Pth04rlgbe1cojxk14cx

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【経験者が語る】精力のつく食べ物にはどんなものがある?日本古来の食材や食べ方もチェック!

2020.11.27

年齢と共に、精力が気になる事がありますよね。仕事で疲れた時や何となくセックスする気になれない時など、体力だけではなく精力の衰えも感じるのではないでしょうか。今回は、心身の疲れを感じた時に効く、性のつく食べ物を、お勧めの食べ方と共にご紹介していきます!

この記事に登場する専門家

Fzbzkzjqtrshztwdogka

外専20年の元スナックママ

カトレア

日本人から外国人まで、文字通り世界をマタにかけた国際恋愛を楽しむ行動派。熱しやすく冷めやすい性格で19歳年下から30歳以上の歳の差恋愛、不倫・駆け落ち・結婚離婚と経験値高し。恋の悩みから法律関係まで受けた人生相談は数知れず、親身になって解決します。

  1. 世の中に多くある精力のつく食べ物
  2. 食べ物で精力を補う事は可能か
  3. 精力をつけるには食べ物のどんな成分が必要?
  4. 日本古来の精力のつく食べ物は?
  5. 性力増強に圧倒的効果が期待できる食べ物はコレ!
  6. 食べ物以外にも!精力をつける生活習慣
Hgubxh07bozbkpjyi7gf

みなさんこんにちは。

常にエネルギーは充満している、自然派のカトレア姐さんです。


別にいやらしい意味はさておいても、精力があると言うのはエネルギーが満たされているという事なので、単純にとても良い事ですよね。

精力と言うのは、人間の心身の健康に欠かせなく、仕事や趣味・人間関係や夜の方にも活力旺盛に取り組むために必要なものです。


エネルギーを充満させるためには、質の良い睡眠生活は欠かせませんが、体のバランスを整えるためにまず必要なのは、何をおいても食べるものが大切と言えます。


とりあえず、人間が1日3食食べる事を基本とした場合に、365日で食べる食事の回数は多くの人が大体同じようなものでしょう。

それならば、その毎日体に入れるものを、いい加減なもので終わらせるか、少しでも精のつく身体によい物を摂取するかで豊かさも変わってきますね。



今回は、身体が疲れたなあ~、最近夜の方が億劫になったな、などと感じてしまう「ちょっとお疲れの方」に向けて、精力のつく食べ物をご紹介していきます。


体の疲れや機能の回復のためにも効果がある食べ物ばかりなので、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね!

滋養強壮美容など、食物から摂取する事の出来る成分の中には、身体の機能回復に関係しているものが多くありますね。


日本ではリンゴダイエットやキャベツダイエットなど、「単一の食材」を摂取するダイエット方法が定期的に流行ります。

しかし、いくらビタミン豊富だからと言って、同じものばかり食べていれば人間の身体に良いわけはありません。


性欲増強精力回復にも同じことが言えて、いくら体に良くてもそればかり摂取していれば良いと言うわけではないのですよね。

また、食べ物には「食べ合わせ」のようなものがあり、昔から言われている食べ物の食べ合わせの妙には、現代ではきちんと根拠づけらているものも沢山あります。



一般的に精力を回復させるという食べ物の中には、一体どんな栄養素が入っていてどのように効果があるのでしょうか?


まずは、精力剤にも含まれる、精力回復に必要な栄養素にはどんなものがあるのを見ていきましょう!

Jikigp8pvli514rejigu

①亜鉛

生殖機能を高めるためにまず必要な栄養素は、亜鉛だと言われています。


必須ミネラルである亜鉛は、タンパク質の合成に関わっているため、人の身体には必要不可欠で、大体成人で約2000㎎の量が体内にある事が理想とされています。


一般的な食生活をしていれば、亜鉛不足になることはないと言われていますが、亜鉛が不足すると爪や皮膚の異常が出るほか、免疫力が低くなり、味覚障害が起こります。


男性の場合は特に深刻で、亜鉛不足は勃起不全(ED)を引き起こす事が分かっています。

それ以外にも、精子の運動量精子の数にも影響を及ぼすため、積極的に摂取したいですね。

②カリウム

カリウムは、体内の塩分をコントロールして不要な分を排出してくれる役割がある事は、良く知られていますよね。

むくみを予防してくれるので、妊娠中には積極的に摂取した女性も多いのではないかと思います。


そればかりではなく、カリウムは体内の水分と塩分のバランスを保ち新陳代謝をうながし、冷え性を改善してくれます。

血流が良くなるため、男性器や女性器への血流もよくなりますね。


血流が滞ると、性器が充血しにくくなるために勃起しにくくなったりクリトリスで感じにくくなったりするので、カリウムは良いセックスには欠かせない成分と言えますね。

③ビタミンE

最近セックスが弱くなったなと、加齢や疲れによって性的な欲求が低くなってきてしまった時に摂りたいのはビタミンEです。


ビタミンEは、ホルモンバランスを整えてくれる成分です。

ホルモンバランスが崩れると、当然ですがセックスが億劫になったり、性欲の衰えを実感したりするもの。


ビタミンEには、性欲減退を助ける働きがあり、生殖機能を活性化してくれるのです。

④アスパラギン

アミノ酸のひとつであるアスパラギンは、初めて生成された時にアスパラガスの汁から作られたため、このような名前になりました。


アスパラギンは疲労回復に役立つため、身体が疲れてセックスに前向きになれない時や、衰えてきた性欲の回復の為にも一役買ってくれます。


ただし、動物実験ではがん細胞の成長を促す事が分かっていますので、やはり過剰な摂り過ぎには注意したい成分のひとつですね。

⑤デキストリン

勃起の仕組みは、みなさんご存じの通りペニスへの血流です。


デキストリンが不足すると、陰茎動脈への血の流れが悪くなってしまうんですよね。


血流が滞るという事はつまり、勃起不全(ED)予備軍まっしぐらという事です。


デキストリンは、特に陰茎動脈の血流を促し、血管を広げてくれる役割を担っています。


デキストリンが不足すると、男性機能にとっては致命的です。

⑥アルギニン

女性ホルモンに似た働きをする成分では、大豆に含まれるイソフラボンが有名ですが、アルギニンもエストロゲンに近い働きをするが分かっています。


女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、女性の更年期障害を緩やかにし、生理不順不妊症などにも効果が発揮されているという事で、女性が性欲の衰えからセックスがしたくない時には摂取したい成分ですね。


また、生殖能力の維持にも役立つのがアルギニンです。

男性の精力を正常に保ち、精子の能力を活性化してくれることでも知られていますよ。

近年では、ドリンク系の精力剤が一般的ですが、日本には古来から言い伝えらえている精力剤が沢山あります。


簡単に手に入るものから、中々高価なものまで色々ありますが、実際にそのような「精力剤」には果たして効果があるのでしょうか?

昔から「精力剤」と言われている食べ物の、成分に着目して真相を見ていきましょう!

①うなぎ

Bxrlsq2chxfqu3doqira
引用: https://www.instagram.com/p/CGlh-mkAPVx/

ここ数年は、輸入物のウナギでさえ値段が高騰してしまい、1年に1回の土用にしかウナギを食べないと言う方も多いのではないかと思います。

実際、スーパーのウナギはそんなに美味しくないし、できれば専門店で出来立てをいただきたいですよね。


いかにも特別でパワーがありそうなウナギですが、免疫力を高めてくれるビタミンA、疲労回復に役立つビタミンB群、性欲減退に役立つビタミンE、細胞分裂や精子の運動能力に関わってくる亜鉛など、精力のために必要な成分がほぼ完全にそろっています。


世界で一番ウナギを消費しているのは日本ですが、それでも頻繁に食べる事は出来ないのがちょっと悲しいですね。

ぜひ特別な夜にはウナギパワーをつけて頑張ってほしいと思います!


ウナギを頻繁に食べられない方は責めて、夜のお菓子「うなぎパイ」(浜松銘菓)でも食べましょう。

一応、ウナギのエキス入りなので少しは効果が期待できるかもしれません。

②すっぽん

Wh2m0qtuwvkvvwzjjtcm
引用: https://www.instagram.com/p/B4jJ4A6AuZy/

私の実家の近所の川には、いまでも時々すっぽんが泳いでいます。

子供の時もすっぽんを捕獲すると、「近所の料亭で1匹3000円で買い取ってくれるらしい」とかいう噂が流れていましたが、本当かどうかはちょっと怪しいですね。

どう考えても養殖の方が安全な気がしますし。



そんなすっぽんは特に「男性の精力剤」として昔から有名です。


すっぽんには、ビタミン類だけでなく必須アミノ酸が多く、滋養強壮にはもってこいの食材なんですよ。

必須アミノ酸は、人間が体内で生成できないので、どうしても食べ物からとる必要があります。


すっぽんには、亜鉛カリウムなど、精子の質に直接影響を及ぼす成分から、女性に嬉しいコラーゲンもたっぷりなので、男女問わず摂取したいですよね。


とは言っても、すっぽんは好き嫌いもあるでしょうし、値段もそれなりなりにします。

また、特に毎日食べたいと思うようなものでもないでしょう。

そう言う食材の場合は、エキスを摂取できるサプリメントが便利です。


私も摂取していますが、すっぽん系のサプリメントの種類は驚くほどたくさんありますよ!

③まむし

Lljpq7rwtedwt9s5jdgl
引用: https://www.instagram.com/p/BlmWYU2AwUw/

精力剤としてある意味最も有名なのが、まむしではないでしょうか。


こちらもちょっとゲテモノ系ですが、まむしドリンクなどは比較的手軽に入手できます。

一見躊躇してしまいますが、確かにまむしドリンクを飲むと体がポッポとしてきますよね。


ちなみにマムシとは、日本に住んでいる小さめの毒蛇です。


北海道は国後島から九州・大隅諸島まで、沖縄地方を除くほぼ全国に生息しています。

伊豆諸島には「赤マムシ」と言うちょっと赤っぽい個体がいて、精力剤としては特に珍重されていますよね。

確かに、名前だけでも強そうです!

(しかしながら、赤くても普通のでも成分は同じなのだそうです)



古来より皮や胆嚢が漢方薬として使用されてきたマムシですが、特にマムシの胆嚢は現在では栄養ドリンクの成分としても多く使われています。

滋養強壮に効果があると言われていますが、まむしを食べると血流量が大幅に増える事が分かっています。


つまり血の巡りが良くなれば、免疫も上がりますし、ペニスの角度も反り上がると言うわけですね!

④山芋

Jhrcbnpgvje5orlsuz7w
引用: https://www.instagram.com/p/CG7NTIInQZA/

ねばねば系の食物は免疫力アップに効果がある事は、良く知られています。


その中でも山芋「山のウナギ」とも言われるほど、精力剤としての認知度がありますね。

山芋には多くの種類があり、長芋・いちょう芋・自然薯・ヤマトイモ・つくね芋など、スーパーで手軽に入るものや田舎では庭で掘れるようなものまで種類が豊富です。


山芋が滋養強壮に良いと言われる理由は、特に胃の粘膜を保護する働きのあるぬめり成分のムチンのほか、消化吸収に関係するアミラーゼによって、栄養を効率よく体内に取り入れる事ができると言う点にあるようです。


調理法もお好み焼きに入れたり、すりおろしてとろろにしたり、煮たり揚げたりと食感を楽しめますが、生で食べるのが1番効果的ですね。


ご紹介した他の動物性の食材に比べ、直接「性的に」効果のあると言われる成分は含まれていませんが、他の食材と一緒に摂る事で、栄養の吸収率をアップさせることはできそうですね。

①牡蠣

Ilmwezpzifhunvj9bere
引用: https://www.instagram.com/p/CG61s_Gp1PD/

日本でも欧米でも、「セックスの前に食べるなら牡蠣」と言われるくらい、性欲増強に効果があると考えられている食材が牡蠣です。


実際に牡蠣の成分を見てみると、豊富なビタミン類・亜鉛・鉄分・アミノ酸類など、特に精子の運動力の活性化生殖機能を高めるために役立つ成分が豊富に含まれている事が分かります。


まあ、私は最初の夫と頻繁に牡蠣パーティーをしていたくらい牡蠣好きで、その度に性欲の強い元夫は求めてきたものなので、確かに性欲を高めるために一役買っているかもしれません。


しかしそのセックス回数の割には、彼との子供を妊娠する事はなかったので、一時的に牡蠣を食べたからと言って必ず精子が元気になるわけではなさそうだという事も付け加えておきますね。

②黒ニンニク

Oaoy0qyz3nceer8so18x
引用: https://www.instagram.com/p/CCIMiuLA35q/

ニンニクの中でも、特に黒ニンニクにはパワーがあると言われています。

黒ニンニクと言うのは、ニンニクの種類ではなくて、普通のニンニクを1か月ほど熟成させて黒くしたものです。


熟成させる事によって、臭みも取れて栄養価が高まると言うわけです。

この辺は、熟女の方が旨い(セックスが上手い)みたいな感じと似て…いるかどうかは何とも言えません(笑)。


しかし一般的に、黒い色の食べ物は成分が豊富なんですよ。

まあ、黒いペニスに精力があるかどうかは、人に寄るかとは思いますが。


ニンニクを熟成させることによって、増える有効成分の中で、特に注目したいのがアルギニンです。


アルギニンは、ホルモンバランスを整えてくれる成分。

精子の運動能力を高め、女性ホルモンに似た作用があるので、男性にも女性にもお勧めなのが黒ニンニクなのです。

③ナッツ類

Px22ow2sydojqbk2pytl
引用: https://www.instagram.com/p/CGCPC2Ane37/

ナッツ類が体に良いのは当然です。

この種だけで発芽して直物が1本生えるわけですから、それだけの栄養素を備えた完全食品のひとつともいえるのがナッツですね。


出来れば、砂糖がけや塩などのついていない、自然な状態のものが好ましいと思います。


特にアーモンドには性欲減退に効くビタミンEが豊富。

種なので脂肪分が多いのですが、不飽和脂肪酸オメガ3脂肪酸なので、身体の酸化を予防してくれるんですよ。


いつまでも若々しい体で、積極的にセックスするためには、ナッツ類もおやつやおつまみに取り入れたいですね。

Mkbz8yb1npcz6e0tgfaf

①運動

さて、栄養のあるものを食べていれば、それだけで性欲減退が防げると言うわけではありません。


やはり、健康な体でなければ、せっかく摂取した栄養素もきちんと体に行き渡らないのですよね。


そのため、軽いストレッチやジョギング・散歩などでも良いので、積極的に体を動かす習慣をつけたいものです。


当然ですが、セックスは体力ですから!


「動くのがめんどくさいから、騎乗位で女に動いてもらう」なんてだらけた男では、振られるのも時間の問題。

アクロバティックなセックスができればよいと言うわけではありませんが、身体が良く動いて色々な体位が試せる女性と言うのは、男性にも人気があります。


長くセックスを楽しむためにも、年をとってもセックスをするためにも、体力は必要ですよね!

②睡眠

性欲を正しく機能させるために必要なのは、やっぱりホルモンの状態を安定させることにあります。


自律神経の乱れで簡単に変化してしまうホルモンですから、やはり夜になったら寝て、朝にはちゃんと起きると言う「人間の生活」をしたいものですね。


特に30代以降には、男性も女性もホルモンが乱れやすくなります。

夜遅くの帰宅や残業・深夜までの飲み会など、睡眠を乱す条件は身の回りに揃っていますから、なるべく一定の睡眠時間を確保し、ホルモンのバランスをきちんと保ちたいものです。

③オナニー

さて、精力をつけるために忘れてはならないのがオナニーです。


意外に忘れがちかもしれませんが、定期的にオナニーをするという事は、実に大切な事なんですよ。


もちろんセックスをする相手がいればそれでも良いのですが、オナニーはセックスとはまた異なる時間を過ごす、自分だけの行為。


時々はちゃんと、自分の性欲と向き合って、自分を知るためにもホルモンののコントロール精力を高めるためにも、オナニーをしておきましょう!