B2h2zvbe0tkpemjezzis

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【経験者が警告】床オナはやり方を間違えると非常に危険!正しい方法と危険な理由を徹底解説!

2020.11.24

皆さん、床オナというものを知っていますか?床オナとは床オナニーの略で床に性器をこすりつけて行うオナニーです。男性が主なオナニー方法で、女性でいうところの角オナに近いものといえるでしょう。気持ち良いオナニーですがやってはいけないオナニーとも言われています。

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. やり方の前にそもそも床オナってなに?
  2. 床オナにはまってしまう理由とは?
  3. やり方編の前に!床オナ準備編
  4. 床オナやり方編
  5. 知らず知らずのうちに床オナをやってしまっている!?
  6. やり方の問題じゃない!床オナのデメリット
  7. 頻繁に床オナをしている人はすぐにやめよう…!
  8. 思わず床オナを始めてしまったらセックスの障害になってしまった体験談
Vzwxedldaxuanucsyeef

皆さん、こんにちは!


駄目と言われればやりたくなってしまう性分のため、床オナに手を出してしまった経験のある夜遊び太郎です。


床オナは床オナニーと呼ばれ、性器を床などにこすりつけて行うオナニーのことです。


性器を刺激して行うため射精を伴うオナニーのため、ドライオーガズムで絶頂する前立腺を刺激して行うアナルオナニーや乳首をいじって行うチクニーとは異なるオナニーです。


非常に気持ちの良いオナニーですが、やってはだめと言われるオナニーでもあります。


ドライオーガズムではなく、射精を伴うオナニーのため問題ないと思われますが、なぜ床オナはやってはいけないオナニーなのでしょうか。


今記事では床オナの隠された秘密について掘り下げていきます。


それでは一緒に見ていきましょう!

やってはいけないオナニーとも言われる床オナ。


にも関わらず、床オナの虜になっていまい、床オナ中毒になる人も少なくありません。


なぜ多くの方が床オナにはまってしまうのでしょうか。


床オナの恐ろしい魔力…その全貌を明らかにしてきいきましょう!

①普通のオナニーの比じゃないほど気持ち良い

H3epraja2fbn7wjxlnrp

床オナが気持ち良い最大の理由がその圧迫力にあります。


普通のオナニーでは手を利用し、その刺激で快感を得ようとしますよね。


もちろん通常のセックスより強い刺激を与えることができますが、床オナでは性器を床に押し付ける・こすりつけるのでより強い圧迫力を与えることができます。


そのため普通のオナニーでは得ることの出ないほどの強い刺激を得ることができるのです。


つまり床オナは普通のオナニーに比べて刺激が強く気持ちよいというのがはまってしまう大きな理由です。

②手を使う必要がない

Ypwzttolvpu27ih1e5uu

先程の項目でもちらっと出ましたが、床オナは床に性器を押し付け、圧迫することで刺激を得ます。


皮オナだと刺激が強いため、亀頭をすりつけるように手でオナニーする場合、時間がかかって手がしびれてくることがあります。


元気な時は問題ありませんが疲れたり、しんどいけどヌキたいと思っている時は煩わしいと感じたことはありませんか?


抜きたいけどめんどくさい…男性の性欲は底なしだと思います(笑)


しかし床オナではそんな煩わしいことをする必要がない上に、上記で説明したように刺激が強くて気持ち良いのです。


手を使用しないのに、気持ちが良い…床オナにはまってしまうと思いませんか?

③催眠音声がより楽しめる

Lxzb73soe1gylk5aypln

これは中級・上級者向けになりますが、催眠オナニーで床オナをする人も増えています。


催眠オナニーとは催眠音声を聞きながら、快感を得るオナニー方法。


最近では立体に楽しるVRアダルト作品も増えており、本当にセックスをしている感覚でオナニーができるようになっています。


この時、床オナで気持ちよくなる方もいらっしゃいます。


手を使わず射精ができるので、より本番感・臨場感を味わえると理由から、VRアダルト作品や催眠音声は床オナとは相性が良く、ハマる方も多いんだそうです。

Dmdf08nuvt1gccj06tpt

さてここまで、やっていけないと言われる床オナにはまる理由はなぜか説明してきました。


それでも床オナに興味があるという方に床の正しい手順をここで紹介していおきます。


ただやり方に入る前に、準備編として床オナをやる時に準備しておくべきことを簡単に紹介しておきましょう。


床オナは床に男性器を擦り付けて行うため射精するため、精液が床やベッドに飛び散ってしまいます。


汚さないように、擦り付ける部分にタオルを敷いておいたり、汚しても大丈夫な下着を履いておくとよいでしょう。


また刺激が弱まるデメリットはありますがコンドームを着用するという方法や、広いならシャワーを流したままにして、お風呂場で行うのもありかもしれません。


ただお風呂場だと床が固すぎて刺激が強すぎるかもしれないので注意して下さい。


兎にも角にも、床オナをする際は床が汚れることを考慮しておきましょう。

事前準備を終わらせ、床に精液が飛び散っても大丈夫な状態にしたらいよいよ床オナの本番に入っていきます。


ただ何度も言及しておりますが、床オナはやってはいけないと呼ばれる悪魔のオナニー方法です。


正しいやり方でやったとしてもそれは不変です。


試しにやってみて床オナ中毒になってしまい頻繁にやってしまっては、後述のデメリットを引き起こしてしまいます。


そのため床オナを行うのはあくまで自己責任でお願いします!


それでは床オナの方法を見ていきましょう。

①うつ伏せに寝転ぶ

Wg2nud2hjkz3hice0nac

硬くなった男性器を押しつぶすようにしてうつ伏せで寝転ぶようにしましょう。


この際、注意すべき点は寝転ぶ場所です。


床など硬すぎる部分では刺激が強すぎて様々なデメリットを起こしやすくなります。


しかし反対に柔らかすぎると刺激が足りずに、イクことができません。


そのため丁度良い場所を見つけておくことが大切です。


個人的には堅めのマットレスだと丁度良い抵抗もあり、おすすめ!


ただ加減は個人差がありますし、射精した時に汚れる可能性があるので、しっかりと事前準備しておくことが大切です(笑)

➁床にローションを塗る

ただ硬すぎるといっても、あの圧迫感と冷たい感じが好きという理由から床で刺激を得る方もいらっしゃると思います。


そういう場合は、床や性器にローションを塗って滑りを良くすると良いでしょう。


こうすることで、潤滑にこすりつけることができるので、無用に圧迫を加える必要がなくなるだけでなく、性器を痛めるリスクが軽減されます。


もし刺激が強い、性器を痛めたくないけど床オナしたいという方はぜひローションを利用してみて下さい。

③床にこすりつけるイメージで腰を動かす

Ibby2fvvdscjpwysmi0a

さてうつ伏せになった後は、男性器の裏側にこすりつけるようにゆっくりと腰を動かし、刺激を与えていきましょう。


無理に動かしたりするだけでは、押し付けているだけで快感を得ることはできません。


最悪の場合は性器を痛める可能性があります。


素股をしたことがある方はお分かり頂けると思いますが、膣の入り口・女性器の割れ目に沿って擦り付けるようなイメージで裏筋を床にこすりつけると良い感じですよ。

Lltzvomdvq5m9hw7xgtm

デメリットに入る前に床オナをやっている男性は非常に多いようです。


ではなぜ床オナをやりはじめるようになったのか。


実は床オナを始めるのは性に関心を持つ小学生などの思春期まで遡るそうです。


エッチな雑誌を見て興奮してもどう処理して良いか分かりませんよね。


知らず知らずのうちに床に擦り付けてみたら気持ちよくてそのまま床オナをしていたというケースが非常に多いです。


その証拠にネットや知人に聞いてみても、

Man1

知らず知らず床に擦り付けたら気持ちよかった。


それが床オナって最近になって知った。

という声が非常に多かったです。


無論、僕も最初のオナニーは床オナでした。


性教育が遅れている証拠なのかもしれませんね。

さてここまで床オナのやり方について紹介しました。


ただ冒頭から指摘している通り、床オナは通常やってはいけないオナニーです。


なぜ床オナはこれほどまで駄目と言われてしまうのでしょうか。


前立腺オナニーいわゆるアナニーもやり過ぎは駄目ですが、適度にやるには良いとされています。


それは前立腺に意識を向けることができれば、早漏の改善につながるからというのが大きな理由です。


しかし床オナのメリットはせいぜい手を使わなくて良いということくらいで、他はデメリットばかりです。


つまり床オナにはデメリットばかりで、メリットというメリットがないというのが最大の理由といえるでしょう。

①通常のセックスの障害となる

N0ptexk6najnvivoncos

1番の理由は通常のセックスの障害となってしまう点です。


床オナは強い圧迫により、通常のオナニーよりも強い刺激を得ることが出来ると冒頭で紹介しました。


つまり、この刺激に慣れすぎると、普通のセックスいわゆるフェラや膣などの自然な刺激では物足りなくてイケなくなってしまうのです。


いわゆるEDや射精障害の原因になるということですね。


こうなってくると自然の刺激ではイケないので、女性とのセックスでも満足することができませんし、手を利用した通常のオナニーでも物足りなくなってしまうのです。


最悪の場合、中折れを起こしたり、若年期から床オナにはまってしまうと性器が正常に成長せず短小になるという危険もあります。


後悔した時は取り返しがつかないという場合もありますので注意しましょう。

➁慢性的なやけど状態になるかも

床やマットなどにこすりつけて行う床オナは、摩擦熱によって慢性的なやけど状態になる可能性があります。


これは性器にとっては非常にダメージです。


床オナはやめるもしくは刺激の弱い場所で行うようにしてダメージを与えないようにしましょう。

③男性器が奇形化する可能性がある

Ikt4vqwezlllkzitxwza

普通に生活していればかからない圧力や刺激を性器に与えるため、慢性的に床オナをやってしまうと形が変形してしまう危険があります。


しかも、1度変形してしまうと元の形に戻すのはまず不可能といってよいでしょう。


そのため奇形化しないように、


・床オナはしないようにする

・したとしても同じ姿勢で床オナをしない

・床オナと通常のオナを織り交ぜる


というような方法を取るようにしましょう。

④潰れて骨折したような状態になる

あまりにも力を加えて床オナを行うと、性器にある海綿体と呼ばれる部分が断裂、いわゆる折れた状態になってしまいます。


骨は修復されれば、また動かせるようになりますが、性器などのように骨のない部分は1度折れてしまうと二度と修復することはできません。


そうなった場合は、興奮しても全く立たなくなります。


床オナにはそういったリスクもありますので、その辺りを理解した上で慎重に行うようにしましょう。

ここまでデメリットを見ればお分かり頂けると思いますが、


・EDや射精障害の進行

・性器の骨折、変形

・短小になってしまう

・慢性的なやけど状態


などのようなデメリットがあなたの身に降り注ぎます。


もし今頻繁に床オナをやっている方はすぐにやめましょう。


特にこれから彼女ができたり、結婚したりするような未来ある若年層の方は今後のことを考えれば特にやめた方がよいと思います。

ここまで床オナについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


正直勃起という概念も、オナニーという概念も知らない小学生の頃の話です。


性器を手でいじれば気持ちよくなることも分からず、無我夢中で男性器をこすりつけて気持ち良くなったのです。

Man1

えっ!


めっちゃ気持ち良い…。

僕のオナニーデビューこんな感じで床オナでした。


そういった経験をされた方が非常に多いのも上記で説明させて頂きました。


ただやはり今記事で床オナの概要ややり方、デメリットなどを紹介しましたがやはり、デメリットのことを考えれば触らぬ神に祟りなしです。


床オナはしない方が賢明ではないでしょうか。


もしどうしてもしたいということであれば、やはり月1回程度に抑えるなどの頻度を減らす必要があると思います。


今記事が少しでも役に立ち、あなたの性生活が少しでも実りあるものになれば幸いです。