Vzgo3f7svyyld2iqkull

性交関係

CATEGORY | 性交関係

シティホテルでのセックスはアリ?ラブホとは違うルールを解説!

2021.01.06

安くてサービスも充実しているシティホテル。セックスに使っても大丈夫!?という疑問を抱えている方も多いでしょう。そこで今回はシティホテルでのセックスについてレクチャー。しても良いのか?メリット・デメリット、それから潜入リポートもお届けします。参考にしてください。

この記事に登場する専門家

Ugjuurtzz6p6jbvrrtws

セックス・オナニーコンサルタント

カイト

セックス・オナニーのプロ。経験人数はライブハウスキャパオーバー!いつかはドームを埋めたい。より良いセックスとオナニーを広めるために惜しみなくテクニックと体験談語ります!

  1. シティホテルでセックスはアリ?
  2. シティホテルでセックスってどうなの?
  3. 意外と良い!?シティホテルでセックスするメリット
  4. ラブホとは違う!シティホテルでセックスするデメリット
  5. シティホテルでセックスする際のマナー
  6. 【体験談】シティホテルでセックスがどんな感じが潜入!

こんにちは。セックス・オナニーコンサルタントのカイトです。


皆さんはどこでセックスをしますか?自宅・ラブホ・レンタルルームなど、色々あるでしょう。実は場所のバリエーションは多い方が良く、マンネリ化を防ぐ効果があります。


そこで今回はスポットとしてはマイナーともいえる、シティホテルでのセックスについて紹介。ラブホと違ってセックス用に作られていないため、「してOKなの?」「どんな感じ?」と疑問に思う方も多いでしょう。


筆者も知らない頃は「ラブホ以外のホテルでセックスってアリ?」と悩んでいました。今ではよく使っていますよ。

Q6svls49mjx9iezmtbjg

日常的にセックスをしている女性100人を調査したところ、意外にもシティホテルでしたい女性が多いことが分かりました。ラブホテルを悪いイメージを抱く人も多いですからね。独特の雰囲気が怖い!という女性もいます。


今後はシティホテルでセックスが定着するかもしれませんね。今の内にシティホテルでのセックスについて学びましょう!

引用: https://pbs.twimg.com/media/ELe2EglUUAE7cQ5?format=jpg&name=4096x4096

まずはシティホテルでのセックスがOK?という疑問から掘り下げていきます。ラブホではないため、色々な事情が絡んでいるものです。詳しく紹介するので参考にしてみてください。

①セックスはしても問題ない

シティホテルでセックスしてOKかどうかですが、問題はありません。プライベートな空間かつ、他の人から見えない場所であれば行為に臨んで大丈夫ですからね。


シティホテルは鍵付きの個室なため、上の条件を満たしています。警察沙汰になることはないでしょう。


ですがホテル側がルールを設けている場合は、問題になる可能性があります。「性行為禁止!」みたいな感じですね。


ルールを知っていてセックスをすると、ホテル側から注意を受けることになるでしょう。とはいえ、ほとんどのホテルでヤレます。


ちゃんとした造りのホテルなら、セックス禁止なんて少ないですよ。

②あえてシティホテルでセックスするカップルも多い

詳しくは他の見出しで解説しますが、シティホテルにはメリットがあります。そのためあえてシティホテルでセックスをするカップルも多いですよ。


「セックス=ラブホ」みたいな時代ではなくなっています。シティホテルでヤルことがおかしい、なんてことはありません。


アンケートの通り、女性の中にはラブホよりもシティホテル派だっていますからね。もちろん2人が満足して法律的に問題ないなら、セックスはどこでしてもOKです。自分達で決めましょう。

③デリヘルは呼べないケースがある

セックスはできるシティホテルですが、デリヘルはダメ!というケースもあります。「どうして?」と思うでしょう。理由を解説していきます。


まずはホテルと客との約束事に違反しているからです。ホテルは宿泊客以外を入れないことを条件に部屋を貸してもらっている、と言えばピンと来るでしょう。


明らかにデリヘル嬢は泊まる客ではありませんよね。ホテルからすれば部外者で、お金を払わずに侵入している人です。


2つ目はお客さんに18歳未満もいること。子どもがいる所にデリヘル嬢が来る…大人やオーナーからすれば避けたいことでしょう。悪いイメージを持たれますからね。


3つ目は部屋を汚されるからです。カップルのノーマルセックスと違い、デリヘルは少しハードなプレイになりがち。


ベッドが汚れたりゴミやアダルトグッズを残されたりすれば、スタッフが片付けることになります。従業員に負担を掛けないよう、デリヘルを禁止にしています。

引用: https://pbs.twimg.com/media/Ecc-BgIU0AEMdxZ?format=jpg&name=900x900

シティホテルでのセックスには良い面がたくさんあります。行為をするにはラブホよりも劣りますが、魅力を知ればヤリたくなるはず。それでは紹介していきます。

①治安が良い

ラブホにはさまざまな客が集まります。最近はクリーンになってきていますが、やはり事件やトラブルも多いですよね。


筆者もドアの前に立って音を聞こうとするおじさんと遭遇したことがあります。予約も身分証明もなく入れる場所なので、何を考えているか分からない人がいるものです。


一方シティホテルはきちんと受付をする必要があるため、治安が良い傾向にあります。客層も出張・ちょっとしたお泊まり・プチ旅行、といった感じなので悪さはしません。厄介な客に絡まれる心配はないでしょう。


また、ラブホは部屋の設備が壊れたままになっていることが多いですよね。鏡にヒビが入っていたり、壁が汚れていたりします。


そんな心配もシティホテルではしなくてOKです。きちんと管理されていますよ。部屋に大量の虫がいる!なんてこともありません。

②他のカップルと会う気まずさがない

ラブホはセックスをする場所という認識が強いです。そのため「入る=行為がある」と思われています。


廊下で他のカップルとすれ違えば気まずいですし、雰囲気も壊れるでしょう。何よりホテルへ入るところを知り合いに見られる不安もあります。


一方シティホテルは泊まる場所です。カップルで歩いていても、「こいつらセックスする」なんて思われません。入るところを見られても問題無しです。


筆者はラブホに堂々と入っていけるタイプですが、相手の女性に「ラブホに入るのは勇気がいる」と言われたことがあります。周りからの見られ方やハードルの低さもシティホテルの大きなメリットでしょう。

③利用しやすい

ラブホは初心者や行き慣れていない人からすると、どう利用するのか分からないでしょう。お会計システム・ワンガレージ制からの入り方などです。


休憩・フリータイム・宿泊といった単語も分かりにくいでしょう。筆者も初心者の頃は分からないことだらけでしたね。かといってサポートもないので、自分で覚えるしかありません。


一方シティホテルはスタッフが丁寧に説明をしてくれるので、心配しなくてOKです。料金や部屋の使い方もレクチャーしてもらえますよ。

④出入りが自由

ラブホの中には、指定した利用時間にならないと鍵が開かない部屋があります。一度入ると出られない!というシステムです。


車の中に荷物を置いてきてしまったり、チェックインしてから買い出しに行く予定を壊されたりと、ドアロックに悩まされるカップルはたくさんいますね。


一方シティホテルは出入り自由なのがメリットです。荷物を部屋を置いてから、2人で食事へ行けます。外でお酒も飲めますし、コンビニへ買い出しに行って部屋で飲食するのもOKです。


色々と満喫したらセックス!というプランがおすすめです。旅行気分を楽しみつつ、気持ち良いことしましょう。

⑤食事がついている

シティホテルには食事がついていることが多いですね。グレードやプランにもよりますが、バイキングやシェフによる一品が食べられます。


食の充実度が高いのもメリットでしょう。美味しい物を食べれば、セックスするパワーもみなぎるものです。


また、中でも嬉しいのが朝食。セックスの疲れを残したまま迎える朝は体がダルいものです。帰るのがしんどい…となるでしょう。


そんな時、用意されている朝食は身に染みます。筆者は朝食バイキングのところをよく使っていますね。たっぷり食べて朝から元気になれます。

引用: https://pbs.twimg.com/media/EjAGFwNVgAIbn9Q?format=jpg&name=large

ラブホはセックスをするために作られている施設です。そのため色々なプレイを思いきり楽しめます。


一方シティホテルは泊まる場所です。セックスをすると、どうしてもデメリットが目に付きます。紹介していくので、利用するかどうかの参考にしてみてください。

①セックスをする設備が揃っていない

シティホテルはセックスするための設備が揃っていません。ベッドも小さいですし、照明も明るいか暗いかしかないです。


ラブホは興奮を刺激するカラーのライトがありますし、ベッドも大きくてフカフカ。セックスをしっかり楽しめる設計です。


そのためラブホでセックスをしている人からすると、シティホテルって物足りない!となるでしょう。アダルトグッズも買えませんし、特殊プレイができる道具も置いてありません。

②壁が薄いため喘げない

シティホテルは部屋数が多いですし、普通に泊まる施設なため壁が薄いです。ラブホと比べると防音は劣っていますね。


そのため喘いでしまうと、隣の部屋や廊下を歩く人に聞かれてしまいがちです。恥ずかしいでしょう。


ですが周りの人からすれば、恥ずかしいだけでは済みません。イライラしますし、未成年を連れている身からすると災難です。スタッフに報告するか、壁ドンしてくるでしょう。


先ほどセックスは問題ないと言いましたが、音漏れ・騒音は注意の対象です。気を付けましょう。

③豪華さがない

ラブホは値段こそ安いですが内装は豪華でしょう。何かとライトアップされていますし、部屋によってはファンタジーの世界みたいです。


筆者もラブホ巡りしていますが、水槽があったり回転するベッドがあったりする部屋に入ったことがあります。ロマンチックで、性欲もかき立てられますよね。


一方シティホテルは、何かと豪華さがありません。お風呂も普通のユニットバスですからね。キレイではありますが、装飾や細工されていないでしょう。女性の中には「こんな部屋か…」とガッカリする方もいます。

④イマイチ興奮しない

シティホテルはセックスをする場所、というイメージがないでしょう。実はこの認識が最大のデメリット。


ラブホと違ってセックスモードにならず、充実した行為ができなくなります。イマイチ気持ちが盛り上がりません。


一方ラブホは行く時点で少しドキドキするでしょう。そういう場所!と思っていますからね。「今からセックスする!」そんな期待はとても大切。シティホテルでも興奮できるようになるには、慣れが必要ですね。

⑤色々なお客さんがいる

ラブホは治安こそ悪いですが、客のほとんどはセックスする人達です。ある意味仲間ですよね。


しかしシティホテルは色々なお客さんがいます。目的も年齢層もバラバラです。そのため細かな配慮も必要ですね。


先ほども言いましたが喘ぎ声を漏らしてはいけませんし、共有スペースでイチャイチャするのも控えましょう。出入りは自由でも、案外制限が多い!と筆者は感じています。

引用: https://pbs.twimg.com/media/EbWUM_vUEAA9jFD?format=jpg&name=large

シティホテルはセックス専用の部屋ではないため、ヤルならマナーを守らなければいけません。何でも自由にやりすぎると、スタッフに注意されてしまいます。互いに嫌な思いをしないためにも、今から紹介するマナーを守りましょう。

①汚しすぎない

シティホテルもラブホもですが、汚しすぎるのはNGです。スタッフに迷惑をかけますからね。常識の範囲内で使うようにしましょう。


布団を精子まみれにしたり、コンドームのゴミをその辺に落としたりしないでください。ラブホのスタッフと違って、性的な物の扱いに慣れていないですからね。


キレイなまま使え、とは言いませんが出る際は自分達である程度整えましょう。軽く掃除して出るのがマナーです。

②アブノーマルなことはしない

セックスにはノーマル以外に、さまざまなプレイがありますよね。SMやコスプレ・玩具責めなどです。


こうしたアブノーマルなプレイはシティホテルでしないようにしましょう。汚れるリスクがありますし、設備が壊れるといったトラブルになります。


潮吹きしてテレビにかかる、狭い浴室でセックスしてドアを破損、シングルベッドで激しくヤリすぎて脚を破壊、などです。


ラブホと違って部屋自体が狭いので、大きく動けば何かと壊してしまいがち。ノーマルな体位をねっとりと楽しむのがシティホテルでのセックスです。

③音漏れに注意する

何度も書いていますが、セックスの音漏れに注意しましょう。喘ぎ声が聞こえてしまうと怒られてしまいます。スタッフもこちらも気分が悪くなるでしょう。


また、女性の喘ぎ声を聞いて「なんだセックスか」と思えば良いですが、勘違いする人もいます。ホテルの一室から女性の叫び声…事件!?みたいな感じです。


確かに甲高い声が聞こえてきたら怖いでしょう。一歩間違えば通報されかねません。


筆者も1人で来ている時に隣から「んあああ!!やめて!!」と聞こえたら身構えてしまいます。事件の臭いがしますよね。


くれぐれも大きな声は出さないでください。邪魔が入れば雰囲気が壊れてしまいます。

女の子のスペック

身長:160㎝

体型:痩せ型

年齢:23歳

カップ:C

出会うまでにかかった金額:4,000円

出会いのきっかけ

出会いのきっかけの詳細はこちら

シティホテルのセックスの流れをリポートします!

筆者のシティホテルセックス体験談です。マッチングアプリで出会ったMちゃんとBARへ行き、それっぽい雰囲気になったの誘います。


とりあえずセックスOKが確認できたところで、「この辺のラブホは治安悪いから、シティホテルにしよう」と言いました。


まぁ誘い方は自分が思うワードで良いですが、できればシティホテルのメリットを語った方が心を動かせますね。行きたい!と思わせるかどうかが勝負です。

Woman1

じゃあシティホテルで!

Mちゃんは快く受け入れてくれました。嫌がっている時に無理矢理押し込むのはNGですよ。


さて、次はチェックイン編です。今回は当日OKのホテルでしたが、行く前に予約をしておきました。ラブホと違って簡単です。予約をしておけば行って入れない!とはなりません。


そしてホテルへ入った後は、受付スタッフに従えばOK。ラブホみたいに自分で考えて進む必要はありません。事細かく説明してもらえるので安心してください。

Woman1

意外にキレイ!!

部屋はベッドが2つあり、白ベースな内装。ラブホと違って清潔感がありますね。さらに駅前のシティホテルなため、窓からそこそこの夜景が見えます。Mちゃんも喜んでいました。


しかし残念ながらお風呂は大きくないので、2人でシャワーを浴びるのは難しいです。別々に入りましょう。一緒に入ると窮屈です。


当たり前ですがコンドームは用意されていないので、事前に買っておくことをおすすめします。

いよいよセックススタート。ベッドは小さいですが、フェラチオ・クンニ・シックスナインといった前戯をするには全然困りません。


むしろ狭くて密着感があります。カップルならよりドキドキするでしょう。シーツの質も良いので、擦れて肌が痛い!みたいなこともありませんでした。


しかしホテルのグレードによって違うため、注意しましょう。正直やりにくいベッドのホテルもあります。


次は音漏れ問題ですが、静かにしていると隣の部屋の物音が聞こえるレベルなので、やはり大きな喘ぎ声は禁止です。

Man1

声出すの我慢して…

Woman1

っんん…

喘ぎ声禁止がむしろエロい!感じているのに声を押し殺すのがたまりません。秘密のプレイみたいに考えれば楽しめるでしょう。


また、セックスではパンパン音も控えなければいけないので、高速立ちバックなどはできないですね。スローで濃厚なプレイをおすすめします。


筆者は正常位・騎乗位・側位などで絡みました。スペース的な問題ないですね。


フィニッシュは正常位でそこそこなペースでの突き。コンドームの中にたっぷり出しました。ぶっかけも良いですが、シーツを汚すリスクがあるのでやめた方がいいかもしれません。


後はしっかり片付けをして終了です。シティホテルでのセックスは制限も多いですが、デメリットも捉え方次第で興奮材料となります。ぜひプレイしてみてください。