Un1rs3kxlznlubczceol

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【体験談が語る】夢精を予防する方法!ストレスや披露が夢精に繋がる?年代は無関係?

2021.01.15

男性のなかにはいきなり訪れる夢精に悩んだことがある人も多いのではないでしょうか?「夢精を予防したい」と思っている人もいるでしょう。そんな悩める男性のために、今回は夢精を予防する方法をまとめていきました。なぜ夢精が起こるのか、基礎知識もご紹介していきますね!

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. 夢精を予防する方法を知りたい!
  2. 夢精を予防するために!夢精の基礎知識を知っておこう!
  3. 夢精の原因
  4. 夢精を予防したい人も多い
  5. 夢精を予防する方法*
Qmi7kai1p70ywtxu6bqb

こんにちは、定期的に訪れる夢精を予防するために様々な方法を試した夜遊び太郎です。


男性なら一度は夢精を経験したことがあるでしょう。僕も寝ている間に射精までしているので、朝起きたときに下着がびちょびちょになっていてびっくりしてしまいました。


初めて夢精した時は本当におもらししてしまったのかと思ってしまったほど(笑)でもそんな経験をしたのは僕だけではないでしょう。


夢精は勝手に射精して、下着やベッドまで汚してしまうのでちょっと厄介なものですよね…。「なんとか夢精を予防する方法はないの?」と思っている人も多くいるでしょう。


そこで今回は夢精を予防する方法をまとめていきます。難しい方法ではなく、今日からでもできる方法をまとめていくので、ぜひ試して夢精を予防しましょう!

Q4kk3bb4zuiojhrnhivl

夢精を予防するためにも、最初に基礎知識をしておくことが大切です。「夢精」という言葉は知っているけど、いまいち意味がよくわからないと思っている人も少なくないでしょう。


夢精とは寝ている間に勃起して、射精までしてしまう行為のことをいいます。朝勃ちという言葉がありますが、夢精は射精までしてしまうんです。


僕は夏場はパンツだけで寝ているのですが、夢精が起きた時は最悪でした。急いで着替えて、シーツも家族にバレないように洗いましたね…。


部屋でシーツにドライヤーをかけて、必死に乾かしていました(笑)

①夢精は思春期に起きやすい?

Fok8krl6oeobitc3v6o6

夢精は思春期の時期に起こりやすいと言われています。思春期と言えば中学生から高校生にかけてぐらいですかね。


ちなみに僕が最初に夢精をしたのは17歳の頃でした。絶賛反抗期で親にも言えず、部屋の中でただ1人もだえていました(笑)


思春期の時期はちょうど男性の性欲がピークに達し始める時ですから、余計に夢精しやすいのでしょう。


今回は男子高校生100人を対象に「夢精したことがあるか」とアンケートをとってみました。結果は上記の通りです。


実に多くの男子高校生が夢精したことがあると答えていました。

②年代関係なく夢精は起こる

夢精は思春期の時期に起こりやすいと言われていますが、「起こりやすい」というだけで思春期を超えたら夢精が起こらないというわけではありません。


年代関係なく夢精して、悩んでいる男性も多くいるんです。確かにいい大人になってまでも夢精していたら、自分はどこかおかしいのではないかと不安になってしまいますよね…。

Fuuwsrojzxbuclgu13hg

そもそもなぜ夢精は起きてしまうのでしょうか?夢精を予防するためにも、原因を知っておく必要があります。


原因を知っておくことで予防策も自然と思いつきますからね!次に夢精が起きる原因について説明していきます。

①ストレスや疲労の蓄積

1つ目の原因はストレスや疲労の蓄積です。ストレスや疲労が溜まってしまうと勃起をコントロールすることができなくなってしまいます。


一般的に「疲れマラ」と言われているものですね。睡眠中だけではなく、仕事中など意識していないタイミングで勃起してしまうこともあるので、男性からすればどうにかして予防したいもの…。


ストレスや疲労が溜まっている場合の夢精は、健康的なものとは言えません。むしろ無理矢理精液を出している状態なので、健康に悪いとも言えるでしょう。


ストレスや疲労が蓄積していると、体に良い影響は与えません。健康的ではない夢精に加えて体の至るところにトラブルが起きるので、一刻も早くストレスや疲労を軽減させる必要があります。


人によってストレスや疲労を和らげる方法は違うので、自分に合った方法で体の中に溜まった疲れを発散させてあげましょう!

②精液のたまりすぎ

男性の体には約3日分の精液が溜められると言われています。とはいっても、精液がいっぱいになったからといって生成が止まるわけではありません。


精液をためる器がいっぱいになったとしても、そのまま作り続けられます。


基本的に溜まった精液は徐々にタンパク質として吸収されるのですが、すべての精液が吸収されるわけではないんです。


溜まった精液を体に溜まりすぎないように、外部に排出しなければいけません。精液が非常に溜まっているが故に、夢精が起きてしまうのです。


自分が夢精をしていたのは精液の溜まりすぎが原因だと考えています。なぜなら初めて夢精した時は試験の真っ只中で、1ヵ月ほどオナニーもセックスもしていなかったから!


もちろんムラムラしていた時はあったけど、親が厳しかったので勉強に集中していたんです。そしたらある日初めての娘が起きてしまいました(汗)

E48y1djb2hkh2twof58g

夢精はオナニーよりも気持ち良いと言われており、はまっている人もたくさんいます。だけど逆に「夢精を予防したい」と思っている人も多くいるんです。


夢精すると下着やベッドも汚れてしまいますし、後片付けが大変ですよね(汗)


しかも自分が知らない間に射精までしているなんて、考えただけでもなんだか体に異変が起きているのではないかと不安になってしまいます。

夢精は恥ずかしいと思っている人も…

「夢精は恥ずかしい」と思っている人もたくさんいるんです。自分が寝ている間に勃起して、射精までしているんですからね…。


もし隣に彼女がいたらと考えただけでも、恥ずかしくなってしまいます(汗)もし彼女が起きていたら… ?


寝ているときにまで射精をしていたら「この人の性欲が強すぎる」と思われて引かれてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしてしまいますよね…。


自分が「夢精を予防したい」と思った理由は彼女に見られたくなかったからです。


お泊まりの時とかで隣に寝ている彼女に見られたら振られるんじゃないかと思って、夢精を予防するためにいろんな方法を試しましたね!

Qwejrua6jdmfnpt1dien

夢精を予防する方法はいくつかあります。最後に僕が試した方法の中でも効果のあった夢精の予防方法をまとめていくので、ぜひ参考にしてみてください。


夢精は悪いことではないのですが、やはり男性からしたら恥ずかしいと思ってしまうもの…。


夢精を予防したからといって勃起力が落ちたり、性欲が下がったりすることはないので安心してくださいね。


むしろストレスや疲労が溜まっている夢精の場合は健康的なものではないので、一刻も早く予防する必要があります。今日からでも予防方法を試してみてくださいね!

①定期的にオナニーをする

夢精が起きる原因の1つとして挙げられているのが「精液の溜まりすぎ」です。ということは、体の中に溜まった精液を定期的に出してあげればいいんです!


定期的にオナニーをして、体の中に精液が溜まりすぎないようにしてあげましょう。成人男性の場合は3日に1度オナニーをすれば良いと言われています。


もし3日に1度オナニーをしても夢精が予防できなかった場合は、2日に1度と頻度を細くしてみてください。


僕は試験期間中でも一応勉強はしていましたが、ストレス発散としてオナニーをしていました。


夢精の原因が性欲の溜まりすぎとネットで調べて知っていたので、できるだけ精液がたまらないようにしていました。


定期的にオナニーをしていた時は夢精が起きることも少なかったですね!

②セックスに励む

体の中に溜まった精液を排出する方法はオナニーだけではありません。もちろん愛する彼女とのセックスでも大丈夫なんです。


僕は彼女がいない時期はオナニーをして精液を出していましたが、彼女がいた時は毎回セックスをして精液を輩出していました。まぁ自分もあの時は性欲がピークでしたからね(笑)


毎回セックスに応えてくれる彼女が愛らしくてたまりませんでした。だからつい1回だけじゃ済まず、2回戦目、3回戦目とヤッちゃいましたね。あの頃は若かった(笑)


でも定期的にセックスをして精液を排出していたからか、夢精は気づけばなくなっていましたね!夢精していた時期は、自分がどれだけ欲求不満だったのか思い知らされました。

③ストレスを発散させる

上記でもお伝えしましたが、ストレスや疲労の蓄積で夢精をしてしまうのは健康上良くありません。夢精だけではなく、他にも体の至るところに悪影響を与えてしまう可能性があります。


そうならないためにも、ストレスを抱え込まないことが大切です。ストレスを発散させる方法は人によって違います。


僕は1人でカラオケに行って、大きな声で好きな曲を好きなだけ歌うことでストレスを発散しています。誰もいないので気を使う必要もなく、思いっきり好きな歌が歌えるので結構気持ちいいんですよ!


ただ最初は、受付に若いお姉さんがいたので1人で入るのが恥ずかしかったです(照)今となっては全然余裕ですけど、最初は入るのに苦労しましたね…。


他にも買い物や食べ歩き、スポーツ、映画鑑賞など人それぞれストレス発散方法があると思うので、心の中に溜め込まないようにしましょう!


「疲れているな…」と思ったらリフレッシュすることが大切ですよ!夢精を予防したいなら、なおさらね!

④寝酒する

夜寝る前にお酒を飲んでからベッドに入りましょう。お酒を飲むことで熟睡モードに入ることができます。


熟睡することができれば夢精どころではなく、完全に睡眠状態に入ります。


ただ、寝酒は人によっては寝酒を悪くさせてしまう可能性があります。不眠の原因にもなってしまうので、一度試してみて寝付きが悪いなと思ったら、この方法は向いていないでしょう。


さらにお酒が入ることで興奮状態になって、夢精してしまったなんて人もいるので、結構個人差が大きい方法です。


僕はお酒が入るといつも眠たくなる性質なので、いつも熟睡していましたけどね!僕はあえて寝る前にアルコール度数の高いお酒をグラス一杯飲んで寝ています。


ただ次の日はだるさが半端ないので、次の日が休日の時に試している方法ではあります(笑)

⑤仰向けで寝る

夢精はうつ伏せで寝ているとペニスが摩擦で刺激されるので、夢精が起きやすいと言われています。そこで僕が試した方法は「仰向けで寝る」こと!


仰向けで寝ることで無意識に体を動かしていたとしても、ペニスがベッドにこすれることはありません。


しかも人間の意識は不思議なもので、エッチな夢を見ていると無意識に腰を動かすことがあるんだそう…。無意識に腰を動かしてしまうから、ペニスに刺激が与えられ夢精をしてしまうんです。


夢精を予防したいときは、ぜひ仰向けで寝てみてください。仰向けで寝ることで顔がむくむこともないですし、骨盤がずれることもないのでいいことずくめなんですよ!

⑥リラックスして寝る

睡眠時にストレスや疲労が溜まっていると、夢精しやすくなってしまいます。夢精を予防するためにも、体をリラックスさせることが大切です。


例えばヒーリングミュージックを聴いたり、温かい飲み物を飲んだりなどですね。ゆっくりお風呂に入るのもいいと思います。


また、寝る前にエッチな漫画やアダルト動画を見ないようにしましょう。自分が興奮してしまって、夢精する確率が高くなってしまいます。


なるべくエッチなことを考えないように、体をリラックスさせてあげてください。


ただ中には体をリラックスさせると夢精が起きてしまうという人もいます。リラックス状態の睡眠でも夢精が起きてしまった場合は、別の方法を試すことをおすすめします。


ちなみに僕はこの方法が1番合っているのか、寝る前に好きな曲を聴いて寝ると、朝めちゃくちゃすっきりして起きられます!


いくつかの予防方法をご紹介しましたが、自分に合った方法を試してみてくださいね!