Phhix7jiya7ukp4ktmnv

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【ヤリチンが教える】安全に青姦をする方法やおすすめのスポットを紹介!

2020.12.07

彼女と青姦(あおかん)してみたい!実はカップルの間で密かに人気を集めているのが青姦!いつもとは違う環境でセックスをすることで、マンネリ防止にも繋がるんですよ!気持ちよく青姦する方法やオススメのスポットなど、今回は青姦について詳しく解説します!

この記事に登場する専門家

Wczjisgpi8ebl1pbwnmz

SEXの達人

エロス

日々10人以上のセフレとセックスをエンジョイしているヤリチンです!

  1. 青姦(あおかん)とは?
  2. 実はカップルに人気!?青姦の魅力とは?
  3. 忘れちゃダメ!青姦に必要な6つの持ち物
  4. この流れでOK!気持ちよく青姦をする5つの方法
  5. 覚えておこう!オススメの青姦スポット6選
  6. 気をつけよう!青姦をするときの注意点
Xyezyk7afqmiayyofyrk

こんにちは!


先日、彼女と青姦をして風邪を引いてしまったエロスです!

Man2

青姦って何ですか?

仕事帰りに後輩と飲んでいたとき、青姦(あおかん)について訊かれました。


もしかすると、青姦という言葉を初めて知った人もいるかと思うので解説すると。

Man1

屋外でセックスすることを青姦っていうんだよ

青姦の青は「青空の青」をさしていますが、夜に屋外でセックスをすることも青姦といいます


僕と彼女は「通常のセックスに飽きてきた頃」に、刺激を求めて青姦をしています。


ただ日中は人目が気になるので、公園などの公共施設ではやりませんねー。


まあ、やるとしてもベランダで行うくらい!


晴れた日、ベランダに置いてある植物の陰に隠れてセックスをすると、「屋外でセックスすると気持ちいいなー」としみじみ感じますねー(笑)


夜だとマンションの非常階段や公園など、いろんなスポットでスリルを感じながら青姦を愉しんでます!

Wpwrpayqlprlixeiggwr

青姦をするようになってから気がついたことがあります。


それは、僕らの他にも青姦を愉しんでいるカップルが、実は多いことです!


ある日、自宅やカーセックスにも飽きてきたので、地元の山奥にある公園で青姦を愉しもうと歩いていたら、近くで女性の喘ぎ声が聞こえてきました(笑)


彼女と一緒に、その声のほうへ近づいてみると、茂みに隠れてセックスを愉しんでいるカップルを発見!

Woman3

セックスしてたね(笑)

Man1

俺たちはどこでやろうかなー♪

こんな会話をしながら、ニヤニヤしちゃいましたねー(笑)


実はカップルにも人気のある青姦ですが、どういったところが魅力かというと...。


青姦経験者の僕が感じた魅力は主に2つ。


・開放的なセックスができる


・スリルあるセックスができる


基本は皆さん、普段は屋内でセックスをすることが多いと思いますが、青姦だと屋外でのセックスになるので、開放感を感じながらセックスを愉しめることが一つ。


もう一つが、いつ誰かに見られるかもしれないスリル感が、逆に興奮するからです。


彼女とのセックスにマンネリ化を感じてきたら、青姦もオススメですよー!

S38vpuep0lt4oqh41grr
Man3

青姦に興味があります!必要な物を教えてください!

青姦の話しを聞いていた別の後輩からも、こんな質問をされました。


まず最初に青姦を行う際に適した季節は、「春から秋まで」だと僕は感じています。


冬の寒い時期に青姦をやると、僕のように風邪を引いてしまうので気をつけましょう(笑)


春から秋に青姦を愉しむ場合、6つの持ち物が必要となります。


①虫よけスプレー


②レジャーシート


③コンドーム


④懐中電灯


⑤タオル


⑥ブランケット


それでは一つずつ解説していきますねー!

①虫よけスプレー

主に夏場に青姦するときに使うのが虫よけスプレー。


セックスする前に体に吹きかけておけば、以後は虫が寄ってこないのでセックスに集中できます!


実は僕、スプレーをかけ忘れたことがあり、蚊に背中やお腹を刺されて大変な目にあいましたー!


チンポを刺されたら、大変だったかもー(笑)


青姦するときの必需品なので、必ず持ち歩きましょう!

②レジャーシート

レジャーシートも青姦での必需品!


公園などでセックスするときに役立ちます。


例えば、コンクリートや草木の上にそのまま寝転ぶと、背中や膝が痛くなりますからねー。


ちょっとしたケガを防止したり、体が汚れたりしないように、レジャーシートは用意しておきましょう!

③コンドーム

屋外でセックスしていると、気持ちまでも開放的になるため「今日ぐらい、ゴムをつけなくてもいいかな」と思ってしまいがち。


でも、望まない妊娠を避けるためにも、コンドームは必ず持ち歩き、きちんと着用してセックスしましょう!

④懐中電灯

夜の公園や山奥で青姦するときに役立つアイテムが懐中電灯。


暗い夜道を歩くときや、防犯のためにも必ず持ち歩きましょう。


ただし、セックス中は明かりを消すこと。


明るいままだと「ここでセックスしてますよー」とアピールしてるようなものですからね(笑)

⑤タオル

セックスした後、汗をかいた体を拭いたり、レジャーシートだけでは背中や膝が痛いとき、タオルを敷いてつかうこともできるのでオススメ!


タオルと併せて、ウェットティッシュも一緒に持ち歩くと、チンポやマンコを拭いてしっかりと除菌することもできるので、青姦のときはいつも持ち歩いています。

⑥ブランケット

秋になってくると、青姦している最中など「少し寒いかも」と感じるときがあります。


そんなときにブランケットがあれば、快適にセックスができるのでオススメ。


使わないときは丸めておくことで、枕の代わりにもなるので便利です!

Snfkr01vdapz31remxmk
Man2

青姦するとき、何かオススメの方法などはありますか?

ありますよー!


僕のやり方になりますが、気持ちよく青姦する方法が5つあります。


これは一連の流れになっていて、これから青姦する人はしっかりと覚えておきましょう!


①場所探し


②雰囲気つくり


③季節に合わせた対策


④すぐに服を着れる状態にする


⑤盗難や盗撮に気をつけながらセックス


まずは「青姦する場所が安全なのか?」を調べるために、事前に場所探しからスタート。


明るいうちに調べておくと「安全か安全ではないか」わかりますからねー。


あとはセックスするため「気持ちを高めていく雰囲気つくり」や、暑さ、寒さ対策も重要。


セックス中、誰かが近づいてきた際に「さっと服を着れる状態」にしておくことなど、「気持ちよく青姦をするために覚えてほしい方法」を解説します。

①場所探し

まずは場所探しをしっかり行うことからスタート。


危険地帯での青姦は「犯罪に巻き込まれることもある」ので、しっかりと安全な場所を探しましょう。


後ほど、オススメの青姦スポットもご紹介しますので、そちらも併せて参考にしてください。

②雰囲気つくり

事前に青姦スポットをみつけることができたら、次は当日、セックスする前の雰囲気つくりについて解説します。

Man3

青姦スポットに到着したよ!さあ、エッチしようよー!

Woman2

え、いきなりッ!?

ちょーと待ってください(笑)


いくらなんでも、到着してすぐには「まだ女性の心の準備ができていない」ことが多いので、ベンチにでも座ってゆっくりお話でもしてください。


肩を抱き寄せながらキスをしたり、愛の言葉を囁いたり、セックスするための「雰囲気つくり」をしっかりと行うことで、その後のセックスが盛り上がり方に違いがあります


セックスする前に、しっかりと雰囲気つくりをすること!


これ、本当に大切なことです。

③季節に合わせた対策

気持ちよく青姦を愉しむには、2つの対策をしておくことをオススメします。


・虫対策(夏)


・防寒対策(秋)


夏場はどうしても虫が寄ってきますし、秋だと寒くてセックスに集中できないときもあります。


夏の虫対策としては、防虫スプレーや蚊取り線香を使うこと


秋の防寒対策は、コートなど暖かい服装でセックスすることをオススメします。

④すぐに服を着れる状態にする

暗闇のなかでセックスをしている最中、誰かが近づいてくる可能性もあるため「すぐに服を着れる状態」にしておくことをオススメします。


一番の理想は、上着は着用したままで、ズボンだけを降ろしてセックスをすること。


女性はスカートだと脱ぐ必要もないので、青姦にオススメの服装です。


危険を察知したら、「すぐにその場から立ち去ることができる」対策をしておきましょうね!

⑤盗難や盗撮に気をつけながらセックス

①から④までをしっかりと覚えたら、あとは盗難や盗撮に気をつけながら、セックスを愉しむだけ!


④でも解説したように、誰かが近づいてきた気配を感じたら、すぐにセックスをやめてその場から離れること


屋外には危険がいっぱいなのでスリルを感じることができますが、その分リスクも大きいので、これから青姦をする人は十分に注意してくださいね!

Ngawwzf7e12fteulmzn9
Man2

オススメの青姦スポットはありますか?

これから青姦する人はとても気になるポイントですよねー!


僕が普段から青姦を愉しんでいるスポットはこちらの6つ。


①夜の公園


②公衆トイレ


③夜の海


④実家の庭


⑤ベランダ


⑥非常階段


これから初めて青姦にチャレンジする人は、まずは「ベランダ」からスタートすることをオススメします。


ベランダだと、犯罪に巻き込まれたり盗撮されるリスクが少ないので、安心して青姦を愉しむことができますよー!

①夜の公園

夜の公園は青姦スポットとしてはメジャーな場所。


僕も人気のない夜の公園で彼女と青姦を愉しんでます!


同じ夜の公園でも「繁華街のなかにある公園」は、誰かに見られる可能性が高いため、オススメできません


理想は繁華街から離れた、人通りの少ない公園を選ぶこと。


これだと誰かにみられるリスクを大幅に減らすことができますよー。

②公衆トイレ

公衆トイレもオススメのスポットの一つ。


青姦を愉しむのであれば、やはり夜がオススメ。


公衆トレイでセックスするときは、立バックで愉しむのが基本です!


立バックだと、誰か来たらすぐに対応がしやすいので、チャレンジする人は試してください!

③夜の海

意外に夜の海は人がいなくて青姦しやすいですよー!


岩陰に隠れるようにレジャーシートを敷いて、その上でセックスを愉しみましょう。


砂場なので、膝をついても寝転んでも痛くないのがメリットですねー。


夜空の下、波の音を聴きながらセックス!


最高のシチュエーションで愉しみましょう!

④実家の庭

実家の家族が旅行で数日間留守にするとき、庭にテントを張り、そのなかでセックスしたことがありました(笑)


ただ近所の目もあるので、あまり声は出せないのがデメリット


防犯面では実家なので、他の屋外よりかは安全に青姦を愉しむことができます。

⑤ベランダ

初めて青姦を愉しむのであれば、まずは自宅のベランダでチャレンジしてみましょう。


青姦とはどういうものなのか、わかると思います。


自宅のベランダに慣れてきたら、非常階段など、少しずつ行動範囲を広げてみるのもオススメ!


経験上、いきなり夜の公園はハードルが高いので、まずは自宅ベランダからスタートしましょう!

⑥非常階段

マンションで暮らしている人は、非常階段でセックスするのもオススメ!


日中よりも夜中のほうが人も来ないので、自宅にバルコニーで慣れてきたら、非常階段にチャレンジしてみましょう!

Qan9x26jjgfgrs08825j

最後に、青姦するときの注意点を5つ解説します。


①服装に気をつける


②場所選びは慎重に


③他人に見つからないようにする


④ゴミ処理


⑤盗撮


特に一番注意したいのが、③の「他人にみつからないようにすること」⑤の「盗撮」ですねー。


過去に一度だけ、夜の公園で青姦していたとき「盗撮されかけた」ことがありました。


そのときは、僕が大きな声を出したら相手は逃げていきましたが、やはり彼女が一緒にいる以上、被害がないように対処する必要があります。


盗撮されそうになったり、他人の気配を感じたら、すぐにセックスをやめてその場を去る


このことはしっかりと覚えておきましょう。

①服装に気をつける

青姦するときに注意したいのが、「服装に気をつけること」です。


他人に見られたとき、全裸だと警察に通報されることもあるので、あまり肌を露出しないようにしましょう。


・男性はすぐに履けるズボン


・女性はすぐに下ろせるスカート


・上着は基本着たままでOK


この3点をしっかりと覚えてくださいね。

②場所選びは慎重に

青姦をする場合、基本は他人にみつからないような場所で行いましょう。


実際に青姦する前日などに、場所を下見しておくことがオススメ!


犯罪が発生している場所での青姦は危険なので、事前にリスクを回避しておきましょう。

③他人に見つからないようにする

青姦は他人に見つからないようにするのが基本。


見つかった場合、「警察に通報される」こともあります。


なるべくお互い声を出さないように、静かにセックスをすること。


細心の注意を払いながら、青姦を愉しみましょう。

④ゴミ処理

セックス後の使用済みコンドームやティッシュなどのゴミは、必ず持ち帰りましょう


それが最低限のマナーであり、他人に迷惑をかけないように愉しむべきです。

⑤盗撮

盗撮されて、SNSで拡散されたら最悪ですよねー。


盗撮されるのは「喘ぎ声や他人から見える位置でセックスしている」ことが原因です。


だからこそ、他人には見えない場所を選び、静かにセックスをすることを心がけてくださいね!