ポジティブなところに落としどころを見つけた子供のセリフが書かれています。



それは、日本のような保守的な国から来た私から見たらまさに「洗脳教育」のように見えるのです。

Sothcglf23siwknzjhs7

10代での経験者が多い

それでは実際に、フリーセックスと言われるスウェーデンの若者のセックス事情はどうでしょうか。


私は留学時代に、普通に10代で子持ちの同級生や、結婚している同級生妊娠して休学する同級生がいると言う事に最初はびっくりしていました。


この辺りは個人の貞節度もありますが、同級生で彼氏や彼女がいる人はほどんど皆、同棲していましたね。


田舎に行けば行くほど、セックスの低年齢化が進んでいると言うのは、日本ともあまり違わない気がしますが、さすがに13歳でクラスの半分が経験済みと言うのは、早すぎる気がします。


また、出身校の雰囲気でも、経験年齢がだいぶ異なるようでした。


実は若い時に両刀経験者が多い

ただ、10代で学校でいくサマーキャンプや泊りの旅行中などの間に経験してしまう子供たちが多いと言うのは、やっぱりな、という感じでしたね。


日本と大きく異なるのは、そういった場所で「男同士」などで経験する子供たちもとても多く、そのためスウェーデンをはじめとする北欧では、ゲイやバイの率が高いのだそうです。


セックスがどんなもんか、一回試してみようぜ、と言うノリでやっちゃうと言う事でしたが、若い時に「どっちとも経験してしまう」ゆえなのでしょう。

婚外恋愛者が多く法的処置がない

Hsnsmy7tsavyjf1u5ehx

正直、私から見たら日本も随分セックスの自由な国だよな、と思う事は多いです。


浮気や不倫なんて日常茶飯事ですし、二股三股なんてありふれていますからね。


しかしながら、日本と異なり「浮気をした場合の法的処置がない」と言った社会的制裁面や結婚観の違いなどを見ると、やはりスウェーデンは「性別問わずセックスも自由なんだな」と思わざるを得ませんね。


他の北欧の国ですが、デンマーク人は結婚している男性の半数以上に浮気経験があると言う統計もあるそうなので、スウェーデン人もそんなに変わらないのではないでしょうか。


いや、日本人もおんなじかな…。

同性婚が多い

Ct86ftg5sdk53cnce8nf

同性婚が認められているスウェーデンですので、当然同性婚は多いです。


日本人でも、日本だと結婚できないためにわざわざ移住してくると言う方はいましたね。

また、相手の彼氏も同棲で結婚できない国の出身の為に、一緒に移民してくるような人も多い印象です。


どのような形でも、愛する人と一緒に居られるのは人間として必要な事ですから、そういう意味ではスウェーデンはまさにフリーセックスの国と言えるでしょうね。

Hdo8cff7nd2swl8r4csi

そもそも、「フリーセックス」などと性別を押し出している時点で、性別を意識しているのではないかという疑問もわきますが、もとをただせば「人間は皆自由」なものなのですよね。


乱交や乱痴気騒ぎくらいなら性的嗜好で許容範囲だとしても、大切な人を穢してまでの浮気や不倫、年齢など顧みずに児童への性的な虐待やレイプをすると言う意味の自由は、そもそも人間として認めてはいけない感情ですからね。


結局は、スウェーデンのフリーセックス事情と言っても、誰彼構わずにセックスをしていいと言うわけではなく、また、誰かを傷つけて欲望のままに生きても良いと言うわけではないのです。


つまるところ、フリーセックスとは「個人の成熟度」に関わってくると言う事が言えるのではないかと思います。


個人が人間として成熟していない社会では、そもそもフリーセックスと言う概念すら生まれません

とって付けたような欧米の受け入りのような「ジェンダーフリー論」は、保守的な日本では中々浸透しないわけです。



それでも、心の自由を愛し、自分が自由になる事を認めている人間だけが、真の意味でもフリーセックスを手に入れる事ができるのでしょうね。