Lubktgn51r53jzlie0uq

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【ヤリチンが解説】眠れない時にはオナニーが1番!今日からぐっすり眠れるオナニー方法!

2020.12.04

夜寝る時になかなか眠れない。眠りが浅く夜中に起きてしまう。そんな「眠れない」悩みを1発で解決してくれるのが「オナニー」なのです!今回はオナニーでぐっすり眠れるようになった私の経験から、眠れない時のオナニーの方法と注意点をご紹介します!

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. 眠れない時には「オナニー」が1番効果的!?
  2. 眠れない時にオナニーすると快眠出来る3つの理由
  3. 今日からぐっすり!眠れない時のオナニー方法!
  4. さらに眠れない、、、。睡眠オナニーをする時の注意点
  5. 眠れない時にオナニーするメリット!
Sirlrswfonptiri6jvl7

こんにちは!オナニーを研究して5年。「オナニーマスター」の夜遊び太郎です!最近では手を使わないでもオナニー出来るようになりました。


そんな、オナニーマスターの私が、オナニーを研究している内に感じた効果があります。それは、「睡眠効果」です。


皆さん、会社のストレスや落ち込んだ時に「眠れない」時がありませんか?何度も寝ようとしているのに夜中に起きてしまう、、、。そして次の日がとんでもなく眠い。


私も眠れない体質だったのでその気持ちすごく分かります。「今日は寝よう!」と思えば思うほど何故か寝れないんですよね。


でも、そんな夜眠れないと言う悩みを解決してくれるのが「オナニー」なのです!


寝る前のオナニーの方法やタイミングをきちんと理解すると、驚くほどぐっすり眠れます。私も今ではオナニーの効果で、眠れない体質からぐっすり眠れる体質になりました。


今回は私の経験から、眠れない悩みを解決する為のオナニーの方法を徹底解説していきます!

Mfax3tutn72ghkvfrm0g

①眠れない原因の「ストレス」をオナニーで発散!【ストレス発散】

オナニーすると良く眠れる理由。それは「ストレス発散」になる事です!


眠れなくなる原因は「自立神経」と言う神経が刺激されて、興奮している状態になってしまう事が原因です。


そして、ストレスって溜まってくると自立神経が刺激されて眠れない状態になってしまうのです。ストレスって本当に体に悪いですからね、、、。


しかし、そのストレスを1発で発散してくれるのが「オナニー」なのです!いろいろと複雑な話がありますが、とにかく人はストレスをためると「性欲」で発散しようとする生き物です。


そして、ストレスを性欲で発散したあとは「自立神経」の動きが穏やかになって、ぐっすりと眠れるようになるのです。


まぁ、寝る前のオナニーはタイミングが重要なのですが(あとでじっくり説明しますね)、眠れない原因であるストレスを「オナニー」は解決してくれる強い見方なのです!

②オナニーで眠れない体から「熟睡モード」へ【交感神経を優位に】

ぐっすり眠るには体の神経を「副交感神経を優位」にする必要があります。


え?副交感神経って何?と言う人のために。人の神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。


「交感神経」は私たちの脈拍を上げたり、興奮させる働き。「副交感神経」は脈拍を下げたり、リラックスさせる働きがあるのです。


眠る時に「交感神経」が活発だと「眠れない」「副交感神経」が活発だと「良く眠れる」というイメージです。


オナニーした後に眠くなりませんか?あれはオナニーで副交感神経が優位になっている証拠です。


そして、オナニーは「副交感神経」を優位にしてくれる有難い存在。体を「熟睡モード」にしてくれる「眠れない体」の強い見方なのです!

③眠れない時は「オナニー」の疲労が1番!【適度な疲労】

オナニーをすると「適度な疲労」を感じる事ができます。その適度な疲労が熟睡には欠かせないのです!


よく「眠るには運動を」と聞きますよね?これは体が疲労を感じるとそれを回復しようとして、「熟睡モード」に入りやすくなるからです。


でも、適度な運動と言ってもなかなか難しいですよね?


そこで手軽に出来る運動が「オナニー」なのです!


オナニーをする事によって体が疲労を感じて、熟睡モードに入りやすくなります。オナニーは寝る前の手軽にできる運動になるんです。

U5ohti2kcgpxopvg6klo

①眠れないと悩む前に【寝る1時間前にオナニー】

夜眠れない日が続くと、「今日も眠れないかも、、、。」と、ベットにつくのが億劫になってしまいますよね、、、。


そんな悩みを抱える前に!寝る1時間前にオナニーをするようにしましょう!


なぜ寝る1時間前なのか?それは寝る1時間前にオナニーするとちょうど寝る時に眠くなるからです。何度か自分で実験しましたが、寝る1時間前がオナニーのベストタイムでした。


注意点として、「寝る直前」でオナニーする人がいますがそれはNG。逆に興奮して寝付けなくなります。

オナニーは一旦興奮して、興奮が覚めた時に眠気がくるのでそのタイミングでベットインするのがベストです。


「今日眠れるかな?」と不安に思っているのであればすぐにオナニーをしてみて下さい。きっと寝る時にはスッと眠りにつけるハズですよ!

②眠れない原因は「考える」事【オナニーのおかずを決めておく】

眠れない時のオナニー方法でちょっとしたコツがあります。それは「おかずを決めておく」事です。


寝る前のオナニーの役割はあくまでも、「眠りやすくする事」決して「興奮する事」ではありません。


とは言っても「おかず」を決めない事にはオナニーできませんよね?そこでオナニーのおかずは前もって決めておくようにしましょう!


ベットに入って動画を漁るのはちょっと遅すぎますね。家に帰って来てから、もしくはお風呂に入ってからくらいがちょうど良いと思います。


おかずを前もって決めておく事で、オナニーにあまり時間をかけずに、オナニーの後の「眠気」を最大限に活かしましょう!

③「光」で眠れない原因にも【オナニーは画面を暗くして】

オナニー中も少しコツがいります。それは、オナニー中は「画面を暗くして」動画を再生する事です。


最近はAVや雑誌と言うより「動画」でオナニーする人が圧倒的に多いと思います。なので、動画から放たれる「光」には要注意です。


なる前に、目に光を入れると知らず知らずの内に脳が興奮し、眠れなかったり眠りが浅くなったりしてしまいます。せっかく眠る為にやっているオナニー。動画の光で台無しにしたくはないですよね?


そのためにも、動画を見る時は画面の光を落として、極力目に光を入れないようにしましょう。

Pomyytscrrauk2hd86un

①オナニーの時間が長過ぎると眠れない【長過ぎないように】

眠る前のオナニーをする時の注意点。それは「長過ぎない」ようにする事です。


オナニーは睡眠のためとはいえ、やっぱり興奮するもの、、、。「よし!寝るためにオナニーしよう!」と思って初めても長過ぎたら逆に目が覚めてしまいます。私もこれで何度か失敗しました。


オナニーは長くても10分、それ以上はちょっと長過ぎますね。10分以上経つとみるみる目が覚めて来て「睡眠」どころではなくなって来てしまいます。


オナニーをする時はいつもしているオナニーより気持ち短めがちょうど良いでしょう。気持ち良いオナニーを追い求める気持ちは分かりますが、「眠るためのオナニー」と切り分けてオナニーするようにして下さい。

②オナニーが眠れない原因になる危険性【何回もしない】

よくある眠る前のオナニーの失敗で「何回もオナニーしてしまう」と言うものがあります。眠るためとは言えやっぱりオナニーは気持ち良い!ついつい気付いたら何回もやってしまいますよね、、、、。


しかし、寝る前の何回もオナニーをしてしまったら、脳は興奮しっ放し。深い眠りにつくのが難しくなってしまいます。


しかも、さっき紹介したオナニーのコツで「オナニーは寝る1時間前」と言いましたよね?でも、オナニーを何回もやってしまって気付いたら寝る時間となったら時間設定をした意味がありません。


オナニーは多くても2回!それ以上は我慢して下さい。大丈夫です、1時間後には眠くなってぐっすり眠れます。


眠れない時のオナニーには、回数は必要ないのです。

③オナニーしないと眠れない体になる可能性も【依存症にならない】

これはなかなか難しい問題になるのですがあえて言います。

眠れない時にオナニーをしないと眠れない体。つまり「オナニー依存症」にならないようにしましょう。


私も最初はオナニーで眠れるようになったのですが、「オナニーをしないと眠れない体」になっていました。


それはそれで良いのですが、これで困るのが泊まりに言った時や友達が来た時など「他の人と一緒に寝る」時です。


他の人がいるのにさすがにオナニーしづらいですよね?でも、眠る時にオナニーにばっかり頼っていると、いつかこの壁にぶち当たります。


最初はオナニーで深い眠りにつけるようになったら、次はオナニーをしながらでも他に眠りにつける方法を探すようにしてください。


眠るためのオナニーは非常に特殊なやり方なので、他の方法とのバランスが特に大事になってくるのです。

Jbd1tceirohahnkhoohu

①眠れない夜が嘘のよう!【目覚めがすっきり】

オナニーをして熟睡した時のメリット。それは「目覚めた時」にあります。


私も経験してビックリしたのですが、オナニーして寝た時とオナニーしないで寝た時の目覚めが全然違います


オナニーして寝た時の方が比べ物にならないくらい目覚めがすっきりしています!


前にも説明しましたが、睡眠をより深くするには体を疲れさせる必要があります。適度な運動、日光浴、ストレッチ。体や日光を浴びて体を「熟睡モード」にさせるのです。


そんな「熟睡モード」に欠かせない疲労を届けてくれる「オナニー」。やっぱりオナニーをして寝たら全然眠りが違います。眠りが違うという事は?

そう、「目覚め」も違うと言う事です。


私自身眠る前にオナニーを初めて、今では目覚まし無しで目が覚めます。しかも気持ちはすっきり。


眠るためにオナニーを始めた人はまず「目覚め」の違いがわかるハズです!

②眠れない「嫌な夜」がオナニー出来る「楽しい夜」に【寝る前が楽しみに】

眠れない夜が続いた時、夜が近づくに連れ嫌な気持ちになっていませんか?そんな人は是非オナニーを始めてみてください!


なぜなら眠る前のオナニーを始めたら夜が近づくに連れて「楽しみ」になってくるので。


夜眠れない日が続くと、「今日こそは寝なきゃ」と自分で自分を追い込んでしまって、夜になればなるほどプレッシャーがかかってしまいます。


そうなると、布団に潜る頃にはもう気持ちはさらにストレスを感じてしまい、結局寝付けない日が続いてしまうのです。


しかし、寝る前にオナニーをはじめたら気持ちが180度違って来ます。


まず、オナニーをしたくない人っていますか?ほとんどの人はオナニーしたいでしょ?


寝る前のオナニーは言い換えれば、夜に「オナニー」が出来る楽しみが増えたと言う事。プレッシャーやストレスを感じる事もありません。


寝る前にストレスやプレッシャーを感じている?よし!今日から寝る前にオナニーをしましょう!あの嫌だった夜が嘘のように変わりますよ?

③オナニーで眠れない夜を乗り越えた頃には【性欲が強くなる】

これって多分気づいていない人の多いと思うのですが、「性欲が強くなる」のも寝る前のオナニーのメリットになります。


皆さん性欲ってどうやってつくと思いますか?これって「性器をたくさん使う」しか方法がないんです。たくさん使ったアソコはだんだん性欲が増して行って、逆に使わないと廃れていきます。


眠れない時のオナニーはどうでしょう。


寝る前にオナニーでアソコをフルに使って、寝て回復させる。そう、実は性欲を付けるにはとっても効果的な事をやっているのです!


でもこれって「性欲」を意識しながらやっている人は少ないので、気づいている人はあまりいません。私も最近、ペニスが勃起する時に硬くなっていたので気付きました。


寝る前のオナニーは「性欲」はメインではないですが、まぁ得しちゃったなぁくらいのメリットですね(笑)